オールドハワードとキーストンハワード、異例の成功者たち。
一気書きのため、表現の適当なものは脳内にてフォロー下さい。

E・ハワード18K無垢FH米国版初期リューズ

欧州でエイドリアン・フィリップ(パテック・フィリップ社)がリューズ時刻合わせを発明、
ヨーロッパ中を震撼させた頃、アメリカではどうだったか?今回はそれがテーマのお話です。

当サイト管理人が初期リューズを求めて彷徨った2008年、方々に手配していました。
その事から、パテック・フィリップのナポレオン家系銘のある初期リューズを幸運入手。
更にバージョン違いも見つけれるというラッキーを得ました。
極めつけはミニッツ・リピーターのニコル・ニールセン。こちらはダボ押し式の初期発明
ニコル・ニールセンは、パテックフィリップの会社歴史本にすら取り上げられている(凄いと言うこと)。

いずれもヨーロッパを中心としているけど、アメリカもヨーロッパの植民地の影響下。
この頃は、米国ですら欧州の流れと同じ、手間をかけた優秀な作品がありました。

<アメリカの初期はヨーロッパ調の優れもの>

当サイトでは、ヨーロッパの時計が中心ですが、アメリカは広大な土地、物量の半端じゃなさ、
人口の膨らみから、どんどん量産化が進みます。量産化が叶った時計が市場に多いため、
どうしてもヨーロッパ中心になってしまいます。希少性の高さは比類がないですから。

数が多い=オリジナルを求めれるアメリカ製品は、質は高くとも紹介するにはデテントはないし、
リピーターもない。日本の昔のようにクロノグラフすら作れない時計産業というレッテルです。
セイコー社がオリンピックの計測をやることになった東京オリンピック。この時は心配されました。
きっちりとこなしたおかげで、セイコーの技術も大丈夫だと勢いに乗って躍進するのですが、
この話は関係ないので割愛。アメリカに話を戻します。

初期のアメリカはヨーロッパの列強によって支配された植民地ということは歴史の基本。
イギリスやフランスらからの独立戦争を経て、南北戦争をこなして統一国家となりました。
精神まで統一国家として成り立ったのが第2次世界大戦。日本の真珠湾攻撃です(既出)。
そして、世界の覇者となったのですが、その頃は素晴らしい考え方を持った人々が多く、
それゆえ、アメリカの言うことに多くの国々が従ったのです。今のように歪んだ国ではなかった。
アメリカンドリームでも、金融の儲けや宝くじに当たるような一攫千金じゃなく、
必ず努力や本人の背景が重要なファクターでした。
株や土地等の値上がりを狙うのが”成金”という蔑称だったのが、エグゼクティブだのと変化、
日本もそれに従って、いつの間にか、ネットなどで有名人が出ては消え、出ては消える。
まぁ、色々と有るでしょうが、自殺が増えてる先進国というのは、本来恥ずかしいものです。

さて、アメリカの初期はウォルサムでした。その会社、後に世界中にウォルサム・ブランドを投下、
日本ですらザックザクと骨董市で見かけれます。しかし、初期は全く別物。
その創業メンバーのうち、E・ハワードが突出した技術を発揮、芸術品ともいえる作品をリリース。
素晴らしい懐中時計が未だに残っています。結局、ウォルサムへの協力から独立しブランド化。
まだキーで巻き、キーで時刻をセットする時代でした。

このハワード。当サイトでもアメリカ製の中では特別に多く扱っているのはそういう理由。
そして、独自の技術から、栄光を持つに相応しいと判断しています。
デテント脱進機(クロノメーター)から揃ってるのも、ヨーロッパ的だった所以です。
素晴らしい手作りや芸術性を含んだ時計が1900年前後まで続いていきます。
大きな変化は、1903年に何があったのか、ブランド使用権をキーストーン社へ譲ります。
キーストーン社は皆さん御馴染み?のケースメーカーでよく金銀のホールマークで見かけます。
類似でデニスンもありますが、時計は作っていましたが、中身を豪華にした特注品を多くし、
その為にコスト高で短命。

