パテック・フィリップ懐中時計のアーカイブ鑑定と希少例

現在、ブレゲ懐中時計に匹敵するかと思うほど、ニセモノが横行している。
ebayやヤフオクのおかげで、素晴らしいものを見つけたと喜ぶコレクター等を席捲、
現在の真贋鑑定はパテック社も力を入れているので、アーカイブが添付されていれば
非常に安心できることとなっている。

=この一式には重みがある。

しかし、アーカイブは簡単な資料と思っている方も多いと聞く。これは違う。

コレクター(オーナー)画像⇒パテック・フィリップ・ジャパン⇒スイス本社。

こういう流れで、以前は総代理店だった倒産した一新時計では対応が悪いと、
直接エアーメールでUS$100.00と写真をスイス本社に送るか、時計を送るかしかなかった。
昔の記事(3P)で残っているが、非常に手間が掛かり、スイス本社に届く前に途中で無くなる、
そんなトラブルすら私は経験してしまったほど、リスクがあった。

ところが、一新時計からPPジャパンのカスタマーセンターに切り替わったとたんに
非常にやりやすくなる。画像とケース・機械などの必要事項を用意し、申請するだけだ。
鑑定とアーカイブ発行の手数料は約1万円。これも昔から変わっていないのが嬉しい。

<鑑定は、とてつもなく厳しく、キッチリしている>

たった1万円なので、ブレゲの10万円と比べると簡単かと思いがちであるが、
提出した画像を、本社がシッカリと吟味し、スイス本社に保管されてる資料と比較する。

そして、ダイヤル・機械・ケースが資料と一致しないと、アーカイブは発行されない。
そう、申請はキャンセルされるのです。パテック社が製造していないと判明すれば、
機械やダイヤルが真正でも、ケースだけがニセモノですら発行されないのだ。

また、オーナーが送った画像がパテック社が確認できないほど不鮮明であれば、
「実物を送って欲しい」と指摘される。ズル申請は、かなり防止できるだろう。
コレクターとしては、悪徳業者が減り、ニセモノが減るのは大歓迎である。

ニセモノが横行する現在では、ここまで厳しくする必要があるのだろう。
真正アイテムを持つオーナーにとっても心強い。安くで購入した人は心配だろうが、
機械が本物であれば時計=真正となるブレゲよりも厳しい条件となっている。
(ブレゲの手数料は約10万円、提出情報はパテより面倒なので、正規代理店OVHコースを推奨)

それが1万円なのだから、非常に嬉しいし頼もしいシステムだ。

さて、以下は無銘の懐中時計だが、私の記憶でアンティコルムにて類似品が1個、
パテック社の歴史本ですら2−3個しかない、スーパー希少アイテムの報告結果。

これは変わったムーブを持つことから「これはパテックじゃない」と仲間から指摘され、
「いや本物だ」と憤慨したあるパテック・フィリップのコレクターさん。

鑑定依頼を受けて本物と判断し、その後、私を介してお譲りコースの目玉となったが、
悲しいかなオーナーさんからも「ニセモノじゃないの?」と不安視され家族の同意も得られず、
更に新オーナーの仲間から「ニセモノだよ」とアドバイスも受けてしまい、
私は返品を食らってしまった。

<アドバイスの方々の根拠>

パテックは、ルクルトから供給されて、それを仕上げて売ってる。
銘が無いのだから、パテックに供給したメーカーの時計だろう。
機械の形が同じだけだとしたら、それはルクルト社製の時計になるよね?
これは決してパテックじゃないよ。ルクルトと同じ、どこかの供給メーカーの時計。

コンプリート・ウオッチ・ガイドですら触れてもいないし。

<作者>

時代が違いすぎる。作られた時代から、この時計はレベルが高すぎるのが1番。
パテックは、独自のシステムを作品に生かすマニュファクツールの面があるので、
腕時計時代と一緒にしてはいけない。時計雑誌の鵜呑みではダメ。
頭を使って考察すべき。エイドリアン・フィリップ(2P)が聞いたら泣くぞ?

