18K超大型7mmダイヤモンド2個装飾(+小型5つ)フルハンター18Kリボンピン付き

・1900年以前製作、スイス製、販売は1900年。
作られたにも関わらず、フランス政府から要請があるまで、
高額すぎて販売されなかったという凄すぎるものです。
(フランス貴族の競技向けに仏政府の発注とのこと)

時計の中の時計ブランドといわれた、過去、天文台クロノメーター検定にて、
17年連続一位を記録したメーカーであり、最も有名なのは3ブリッジトゥールビヨン。
その頃にリリースされた時計は、全てが破格なスペックを持っていた。これしかり。
本来はブレゲ、パテック・フィリップやバセロン・コンスタンチン、オーデマピゲ、
彼らと肩を並べて紹介されるべき悲劇ともいえるブランドだった。

そのトゥールビヨンを真似できたブランドは未だに1社もないことで分かるだろう。

この時計ですら、(時計装飾で使う)初めて見る大きさのダイヤが2個もある。
7mmというのは、通常のダイヤなら凄い価格になるのは知っているだろうけど、
1カラットでは4−5mmぐらい、0.9カラットではグンと安くなるのも常識でしょう。
後で書きますが、ダイヤを発掘するのには、金の発掘の150倍の母岩が必要になる。
人工ダイヤや色のくすんだもの(産業用に回される)は別だが、
宝飾用の高価なダイヤを時計に使ってしまうのも、考えてみれば凄いものです。

・シリンダー脱進機、ケン引き、調子最高調。

・ピン平衡の全高さ50mm

・ケース経25mm18K無垢分厚いフルハンター・ケース

・内蓋も金無垢

・18K無垢リボンピンと一体型(ホールマーク確認容易)

・記録的に大きな7mmダイヤが2つ付いている。二つで1.2カラット以上もある。

・他に5つ小型ダイヤ付き。大きなものと合計で1.4カラット超

・世界のダイヤ相場では鑑定機関はGIA、CGL中宝研、AGTに準じて依頼をどうぞ。
「AGTジェムラボラトリー」(AGT JAPAN)、「GIA JAPANのラボ部門」(銀座和光で添付)、

・縦・平置きとも精度OK

・OVH中2008年12月7日⇒OVH済2008年12月26日(I工房時計店さん)

<ダイヤモンドのうんちく>

宝石はダイヤモンドに始まり、ダイヤモンドに終わる。
地球上の天然石で最も硬く、最も屈折率が高い。
時計で使用されるルビー、サファイヤの4倍以上も硬い。

一般に宝石用ダイヤモンド1カラットを得るには、約22.5トンの母岩を採掘しなくてはならない。
1カラット(0.2g)の金を得るには、約0,2トンの発掘が必要とされています。
宝石用のダイヤを得るには、金の約150倍の母岩を採集しなければならないのは少し驚きます。



右側はプラチナ製ジュネーブシールのもの。













ペアシェイプカット・ダイヤモンドより、マーキスカット・ダイヤモンドというらしいです。



表紙