キーストーン社になったハワードは会社を買収されたのではなく、使用許可を出しただけで、
一般的には失敗して萎んで行くのがお約束。だいたい買収して上手く行くことは少なく、
新しい経営陣が、金儲けを優先するおバカさんが多いから、が毎度のパターンです。

ところが、キーストーンだけは映画エイリアン2のごとく成功を成し遂げ、
ハワードの名に泥を塗るようなことをしませんでした。素晴らしいことです。
キーストーン化したハワードブランドは、やり方は違えどそれなりの高品質を維持するという、
王道を突き進みました。
しかし、ウォルサムやエルジン、イリノイらと同様に、量産化の波に飲まれ、1930年に終了。
量産化は明らかに見て取れます。下の写真はお譲りコーナー品のウォルサムでしたが、
左が23ジュール5ポジション調整、右が17ジュール5ポジション調整。スペック的には高精度。
1900年ごろの左のものから1945年に右側へ、ダイヤモンド・エンドストーンは無くなり、
簡素な作りに変わってしまったことが見るだけでも判断できます。

ウォルサムのアメリカ量産化↓

=見事な変化です。

腕時計の時代になると、コストの賭け方や手作りの芸術品のようなイメージは薄れ、
工業製品やクオーツのように、電化製品のようなイメージに代わってしまう。

ハワードが、時計雑誌に登場することは少ないです。多く存在しているにも拘らず。
理由は簡単、お約束。現存しているメーカーじゃないため、宣伝広告費が入らないだけ。
マスコミは広告宣伝費が関係なくとも、給料の大元がメーカーや総合代理店じゃなくとも、
本来は公共性が高いのだから、正直な部分も読者の為に書かなければいけない筈。
それがジャーナリズム。世間の支持を得てこそ成り立ってる業種ということを忘れてはダメと思う。

<オールド・ハワードは破格な扱い>

さて、アメリカ製は高品質で安い…と懐中時計好きの間でも定評があります。
それゆえ、アメリカファンが多く居ますが、彼らでもヨーロッパ流れの時代のものは破格です。
先に紹介した1903年以前のハワードをオールド・ハワードと呼び、
1903年以降をキーストン・ハワードと呼んで区別します。

じゃぁ、1903年のハワードは何て呼ぶの?

まさに、池(水深3m以内)と湖(水深5m以上)で4メーターの陸水は何ですか?という、
先に推測できるツッコミが来るだろうけど、以前と違って先に答えを書いておく。
ツッコミする前に、教えてくれてありがとうと書くように!!!(感謝の表現があると作者は喜ぶのだ)

おっとっと、サブサイトのノリになってしまった。読者層が違うので申し訳ない。

区別するのも自然なのですが、時計の構造から全く違うからで、オールド・ハワードは高い。
結局、ヨーロッパのパテック・フィリップ、バセロン・コンスタンチン、アブラハム・ブレゲ、
ランゲ&ゾーネ、IWCなど、同じ流れのものは価格も高く、高品質で安いというアメリカファンでさえ、
見る目は同じ、ヨーロッパ式のバラエティある手のかけた作品を高く設定するのは当たり前といえます。

そういえば、オールド・ハワードの面々は、キーストンに譲ったのち、量産化の波を避け、
ヨーロッパに戻って?来ます。そして、ハワードは亡くなってるし、ブランド名はキーストン扱い、
従いまして、新しいブランド名で自分たちのポリシーに沿った逸品を作り続けます。
そのブランドがIWCとなって現在も存在し、ドイツではランゲ&ゾーネと同じ扱いで、
非常に人気が高く、オークションでも高額なわけ。