だからリック(著者)は詳しく調べてないんだってば。

<新オーナーさん>

時計雑誌のパテック・フィリップ特集にこの時計は出ていません。
私も供給メーカーの時計であると思います。一週間(#)を超えていますがお返しします。
アーカイブ発行が遅れているのが、それを示していると思います。

<作者>

いや待って、本当に希少なパテック懐中なんです。2度と巡りあえないほどです。
じゃぁ、普通の銀時計として考えてみてください。同じような時計は皆無でしょう?
ebayで何千個と探したって、類似品は無いほどです。

11万円の銀時計では高いと言われれば仕方がありませんが、
転売じゃなければ、単独の時計として非常に興味深いのではないでしょうか?
持ってて損はないと思いますが。

<新オーナーさん>

11万円といっても、私にとっては高額ですから。ご配慮ありがとうございます。

<作者>

・・・分りました。引き取らせて頂きます。
(普通のパテだって11万円では無理なのに、これはもっと高いのに)

<元オーナーさん>

もう新しい懐中時計を買っちゃった。テヘッ

1週間(=返品期間)超えは、すでに作者から売主へお金が移動してしまっているので、
返品はイコール作者の自腹となる。今回、アーカイブ発行に3ヶ月掛かった(通常2ヶ月)。
アーカイブが出るまで待てなかった方も残念でしょうが、
この歴史的アイテムは、汚名を返上するために私に戻ってきたのでありました。

・古代冠の貴族オーナー(紋章の解説

・49-50mm

・機械が特殊らしく、見慣れない記述が多くある。

・ムスターシュ式アンクル脱進機

Movement: 51144(ダイヤル外して表側)
Reference Number: unknown
Case number: 51144
Case: No.51144 Echappement a Ancre
3 levees 10 trous en Rubis
Balancier Compense
Brief Description: 結構、珍しいタイプなので、アーカイブをオススメしたもの。







シリアルナンバーの近い真性パテックフィリップを調べてみると、本物と思う。
PP銘が無いが、シリアルナンバーは時代とロットが合致してるから、パテック鑑定依頼推奨。
シリアルナンバ−と比較し1880年ごろの販売ものと推測。

▲見ての通り、一個一個が違う。

創業者エイドリアン・フィリップの初期リューズとは違った、
珍しい特殊初期リューズシステムであり、量産ではないオンリーワンの試作系。
あまりにも希少なパテック社の懐中時計なので、見かけることどころか、
現存すら危ぶまれているほどの歴史的アイテムです。

⇒鑑定で本物となる。2009年12月10日

=一発逆転だ

この時計で特筆すべき点は、マリンクロノメーター並の巨大なテンプ系を持つこと。
ゴンドーロよりも大きいと感じるほど(計測してないため)。
姿勢差が発生している。時計店で診てもらったら、原因はコレだろうとのこと。
(機構的に、天真かヒゲかと思ってOVHを頼んだのだが、特殊だったせいか時計師も分らなかった)

OVHを過去にされてないにも関わらず平置きでの精度が驚くほど正確だったということで、
かなり感心した結果であった。デテント・クロノメーターに代わる試作品かもと思いなおした。

ここまでで、このサイトの管理人さんスゴイ!!!となるわけだが、
ここで終わらないのが、当サイトの特徴である。そう、やっちゃったのである。


ダイヤルと機械は真正だが、ケースがニセモノの場合。

某有名時計店で高額(US$5,500)で買ったコレクターさんのもの。
(そのサイトで全オリジナルとして掲載されてたのを確認済み)

その後、当サイトで格安(13万円メンテ付)にし、他のコレクターさんへ渡ったアイテムの例です。
結果的に私が引き取らざるを得なかった。これはガッカリだったけど、逆にパテック社の鑑定、
アーカイブの信頼性を高める事例だったので、非常に感激し、嬉しくなった。

発行されなかった時計例

最初の本文中に、ケースなどのどれかがニセモノであれば、
アーカイブ申請は却下され、発行されないことを書いた。

画像が怪しければ、再度鮮明な写真を送るか、それでも不可な場合は、
本体をスイス送りすることとなる。

こんなに厳しくしている理由を推測すると、
パテックにはブレゲと違って機械が多くある、コレだと思う。

すなわちebayで機械だけが流通しているが、他のケースをあてがって、
オリジナルに近いか、儲けをかなり入れた価格でネット・オークションに出す。
すると、腕時計から入ってきたコレクターはイチコロであり、高額で落札する。

例えば下記のパテック・フィリップ腕時計としてebayにて売られていたやつだが、
スタートが安かったからかビットが50以上殺到していた(R氏、情報提供TNKS)。
パテック社歴史本でも出ている典型的な贋作。当サイト読者なら10年前に見抜けるレベルだ。



