14Kフルハンターフランス製ハイグレード・ムスターシュ式脱進機

・フランス宝飾店向け

・Grandma-to-Pearl A.Blue Feb'y 23rd '91.
おばあちゃんより、ピエールAブルーへ。1891年2月23日に贈られた物。
このPearl A.Blueを調べると、有名人?かもしれない。意外と語句検索でヒットしました。
決定的なものは見つけていませんが、まぁ、オマケとして調べるのを楽しみにしてください。

・経43mmのヘビーな装飾(黒エナメル付き)中型ケース。

・内フタも金無垢でゴツイです。

・姿勢差あり(2〜3分)⇒改善・誤差なし。T時計店さんにてOVH済2008年12月27日

=大変薄く透明度の良いガラス



=さりげなく黒エナメルで縁取り。

=刻印・銘は以下。

・Grandma-to-Pearl A.Blue Feb'y 23rd '91.

=ヒゲ持ち受けが特製です。

ファンなら誰もが判断できるバシュロン・コンスタンタンの高品質ムーブメント。
ムスターシュ・アンクル脱進機はパテック社同様、この時代の高級代表選手だ。
ちなみに、パテック社も同じ機械で出しているので、同型モデルのブランド違いレベル。

=この写真では分かりません。

素人修理というのは、観れば直ぐに分かる押さえ部品です。
画像だけで判断するネットオークションでは絶対に売主が言わない項目。
ダイヤル接着と画像から見えない不具合ものは、この通り、かなりあります。ネットオークションの弊害



カチカチとゼンマイを巻く際に留める部品。しっかりと押さえないと逆回転で開放されてしまう。
しかし、素人修理でもOK、これはハリガネをペンチで変形させ部品間に挟み、ネジで押さえてあった。
機構的には全く問題ないために、売主はコレに触れることなくネット・オークションで高くで売れるのだ。

買ってから分かるのだけど、この持ち主は私が指摘するまで分からなかった。

時計店でのパーツ作成はキツイ。時計店ではなく、工房を探して頼む方が安上がり。
銀素材のインテリア教室とか、アクセサリー教室なんかは、パーツ作り依頼を募集してる。
私はこれからそういう所で頼もうと思う。相互リンク先にはネジメーカーさんがある。

一個のパーツ作成で5万や10万を請求する時計店は、経営的には理解できるけど、
(私の頼んだ先MPさんは、OVH込みじゃないと受けないので、パーツだけだったから仕方ないですが)
ネットでも沢山の修理店がヒットする現在、高く設定するお店は生き残りが難しいと思う。

いや、ちょっと過去ログの件で思い出したので、つい、書いてしまいました。
でも、普通の感覚だと思う。すみません。

・ダイヤルも傷なしミントコンデション。

・ケン引き式の時刻合わせ

ムスターシュ型アンクル脱進機

・最上級ラインに相応しい金無垢ケースになってます。

・軽やかなゼンマイ巻き加減も良いので、作者オススメです。


<ガラス・パキパキ事件>

薄型ガラスのフルハンターケース。大変素晴らしい。
表側の機械を観るため、ベゼルを取りダイヤルをはずし、また組み立てる。
不慣れな方はガラスをパッキンと割ってしまうので、練習は安いアメリカ製時計にしよう。
またはオープンフェイスのもので。

決して、不慣れな方は、高級品では分解してはダメです。くれぐれも練習しないで。

理由はフルハンターケースの表側とガラスの薄さが難しいので別作が必要だから。
何百とガラスのストックを持っている人ですら、オープンフェイスならOKでも、
フルハンターのガラスは在庫に無いからです。

注意書き:オープンフェイス・ケースのガラスは直径が合えば、交換は在庫で殆どOK。
フルハンターケースは径が合っても、ガラスの厚さや湾曲度によって開閉が出来なくなる。
従って、別作(12,000円〜)となる。機械のシースルーガラス仕様のものも同じ。
薄型であればあるほど、ベゼルをハメる際に力の加減が難しく、パッキンと割っちゃうのだ。

せっかく安く買ったのに、自ら高額出費にするのは自己責任だが、
ちゃんと取り扱い方法をマスターしておいて欲しい。机から15cm持ち上げないのは常識とか。



↑新しい持ち主さんが、速攻でガラスを割ってしまった。
ベゼルをはめ込む際はガラスを押さえないようにネ!!!



ベゼルを外して、問題の長針に注目。
最初の写真では折れてないのに、ガラス・ペキンの勢いで押さえてしまったのだろう。
軸から折ってしまっているので、単純に接着できず、しょうがないので別の針を犠牲にし、
上手く接着したオリジナル針と化してしまった。

安くで出したとはいえ、本来は高級品なので、力加減をしっかりマスターして、
愛を持って接してやっていただきたいです。



表紙