←ランゲ創始者の機械A.Lange,Dresden

特にランゲも彼ら(オールドハワードの面々)の協力を受けたため、妙に似ているのが判ると思う。
初期のIWC・ジョーンズ・キャリバーなんてのも3000ドルとか4000ドルとか平気でebayで落札、
全てはオールド・ハワードが源泉なのです。ブレゲが高いのは、ブレゲの影響を大多数が受け、
その潮流の源泉だからであり、大元と言う発明者を尊敬し敬うのは世界中で当然のこと。

アメリカ史上もっとも高品質な時計といえば、現在でもアンティコルムなどが公式に書いてますが、
ハワードのブルーサファイヤ受石のもの。これは300個しか製造されていない。
詳しくはローレックスのサファイヤ受石)まずは大物を真似したロレックスの真骨頂だ。
その流れで、IWCでもサファイヤ受石があるのを当サイトとしても扱ったわけだけど、
ここまでの話は、一応常識として覚えていて欲しいです。どうしてハワードが高いのか等の理由を。

ブルーサファイヤ受石のIWC

サファイヤ受石は当サイトで何個か扱かったけど、透明度などの部分で全然違っていた。まがい物だ。
必ず一個は欲しいと思うでしょうけど、いつか出るだろうとヤフオクやebay、骨董市でガンバロー。

<アメリカ初のリューズ発明>

さて、話は2008年の暮れに遡ります。
初期リューズがマイブームだった私だけど、手配を方々にかけていた。見つけたらヨロシクと。
時は流れ、2008年12月〜2009年1月。イギリスの友人から電話が入った。

友「ミントに近い初期リューズモデルが60万円でアンティーク・ショップにあるよ!!!」

私「なにぃ、本当か!?」初期リューズ=幻のプレスコット・モデルなのか。

幻のプレスコット・モデルというのが、オールド・ハワード初期リューズの愛称であり、
大変高額ではあるが、誰も本物を持ったこと、見たことがなく、資料から引っ張り出され、
それで語られると言う博物館垂涎のアイテムでもある。

カギ巻き時代にアメリカで初めて登場したリューズ式がハワード・プレスコット・モデルなのだ。
そもそもカギ巻き式をハワードが買い戻してリューズ時刻合わせにして再販したものでもある。
例外的にブレゲと同様に買い戻せなかったものが存在し、それも又、非常に高額となっている。

▲ブレゲの買い戻せなかったものは「ニセモノ」扱いだが、ハワードは「ホンモノ」判断が容易。
理由は大きさが微妙で、ケースから丸ごと作らねば贋作が出来ないし、
コストが掛かりすぎる反面、ブレゲのように数百万、数千万円にまで上昇しないのが大きな理由。

でも、60万円って妙に安くないか。いや、微妙な価格帯だなぁ。幾らなんでも。

友「18K無垢のフルハンターケース。重さは150gぐらい。ルビーの一個にヒビが入ってる。」

私「他に目立った怪しい部分はない?」

友「カギ穴があって、オリジナルじゃなく、ガッチャマン(側変え)の可能性があるかな。」

<オールド・ハワードは大きさが一般アメリカ製と違う>

トモよ、内蓋にカギ穴があるのがオリジナルなんだよ……。

ハワードは、他のウォルサムらと違って、大きさが微妙に変えられ、ケースが合わない。
ケース・ガッチャマンにするには、相当難しくしてあるのだ。オリジナルじゃないとダメ。

こんな考えなので、ハワードの機械だけを仕入れて、他のケースをあてがい高く売ろうとしても、
そうそう合わないので、特注するか、他のハワードのケースを探すこととなる。
結論としては、ガッチャマンよりコストがかかって商売にはならない。

オールド・ハワードはケースだけ、機械だけでも高額で流通している。
他のエルジンやウオルサムなどの同じ大きさのケースでは合わないからだ。
アメリカ製の大きさは、16サイズとか18サイズとか10サイズなどのように表現する。
これは機械の大きさのわけだけど、ハワードはNサイズ(18サイズに相当)とか
Vサイズ(約16サイズ)そんな風にして、全く同じではないからこそ、ケース換えは殆ど無理。

