<あの集団失踪事件に関わってる古い懐中時計とは>

1584年:英国人の探検隊がアメリカ・ノースカロライナのローノーク島に最初に訪れる。
綺麗な水に囲まれた「最高の保養地」といえる場所でもあり、英国に報告。

1585年:後の総監ジョンが訪問して入植地に適していると判断を下す。
町の名をローリーと定め、軍事拠点として要塞化、15人の軍人を残しジョンは英国に戻る。
ローリー隊はグレンビル提督が指揮したと伝えられている。

1587年7月22日:再度、ジョンを知事とした117人の入植者+軍人+船員等が訪れたが、
先遣隊だった(前回残った)ローリー隊が全員いなくなっていた。
たった一人の首吊り遺体だけが要塞の中にあったが、それは白骨化しており、
少なくとも6ヶ月前に何か遭ったのだろうと推測された。自殺の理由は不明だったし、
他の人間はどうして居なくなったのか理由が皆目見当つかなかった。

その人(最後の一人)だけなのに厳重に砦全体の扉に鍵をかけていることも不可解だった。
首を吊っている上の柱には、古ノルド語(バイキングの言葉)で
「魂を救済せよ、やつらに獲られる前に」という謎の言葉が記されていた。
亡くなっていたのはジョンの娘エレノアの夫アナニアス(軍隊No.3)の友人だった。
服から判明したのだが、これが事件の第一段階だった。

厳重警備をしながら、町施設などの建設・警備を始める。リーダーはジョージ(軍隊No.2)。

1587年:町ではジョンが知事として活躍。しかし、植民地では物資が必要になる。
一旦一部が帰国し、補給部隊を整え舞い戻るとして、ジョンが知事代理にアナニアスを指名。
娘エレノアは妊娠しており、父親の意識になった夫アナニアスが強く守れると、
本来なら立場が逆転する軍人ジョージも快く承諾。友人同士だったからだ。

直後、娘エレノアが出産を迎えた。英国の初めてのアメリカ植民地ロアノーク島。
そこで生まれた初めての子供の名はヴァージニア。
そう、この赤ちゃんの名がヴァージニア州の語源である。

1587年9月22日の前:何かあった場合の伝言方法として、木材に「どこへ行くか」記録し、
その下にマルタ十字架を彫ること、それが約束された。
これが有った場合は、植民地を放棄し、町を去るということだ。
どうしてこんな話をするかというと、後に有名な大事件として史実に登場するから。

1588年:アメリカから英国に帰国した知事ジョンは補給部隊を準備していたが、
英国はスペインとの関係が悪化、スペインの誇る無敵艦隊の攻撃が激しくなり、
アメリカ・ローノーク島、町の名はローリー、そこに戻れなくなってしまった。

1590年:タイミング悪く遅れてしまった知事ジョン一行の補給部隊は2年越しで、
やっとアメリカ・ローノーク島に戻り、その小さなローリー町に向かうと、
繁盛していた町の住民や軍人らが全員消えていた。
物資の供給を求めて先住民族を頼った証拠も無く、津波かの大災害が襲ったのか、
しかし、先住民族は「食料を頼られず、そんな大災害も無かった」と話した。

先住民族との摩擦で、軍隊を含む町人らが襲撃され全員死亡したとも考えられなかった。
軍人の数や武器の質から、逆はあれど、ローリー町から撤退することはありえなかった。
しかも、知事代理アナニアスは先住民族の族長マンテオと友好関係にあったほどだ。

町をしらみつぶしに調査すると、「何かあった際の伝言、何処へ行くか」約束の木材に
「クロアトアン」の文字だけがあり、その下には約束通りのマルタ十字架が刻されていた。

ところが、クロアトアンは単語として成り立っておらず、意味不明であり、
その町に何かが起き、最後の生き残りの人間(記すのは知事代理アナニアスの職務)が、
どういった意味でそれを書き残したのか、いくらなんでも軍隊を含む数百人の人間が、
こつ然と消え去るなんて事はないと、謎が謎を呼んだ。最初のローリー隊15人ならまだしもだ。

知事代理アナニアス、軍隊隊長ジョージ、娘エレノア、そしてヴァージニアは?

以前、族長マンテオの言葉に「冬の森、寒く霧が出ている時は近づくな、入るな」があった。
悪霊が棲んでいるとのことだったが、知事代理アナニアスですら「非科学的な(苦笑)」。

学者らが現在でも遺跡等調査しているが、この住民失踪事件の原因は未だに不明である。
美しいローノーク島をスペインから守ること。このエリザベス女王の命令は絶対だった。

情報元:
ティモシー・R・タンガリーニ,UCLA民俗学教授
ピーター・マンコール,USC初期米国史教授

この話は、日本でも一部分は広く知られている。気付かなくても観たり聞いたり。
総監などの名前は出ずに簡単な”謎の集団失踪”部分だけだが、映画「サイレン」にも。
さぁ、GEOのDVDレンタル・コーナーへ急ごう!!!

