シェルトン家系のプラチナ無垢懐中時計

<追加資料>

Platine(プラチン)はフランス語のプラチナ。
Platinum(プラチナム)は英語のプラチナ。

●似た表現で、Platinine(プラチニン)がある。
これは貿易上表記しなければならなかった白色をしている合金のことで、
含有物不明の一般金属であってプラチナではない。
パラジウムなどの”プラチナ類”にも属さない普通の安価な金属だ。

大体がニッケルと銅の合金だそうだけど、サウンドがカッコ良く聞こえるし、
何と言っても、知識の無い人は「こいつぁ、プラチナだぜ。いやっほう!!!宝ゲット」とドキドキだ。
それを狙って命名された(に違いない)。

ebayでは、否、ヤフオクでも、売主は時計のスペック表記を淡々と書き連ね、
プラチナの場合は「★プラチナ無垢★」とメインに出すくせに、
この場合だけは、あくまでも淡々とケース刻印を記述するのみだ。

もちろん、注釈で「★プラチナではございません。誤解しないでね★」などと目立たせない。
これは出品者の憎い演出であり、落札者はちゃんと買った後、クレームを言わないこと。
そして一時的だが、夢を与えてもらって「大変素晴らしいです」とポジティブ表記をすべし。

数ヵ月後、同じ物が出る。購入者だった人が出品者となり、同様に淡々と表記するのだ。
Platinine(プラチニン)。この表記こそ、伝言ゲームで途中で切り替わる事のない神的存在

だいたい、この表記の機械で、私はハイグレードと呼べるものに出合ったことがない。
クロノメーターだろうが、イマイチばかりだ。機械で判断すれば容易で引っかからない筈。

ま、その、初心者の頃には買ってしまったが(遠い目)5万円だったかな、幻の4Jアイテムで。

=標準的なプラチナ16J、サイトのは右上17J




特別なものじゃなければ、標準相場は30万円〜40万円がプラチナ懐中価格レンジ(仕入れ)。
世界中のどこのショップでも、こんな価格帯で仕入れをしている。
マイナスする場合は、機構的な不具合が有るかどうかのみ。
プラス因子は有名ブランドや分厚さだけなので、高額安定のアイテムです。
妙に安いものは、欠点のあるものかダイヤル交換、そして盗難品かプレゼントとしてのみです。

プラチナ無垢の懐中時計は無銘でも安定した資産となっているので、非常に扱いやすい。
売る時に30万円以下を付ければ、よっぽどじゃなければ誰かが直ぐに買ってくれる。



・ケース経:43mm

・石数:17J、温度補正2調整(高温&冷温)

・無垢:プラチナ90%・イリジウム10%

・精度1日:誤差1分以内

・オススメ度:価格的にオススメ。オーナーを調べるのが楽しみです。



=画像使用許諾済

1600年から続くイングランドのシェルトン、家系の紋章です。
武器の上にコートを合わせている。

腕:アズレお守りの十字架上gules

稜:シェルドレイク。

以下の彼ら3人は家系の主要人物。

・アビンドン:バージニア州( 1915 - 1987 )
・メートル大佐
・ポールズボのシェルトン、ワシントン( 1917 - 1985 )

血脈の歴史上記録としてスタートするのは下記のジェームズ・シェルトン。
彼の家族はマクミン郡、テネシー州にも存在している。
彼の父はロデリック・シェルトン、ノースカロライナ州。

アーサー級はポール・シェルトンがいる。

この家系の研究本はアーサー・ポール・シェルトンについてが主であり、
1987年8月の記録から一部抜粋。
彼ポールのジュニア(息子)が、2003年3月4日に家紋の公開について許諾。

存命ジュニアの連絡先もある。ノックスビル テネシー州だ。



ジェームズシェルトン1791 -1879





▲90%のプラチナに10%のイリジウムを混ぜ合わせた900プラチナ無垢ケース。

高級ブランド懐中時計に多い950プラチナ無垢(95%)よりワンランク落ちると、
意外なことにプロ間でも周知されているようだが、
イリジウム自体がプラチナ類に属するので、これらは殆ど区別をつけれないのが本当と思う。

根本的に重要な決定事項というのは、ムーブメントは当然だが、ケースの肉厚=厚さである。
1グラムで何千円もするんだから、時期によれば1万円以上にもなるプラチナ。
3000円〜6000円の金よりも高いのだけに、分厚さが最も強く物を言う。

実は、この時計のケースは肉厚が薄い。=正確には普通

これは一般的に標準なのだろうから”薄い”という表現をしてしまうのは語弊があるが、
同時期に超ど級があるので、そのケースの肉厚差を感じているだけに愕然とするほど。

世間的には、同じ大きさなら同じ重さというイメージがあるだろう。全然違うのだ。
重さをグラムで紹介するサイトが増えたのは、ネットの画像だけという弊害からか。

<ホールマークについて、機械NoとケースNoの違う理由>

金属にホールマークを記すのが義務付けられてない国は多く、ランゲの故郷ドイツですらそう。
義務が無いということは、金無垢であっても何もホールマークが無かったりする場合も多々
英国の役人が刻印する場合はスピード的にも面倒くさいだろうし、納品を急ぐ場合は酷です。
HMが無いならないでOKの顧客もいれば、絶対必要という顧客も居たはず。
先のドイツはメーカーが刻印することになってるし、HM不要でも数字で18Kや14K文字だけとか、
驚くことにケース・貴金属製作者の自主性に任されていた時期も長い。

