ダイヤ装飾18Kクロノメーター懐中時計

・調べてみると、Gugnier Leshotという1800年ごろからある英会社の系列らしい。
フュージ・バージ+クオーターリピーターを作っていた。
Gugnier Leshot (ガグナー・レショー)の”レショー”だけはゴーレイ・レショーがある。
オーデマピゲの公的フランス総代理店であり、機械の提供を受けてイギリスでは販売、
その系列なのかもしれない。

ジュネーブシールが付いていることから、オーデマピゲの独立分家かもしれないが、
なんにせよ、私も初めて聞いたブランドだし、語句検索でもヒットしなかったので、
結構、追跡調査はお手上げ状態です。

断定して言えるのは、そのままクオリティ(品質)を維持して継続していれば、
バセロンを追い越し、パテックと並んでいたかもしれない。そんな時計師なのだろうけど、
HAASなどのように、コストをかけているのに安く売っていて潰れてしまった、
跡継ぎに優秀な人間がいなかった、舵取りに失敗しただけか、世界大戦の影響か、
100年前の時計を調べるのは、メジャーで生き残っていなければ、本当に難しい。
ロレックスが未だ出来ていないと考えれば、調べるのが難しいのは当然か。

・ケース背面のイニシャル=注文オーナーは「MCS」と思われます。


・経30mm。薄型の高級感のある肉厚ある18K無垢ケース

・スイス製1900年ごろ。聞いたことがないブランド(調査中)

・金無垢ダイヤルがネジで留められている手間が掛かっている仕様。

14K無垢チェーン(13万円相当)ロングヘビー約37cm、ホールマークは読み取り容易。

ベゼル・ダイヤ装飾(10万円相当)
ダイヤ欠損部が数点ありますが通常15万円前後がダイヤベゼルだけの仕入れ相場です(驚)。
小さいダイヤの欠損なので、ルーペで観察して初めて気付きます。言わねば気付きません。

ジェネバ・クオリティ・マーク付きムーブメント(超高額・20万円超え
ジャンク品ボックスにジュネーブシール機械があれば、本当なら飛び上がって喜ぶ仕入れ業者さん。
100%そうです。一方、コレクターとしても、ムーブに合うケースを20万円出して、
特注してまで作ってしまうのも普通にある光景です。裏をシースルーにして見えるように加工したりネ。

もし、そんなことは無いよという業者さんなら、知識が無いのではなく、普段からそういう性格な人。
売主にバレないようにCOOLな顔を崩さずに「箱ごと買うね、ありがと、じゃ、また」と背を向け帰るプロ。
一個のジュネーブシール機械のため、箱ごと買うなんてマジ?と思うでしょう、普通は。
少し経験と知識を積めば、ジュネバクオリティマークに隠された破壊力は誰でも分かるはず。

ネタとしては、時計を見せて「高いでしょうか?」と聞いて、反応を見る意地悪系がグー。
これまた、よくある光景です。仲間内なら笑い話となって盛り上がります(悪意は無くね)。

逆に、下取りを思いっきり安くしている店とかなら、見事に本性を観察できる機会です。
失敗としては、リピーターとか持ってる時計好きと先方に知られているのに、
見せるだけで質問し、ジュネバスタンプに触れないのは、質問された店にとっては、
「しらじらしいからヤメテちょうだい」ってな風になるので、遊びも程ほどにね。

私が今までに経験したパターンでは、見せると普通は「好い機械ですね」だけで、
ジュネーブシールについては完全スルーが基本反応です。知ってるはずなのにね。
普段「お客さん想い」と好い事言ってても、ジュネーブシールを見たとたん、行動が伴わなくなったり、
そんなパターンは人間観察にはもってこい。

ジュネーブシール付き時計の価値は、とりあえずパテックやバセロンの価格になると覚えればOK。
もっとも無名メーカーならば、知識的にも重要で、持ち主だけがニンマリできます。
ネットオークションなら、そのメーカーを探せば、ジュネーブシール付と出会うチャンスも増える。

無愛想だが客のことを考えている店は、評判は悪くても、ちゃんと観察すれば分かるもの。
寧ろ、すし屋の頑固親父を判断するよりも簡単。買う側の貴方の好み次第、選択次第です。

私は最初、この時計の査定を40万円超えに設定しました。それでも42〜45万で議論があったほど。
プラチナの方は65〜70万円。おお〜、一流店よりかは安いけど、サイト的には凄い値段です。
結局、感謝サービスのラスト(サイト公式として事実)なので、設定を下げて行き、
今現在25−30万円(この時計)、55−59万円(プラチナ)。売れなくても好いというのも変ですが、
どちらかというと、私や協力メンバーが欲しがっているので、売れ残りを期待している気持ちがあり、
公平な姿勢を崩してはいけない立場の人間としては、複雑だったりするんですよね。

・ハイグレードなムーブに合わせる品質ダイヤに、そう、かなり高額な宝飾ダイヤばかりが、
ケース(ベゼル)に散りばめられているはずなのに、ダイヤル色が金無垢製のため、
輝き具合が相殺しているようで、いまいち相性が悪い気がします(好みによるでしょうが)。
光がダイヤの中に入って拡散するのが基本的に弱いのは、留め部の範囲が狭いベゼルに付けたから。