当サイト読者なら騙されないと思うが、いかに腕時計ファンは騙しやすいかの例だろう。
それと腕時計=金になるといったスタンスが目を曇らせているのかな。完全パチです。
この時代でヒゲ押さえが腎臓型じゃないのは基本中の基本だ。

パテックをネット・オークションで買おうとするのに、基本的な自己投資を怠っている。
念のため、すぐに分かる怪しい部位を示しておきます。

=すぐに判断

こんな典型的なパチは置いておいて、懐中時計に慣れた方でも微妙なのがコレ▼。

=顔も良い。

=機械はオリジナル

=こっちもオリジナルだったが

そもそも、機械=真正という時計の基本は、戦争で金ケースが取られ金の延べ棒になり、
軍事資金になったということに加え、
昔は機械メーカー、ケースメーカー、ダイヤルメーカーと分業されていたからだ。

時計の価値バランスは、機械に最も高く置かれ、ケースとダイヤルは軽い。
コストの殆どが機械だからである。
ケースやダイヤルは破損したら交換が可能だが、機械だけはそうはいかない。
まるごと別物になってしまうことからも貴方も理解できるでしょう。肌で理解できるレベルだ。

エナメルなどの超高級品では、顧客である王侯貴族が「ここはこうして欲しい」と指示、
それに従って、銘すら顧客の指定が可能であった。
これはブレゲ記事等でクドいほど説明したが、オンリーワンで手作りされる高級品には、
そうやって顧客の好みが作品に反映されることが多い。

量産品ではないからね。

当時は機械=真正で価値が決まり、真贋判断もソレで確定して良かったわけだが、
ebayでの流通が世界各国に広がり、特にパテックは大人気の自他と共に認める最高峰。
腕時計ですら、100万円を切る価格で販売された際に世界NEWSになったほどの高額品だ。
方針の変更も致し方あるまい。転売目的じゃないなら大歓迎の筈だ。

=パテック銘は入っている。

▲かなり磨り減っていたので個人的には「?」と思っていたが、
コレクターが某有名時計店で高額(US$5,500)で買っていたし、
更にそのサイトで全オリジナルとして掲載されてたのを確認していただけに(盗品チェック時)
オリジナルだろうと思い込んでしまったのが私のミスといえ反省すべきと思う。

サザビーズやアンティコルムのオークションハウスのキュレーター(鑑定士・学芸員)が
まったく介在しないebayや個人売買では、改造を生業とする業者が暗躍している。

機械だけじゃなく、ケースやダイヤルもオリジナルじゃなければ、
アーカイブを発行しないという姿勢は、価値を維持しようとする判断として、
非常に好ましい動きである。…と思う2009年の暮れでありました。

佐久間様、

早速にお返事下さいまして、ありがとうございます。

〜略〜

さて、残念なお知らせで申し訳ないのですが、
申請番号:1296 懐中時計 Movement number: 13X,X9X
ですが、ケースがPP社製品ではない、との返答が本社よりありました。

従いまして、アーカイブ発行は不可とのことでございます。

〜略〜

新型インフルエンザの情報、ありがとうございました。
様々な分野でご活躍の佐久間様の師走は大変お忙しいことと思いますが、
よいお年をお迎え下さいませ。

PP Japan 株式会社

懐中コレクターの間に挟まり、防波堤となっていると自負していた私は赤っ恥。
いや、マジで恥ずかしくて困ったほど。みんなになんて伝えようかと。
この時計、理由を正直に話して返金、先日、戻してもらいました。

まぁ、皆さんもお気をつけ下さいな。

・・・もとい、ローレックスでは、100年以内なのに社内資料が無いのか真贋鑑定は不可。
セイコーも資料は廃棄しているので同様だが、鑑定できる会社というのは、逆に素晴らしい。

自家用車のように20年、否、10年そこそこ経てばクズ鉄扱いとなる価値性が異なる世界。
現代に失っているものが何か、分るようではありませんか?

今でも、こうやってリアル・トレジャーハンティングできるのは、
真贋鑑定が出来るメーカーのおかげといえましょう。短い人生が充実できる。

人類の文化を生かすも殺すも我々次第と思う。

<結論>

当サイトの管理人は、スゴイのか、凄くないのか分からない。笑



表紙