16サイズは機械の大きさ(直径)でケースをあてがうと48〜50mm前後、
18サイズは51cm〜53cmぐらい。この上に20サイズの巨大な55mmあたりが来る。
10サイズで45mm前後のケースで薄型のドレス・ウォッチが多くなる。そんなイメージで可。



上を見て欲しい。世界の業者ご用達、時計相場表だ。数字はUS$なので100倍すれば日本円。
2行目機械だけで10万円を超えるのは、ブレゲ、パテック、ハワードぐらいなものだろう。
ミントは8,000ドルだ。つまり80万円が仕入れ相場なので、市販(店頭)は100万円ぐらいだ。
注目点はムーブだけで10万円から40万円のレンジを持つと言うこと。ああ、奥深いです。
ミントというのは意味が違う。昨年には大議論が起こり、その後、結論に至ったのだけど、
ケース換えでアベレージ、内蓋が欠損してたりでも元気よく動けばエクストラ・ファイン。
ダイヤル接着などはランクには影響しない。かなり設定に問題がある。
日本人、我々はミント・コンデションでアベレージをイメージするので困惑される場合が多い。
ケース換え、交換レベルと考えていて欲しいが、多分、無理なんだろうと結論となった。

<内蓋にカギ穴があるのがオリジナル>

英文に書いてあるのだけど、この初期リューズはリューズでゼンマイを巻き、時刻合わせが出来る。
そして、大きなポイントがオリジナル・ケースには穴がある…ということ。
これは、カギ巻き時刻合わせ式に慣れている人々、それが常識の時代で、カギが無いのは心配な筈。
ということで、両方の仕様を時計機械が備えているわけです。
「カギ巻き⇒リューズ巻き」の特徴を備えた機械、というのはコレが根本的な例。本家本元ですね。

下の英文でも、オリジナル・ケースは穴が開いていることを注意点としています↓
スワンネックがないこと金シャトンネジ留めがないことを記憶しておいてください。



内蓋画像がない。著者リックにも過去で見たことがないほど、画像提供を受けられなかったほど、
ハワードの登記や会社案内の古い資料(150年前はオーデマピゲやロレックスが無かった昔)、
さすがに全ての資料が揃えることを出来ない時代は苦労します。

一応、ハワード資料的には、Vサイズ(約16サイズ)の時代に作られているため、
買い戻して売りなおしたプレスコット・モデルはVサイズしか存在してないことになっている。
他の大きさでは発見どころか、存在自体がないだろうというのが現在の見解といえましょう。

しかし、当然のことながら、他のサイズのオーナーでもプレスコット・モデルにしたくなるはずで、
オーナーが力のある王様とかなら、特注してでもやってるだろうと考えていた。
私の場合、そんな例外品を探すのも好きで、史実以外の隙間と言うか、ロマンを感じてしまう。

<30年後を先取りした圧力・ルビー・セット採用>

このプレスコット・モデルには、興味深い試作が試されているため、最先端技術を具現化した、
そういった意味も含めて貴重な存在なのです。後年には主流になるものが試されていた。

・大きな違いは、スワンネック等の緩急部が無いこと(欠損ではない)。
・圧力でルビーなどの石をセッティングする方法を先取りし精度が高いままに出来たこと。

よくクロノメーターに、スワンネックの微調整部がなかったりするものを見れます。
ああいう微調整は不要だと言いたいがごとく、簡単な緩急針だけという設定の高精度アイテム。
そして、金無垢シャトンにネジ留めという手間をかけた部分を、ルビーだけにした形。
簡素なものは、廉価品と思われるだろうけど、この時は違う意味なのです。

