使い方が分からなかった初期アラーム懐中時計ハイグレード

初期アラーム?使い方分からない謎の懐中時計

「どうやって使うの?」と依頼されたのがキッカケ。
通常のリピーターと同じゴング式にハンマーがある。裏に時計みたいな。
パッと「これはアラームですよ」と鑑定を下したものの、それでも、
使い方が分からないと言われ、結局、私がいじることに。

ところがどっこい、私自身、分からなかったのは2週間に及ぶ…

クリケットのゴング式アラームでもない、ルクルトの鐘式アラームでもない。
ドイツの安いアラーム懐中とも共通項はないし、置き目覚ましへの進化とも分かれている。

どちらかといえば、ソネリー式から単発アラームにレベルを下げたもの。
だからこそ、高級パーツのまま、旅行用のアラーム懐中となっている。

しかし、これの使い方を把握するまでに、ソネリーすら分解で分かった私でも、
2週間以上を要してしまった。
一般に見れるアラーム懐中時計のシステムとは全く違うように見え、
いやはや、その美しいままのパーツを眺めると、オーナーの皆も使い方が分からず、
「とりあえず何だか凄いんで、金庫で保管しておこう」的だったようだ。







これをポンと渡されて、すぐに使い方が分かる人は居ないと思う。
(同型を持っていれば可だが、その可能性は除外)

しかし、私自身、まだ完全に使い方をマスターしているわけではなく、
本当にアラームなのか?と問われれば、少しだけ躊躇してしまう。


懐中時計には、訳の分からないものが多く存在している
当サイトで紹介できるものには作者の頑張り次第な訳だけど、
私個人が幾ら頑張ったところで、空しくなる時が多い。

そういうものと向き合ってサイトを続けるわけだけど、
こんな↓面白いものを紹介出来るのは、少し報われた気持ちになれる。



「なにこれ?」

別段普通ですよね。この写真だけで、何なのかを知ってる人は、この世界の面白さを知ってるはずだ。

じゃぁ、次は謎の画像。アメリカ・リンカーン大統領の画像をどうぞ。

=なんだこれ?と思うでしょ。

<答え>

カギ巻き式の古い懐中時計だが、ボウ部分に注目。そこから上の画像が見れるのだ。

のぞき窓になってるのだ。


ビギナー渡・所蔵▼
相場80万円〜300万円以上
18K無垢エナメル装飾KWKS

公式本でもお馴染みの凄すぎ!!!
歴史的貴重品で素晴らしいので
復活に協力したくなったほど。



表紙