▲注=映画「サイレン」ではCroatan(クロアタン)となってます。
多分、本当は、当サイトの記述である、Croatoan(クロアトアン)が正しいです。
アメリカでは歴史の授業でやるらしいので、一応、どっちでも好いのですが、念のため。
こういうのって気にする人と気にしない人に分かれるけど、私は気にしない方です。面白いね。

=今完成したかのように美しい。

このダイヤルには、植民地ローノーク島、米初めての英系ローリー町、
現代のヴァージニア州の名づけに繋がる総監ジョンの貴族家系銘が入っている。ジョン・ホワイトその人である。
イギリスの住所も入っているので、この長大な謎の物語を背景に楽しめます。
初期リューズ系にも関わらず、ミニッツリピーターを搭載している特殊な複雑時計。
ミニッツにしたのは、海洋をフィールドにした海軍総監ジョンの血脈から来てるのかもしれない。

腕時計ではありえない、広大な背景を持つ懐中時計たち。それが身近に存在している。
当サイトですら多々あるので、知ってるか知らないか、人生の楽しみが大きく開ける筈。
懐中時計のコレクターは、腕時計のソレとは異なり、全く別の楽しみ方をするべきでしょう。

一般人からすると腕時計コレクターも懐中時計コレクターも同じに見えますでしょう。
しかし、今回の記事だけでも解るとおり、本質は全く異なり、全く別な趣味だといえる程。
従って、腕時計ファンが懐中時計エリアに来ることはなかったけど、
最近はブランド名で入ってこられるので、摩擦が絶えなくなっています。
オリジナル度、精度、ブランド名、プレミア価格…ウェートをかける場所が違うんです。
100年以上前の懐中時計で、オリジナルを求めて選別するのはアメリカ製量産型しかない…。


初期リューズ巻きリピーター(しかもミニッツ)

大英帝国の貴族(アメリカ大陸に最初に渡った”総督”・”知事”家系)
その家系銘をダイヤルに配した超絶モデルと判明。

通常は、初期リューズの懐中時計として2000〜4000ドルで流通しているが、
これにはリピーターが付いていたので少しお徳と思ったが、
あまり食指は動かなかった。ケースが新しく感じたためであった。
最初からケースを特注したものと言えば、気持ちよく買っただろう。

ところが、通常こういった初期リューズサンプルでは、付いていてもクオーターリピーターだ。
それがなんと、ミニッツリピーターであり、このありえない組み合わせに、
私の動機はアクセル全開になったのは言うまでもない。

---------------------------------------------------------------

=リューズは金無垢

・経53mm

・石数不明

・秒針が特殊な位置にある。

・音色は素晴らしい。テンポも非常に良い感じ。
普通のリピーターと違うのは、時刻合わせの際に指標となるカチンカチンという小さな音。
ほとんどの懐中時計リピーターは15分毎にカチンと音がしますが、
これは5分毎にカチンカチンと鳴ってくれるので、非常に合わせやすいです。
その分、構造が複雑と思うのだけど、怖くて未だ開けていません(高級すぎて)。

・初期リューズ採用=超複雑時計の製作者ニコル・ニールセンの発明
ニコル・ニールセンはご存知ソネリーやトゥールビヨンの供給元。
ブレゲの弟子であるデントやフロードシャムの超複雑時計は彼の作品です。
当サイト記事では、ソネリーの部分で触れています。大御所です。

・1820年〜1840年ごろ製造(詳細は調査中)1844年に特許⇒デントらへ供給スタート。

・925スターリング・シルバー・ケース。
このヘビーケースは内側のクルクル装飾で新しく感じ、特注で作られたと思われる。
刻印されているイギリスのホールマークでは時代が微妙に判別できないのが悩めるところ。
類似のケース製作者名も聞いたのだけど1950年ごろに活躍した有名時計師だとのこと。
しかし、ダボ押し部が変わった場所にあること、ホールマークから純正の可能性も高く、
他のケースを流用することは構造的に出来ないので、これだけは明らかである。

・ダイヤル、機械、ケースに不具合なし。ミントコンデション。

・精度=吊り下げ1日数十秒レベルで大変正確。驚きです。



=実物は美しいです。

=ニコル・ニールセン1844年リック本

↑↓図(イラスト)だけという部分にも注目。現物が如何に存在していない、希少性なのか。



初期リューズ式は、現代に繋がる機構のため(クオーツになってすら同じシステムだから)、
この初期タイプを収集する博物館は多く、技術分岐の研究対象として重要な存在です。
パテックの初期リューズセッティングも分岐を研究する学芸員が収集しています。
時代が進むと簡易化したり、メンテがしやすく加工されていきますので、変遷もテーマ。

上の資料で見れる通り、初期リューズ単体機能の懐中ですら破格の価格になっています。
(パテックが数百ドルからであるので、比較すれば凄い価格なのだ)

さて↓1850年の懐中時計があります(デント名)。同じニコル・ニールセンの作品ですが、
これはクオーターリピーターにも関わらず、見た目が複雑にしてあります。
ミニッツを組み込むには複雑すぎたのでしょうか。まだリピーターも初期の時代ですからね。

=クオーターリピーターのみ

1850年が上のデント時計ですから、サイトのは技術進化的に古いものだと推測できます。
すなわち1844年からせいぜい数年後という短い期間のみにデントやフロードシャムに
供給されたタイプでしょうか。同じニールセン作だからこそ比較検討できるのです。
または展示や見本にするだけのニールセンの特別品としてだったかもしれません。
なにせ、後述する刻印・貴族名が凄いので、これを無視して考察することは出来ないですからね。



奇妙な形式を持つこの懐中時計は、スモールセコンドがズレた位置にあることから、
変わり者好きにはたまりません。普通に無い場所に秒針がくっついているなんて。
懐中時計を見慣れれば見慣れるほど、少しの違いに注目してしまいますが、
ここまで大きな秒位置違いとハイグレードなミニッツリピーターでノックダウンです。

しかも、更に歴史的なものも加わりますから、この感覚を知るかどうかで人生も変わるほど。


<追加資料:パテック・フィリップ本より”重要な時計”>

パテックフィリップ本を持ってる方は紐解いてみよう。
(リクエストで作られたパテック腕時計バージョン本ではない)



=パテック本の解説

見ての通り、この初期リューズは様々な時計本で紹介されています。



表紙