地盤にルビーをはめ、シャトンもネジ留めもないのに、高精度を誇るクロノメーター級にするには
圧力挿入と言う方法が実現してくれるのですが、それはキーストン・ハワードの時代がメイン。
キーストンは2番手なのに珍しくハワードの地位を下げなかった会社として紹介したが、
こんな圧力挿入セット方式を主に採用して高精度を維持していた。大元がプレスコットだ。
ネジ留めシャトンは、見てくれようの装飾的意味が高くなったのが正直なところ。

プレスコット・モデルはネジ留めシャトンがない。
初めての方式です。圧力ジュールセッティングの先駆けだった。

←左は通常のハワード同時代タイプ。
サイト内にも全くの同型を過去に扱った。
ルビーに金無垢シャトンにネジ留めがされている。

見分け方には理屈が必須です。
そうじゃないと、廉価品と勘違いしてしまいます。

プレスコットモデルは18Kヘビーフルハンター。
14K無垢が主流のアメリカでの話なのです。

14Kフルハンター

フルハンター金無垢Nサイズ。確か、かなり安く譲ったと思う。10万円ちょいぐらい。
かなり譲るのに抵抗感があったが、当時、よくしてくれた人だったからサービスだった。
こんなことをしていても、一回トラブルすれば、ネット他BBSでボッタクリ呼ばわりさ。
まさかあんなことになるとは。悔しい。冗談じゃねぇ。(=話題違うぞ)失礼。

=圧力挿入(日本では圧入と短縮)

上はサイト内にあるハワード10サイズ(ケース経43mm)のキーストン時代。14K無垢4万円でした。
圧力セットにより、クロノメーター級が実現できた、ハワードの名を汚さない努力が素晴らしい。
その技術の源流がプレスコット・モデルとなっており、廉価版と勘違いすると大変失礼にあたる。


友「そうか、あの穴はそういう意味だったか。どうする?押さえておく?」

私「石の一つがひび割れ、それだけなんて凄いじゃん。頼むよ。」

ということで送られて来たオールド・ハワードの初期リューズです。
幻のプレスコット・モデル。150グラムというのは、大型のハワードらしい素晴らしさ。
18K無垢の大型フルハンターケースなんて、アメリカ製では本当に少ない。
でも、その分、タップリと18Kを使って作られているから嬉しい金塊です。

完全オリジナルのオールド・ハワード自体が少ないだけに、これは美味しかった。

=周辺が写り込むピカピカ

=ダイヤルも針もミント。

=中央の穴がオリジナルの証拠

▲内蓋(ダスト・カバー)に穴が!!!現時点で知識のある人や見たことがある人を知らない。
まさか現物が日本に来るとは、そして手にすることが出来るとは、死ぬまでには一回でも、
そんな風に思っていたものだが、感激です。

(ひょっとして私の死が近いのかもしれない)

=特徴は全てクリアーしてる。

▲金無垢シャトンにネジ留めがないのは最先端技術を取り入れた特別仕様だった。
廉価の懐中時計に見られるルビーだけとは、ちょっとばかし趣が違う。

=キーチェーンはウッカリさん用

リューズ・セッティングは今では普通すぎて誰もが当然と思う機構です。
クォーツだって腕時計で針が付いていれば、多くがリューズを引っ張っていじる。
消え去った技術の中で、未だに王道として残っているのがリューズ時刻合わせの機構。
当時はカギでやったり、ケン引きやダボ押しという動かし方で、
リューズを引っ張ることは考えつかなかったというのが事実らしい。
従って、内蓋の真ん中に穴を開け、キーでも操作が出来るように配慮されてるのです。

しかし「ちょっと待てよ、何か変だぞ。」私はココであることに気づいてしまった。
結果的に気づくんじゃなかったと思うか否か、こういう壁が立ち塞がるから面白いのかも。
ここまでの文章の中にヒントが眠っているので、直ぐに分かる人も多いかもしれない。
一人呟く「まさか……恐ろしいものを発見してしまったのでは……」

to be continued...



表紙

<ヒント>

・V(約16)サイズよりも大きくないか?
・だいたい単体で重量が150gもある。重過ぎないか?