貴金属でも銀と金は流通が多かったのでまだしも、プラチナ無垢なんて微々たる産出量、
それは現代に至っても25mプールを満たせれば良い程度しか産出してないそうだ。

プラチナだけでなく、普通のゴールドでも他の金属と混ぜたら比率はどうするとか、
ルールは非常に統一されてない。シルバーのマーク似で22Kってのは驚愕級で存在する。
しかし、実際に調べると金無垢かよ!!!と見かけるので、22K無垢ケースは本当に困る。
何故なら、詳しくない人が判断すると銀と判断してしまう。金色をしているのは張りだからと。
これはトラブルの元になるし、腕時計時代の判断しか経験の無いアンティーク時計店では、
間違いなく「金張り」と主張するので、指摘されたお客さんは「だ、騙された!!!」と狼狽。
クレームの嵐と化す。重いのにね。

悪評が立って閉店した古美術商もあった。悲劇としか言えない。

金のように重い比重を持つ金属というのが発明されるのは腕時計時代を過ぎてから。
つまり古い時代の懐中時計のケースが重いのは、金かプラチナ。銀はやや軽いし黒ずむ。
黒ずむといっても、金に銀を混ぜたケースは黒ずむので、これも困ったことだ。

金色をしているが黒ずむから”銀の金張り”。そんな判断をする人が多いのは勉強不足。
また、金に似た色のジャーマンシルバ−、イギリス地方のシルバーも似た色をしてるが、
金と”金に似たイメージの色”ぐらいは専門家なら区別できると思うのだが、
日本では馴染みがないためか、意外と時計店経営者でも区別できない人が多い。
(ロレックス以降を勉強するので仕方がない)

クロムメッキなんかは1937年に発明されている。電解法を使って、さすが技術国ドイツ。
しかし、クロムメッキなのに1900年の腕時計だとか、1920年のロレックスだとか、
文系ならまだしも理系なら「何が起きたんだ」と思って欲しいが、普通は鵜呑みだろう。

私は一時期防衛策として、22Kマークのものは「銀の金張りケース」として販売した。
肩書きも無いネットの個人サイトなのだから、悪く言われたら何でもされてしまうし、
説明を幾らしても、安い価値に目線を絞るのが普通だからこそ、自腹を払ってカバーした。
その後、文章を読まない購入者さんや初心者さんには、そういった微妙なアイテムは避けた、
せっかく懐中の良さを広め啓発しようとするサイト目的なのに、ダメじゃないか。

更にはフランスでは輸入金と国内向け金では使用するホールマークが違う。
ワシ頭(18K)はパリ向け。フクロウ(18K)は輸入。エナメル装飾の素晴らしいものは、
さすがにパリといえども輸入しなければならないので、フクロウが時々見かけれる。

素晴らしいエナメル装飾や高級ダイヤがはまっている18K無垢ケースを除き、
変哲のない金ケースでフクロウだったら「なぜワザワザ輸入ケースを?」と考えると、
いろいろな裏の世界を垣間見てしまう。この辺は趣旨が違うので、まぁ置いておきましょう。

ゆえに多くの場合、ケースメーカーは独自のシリアルナンバーで管理するしかなかった。

よく時計機械のNo.とケースNo.が違うとオリジナルじゃないと言われるが、
各国の法律事情によって異なる方が普通なので、腕時計時代と一緒に考えてはダメ。
パテックフィリップでも別のナンバーがケースに振られており、顧客の要望によって、
機械と同じシリアルナンバーを追加してケースに刻印した。

だからこそ、2つの番号が機械やケースにあるのを見かけれるのだが、
貴金属のホールマークの扱いは、国ごとの税収にも関わっているので、
仲が良い国同士だと同じホールマーク、時代が変わって仲が悪くなると区別、
世界の覇者を大英帝国⇒ナポレオンフランス⇒ヒットラードイツ…などなど、
侵略したりされたりで、ごちゃ混ぜなのが日本製骨董を分析するのとは感触が違う理由。

その典型的なのは、各州が”国”意識だったアメリカ。
ヨーロッパ植民地からの流れで、A州はイギリス系、B州はフランス系、
そんな風に分かれていたのでホールマークもバラバラ。

初めてアメリカが一国として統一意識が芽生えたのは、何を隠そう日本の真珠湾攻撃らしい。
9.11の同時多発テロの際、「真珠湾攻撃再び!!!」と叫んでいたアメリカ人が映像に…
まぁ、詳しい人が大多数だろうから、この辺で。

すなわち、多くの国々が足をそろえた国連の発足あたり=腕時計時代=の鑑定と、
懐中時計時代の鑑定を一緒にしてはいけないということです。

そうそう、オリジナルじゃないケースが問題になったのは、
ナンバーの多くが統一されるのが常識となった腕時計時代です。
世界大戦時の金属収集のおかげで、ケースを失った懐中時計が続出したので、
シリアルナンバーが合っていた超高級ブランドですら側代わりで混乱してしまった。

ケースと機械、元々のナンバーが異なってたのか、同じだったのか、2つ以上刻されてたのか、
調べれば調べるほど、非常に面白く、興味が尽きないです。







表紙