この懐中時計は腕時計の大きさなので、そちらに流通させる方が高くなりそうです。
ダイヤ・ベゼルのみ15万円あたりで流通してるのは(ebay)腕時計が主体ですけど驚くよ。
プラチナのチェーンのワッカ数個とか、天然石ダイヤ使用の部品類が豊富でした。

・リューズに大きなサファイヤが素晴らしい輝き。

=プラスポイント。

18J、5調整。アンクルクロノメーター・ハイグレードムーブ採用。

・最高品質を示すジュネーブシール付き

・ダボ押し式時刻セッティングのケースを持つ機械を、
リューズ時刻セッティングに切り替えた珍品

最初は「ダボ押し式じゃない。ガッチャマンか故障扱いかな」と思いました。
しかし、全く機械がケースと合致しており、こういった小型では特にケース換えは難しい。
ケース交換を試みた人も多いと思うけど、少しの違いで合わないものです。
ダボ押しからリューズに切り替える時期、顧客がリューズセットに代えてと要望したか、
ブレゲのように時計師が顧客へ買い戻し要請をして、最新型に切り替えたか、
物が良いだけに、後者のような気がします。

ダボ押し部には金無垢棒がはまっています。間違えないように固定されてます。
(しかし、私は聞いていながら、間違えて何回も押さえ込んでしまいました!!!)















▼各ジュネーブシールの刻印2箇所が分かるように写真の角度を工夫しました。







本当にガッチャマンじゃない(驚)

ダボ押し時刻合わせの時代に作られたクロノメーター(ジュネーブシールつき)、
これがパテック・フィリップらのリューズセッティングに切り替わるまで、
フィリップ特許を持っているパテック社自身ですら、発明から30年もかけて、
リューズのみでの時刻セッティングに長期間の啓発等が必要だった。

その間、どんな試作品が作られ、どんなプレゼンテーションをしたのか、
万国博覧会で紹介するのが史実として残す手段だったわけだけど、
当然、その史実から洩れるテスト品は多々あったわけです。現代でも同じ。

ジュネーブシールが入っているので、コレクターが惜しんでケースを特注したもの、
そういう場合は、通常はシルバーで行い、高額な金無垢でする必要はない。
また、機械に合うケースを他から取ってきたガッチャマンも市場には多い。

今回、ダボ押しのケースなのに、リューズセッティングの機械を持つこれは、
通常はガッチャマンという推測が一番しっくり来るのだが、
私の検品では、驚くことに”オリジナル”だったわけです。

いくらガッチャマンじゃないと言ったところで、あくまでも私個人の主張。
これを時計店に持っていってOVHし、その技術者に確認してもらう以外、
私だけの妄想と言われてもしょうがない。

第三者の人間に、OVHに金かけて出さなくても好いように、
如何に分かりやすく写真に撮って伝えるかが命題でした。















ここでダボ押しの穴が健在ということが判明したわけだけど、
新しいパーツ(機械から離している小さいもの)は、
ダボ押しを機能させるパーツの代わりに、オリジナル・ネジで留めれるよう、
非常に見事に作られている。

当然、リューズの軸に接触するミゾが変わってしまうので、リューズ軸を作り、
メーカーらしい同じ金属仕様となっている。腕時計に発展する小型なので、
供給メーカーではなく、現代のダニエルロートみたいに、結局、その時計師の仕事。

ジュネーブシールが付いているので、パテックやハースヌーボーと単純に考えてはダメ。

<18KカルティエOFオーデマピゲ社製>
そういうことで、面白いものを思い出していただきましょう。

当サイトの扱い時計

=オーデマピゲ公式、カルティエ。

オーデマピゲはジュネーブシールを取ったことはない(将来採るだろうけど)。
販売促進の面から見ても、メーカーとして将来は必須なのだろうからね。
何と言っても供給マニュファクチャアールの雄ジャガー・ルクルトがどうするか、
ジュネーブ・シールの実績があるショパール、バシュロン、パテックとの絡み、
過去と現代の関係を知れば知るほど、面白いものです。

スイスに時計メーカーが集まる。戦争で敵側国メーカーは嫌いになる各国民。
(英米ebayでロシア製の時計が安いのも当然で)永世中立国としての地位が貴重だ。

リューズ・セッティングはパテック(エイドリアンフィリップ発明特許)でも、
ミニッツリピーター(ニコルニールセン発明特許)、ルクルト発明特許でも、
各々特許の塊なので、そうそう変更はないのが古い時計の鑑定のキモとして使える(既出)。
弟子の分家などで特許が使えるケースだと、全く同じ物なのにブランド名だけが違う。
その時計の系統も拾えたりして、コレクターの宝探しに非常に役立つ。

知識や情報は財産になるのだけど、すぐには集まらないし、又聞きばかりは浅く見える。
コツコツと調べて集めなければダメだし、期間だって何十年とやってこそ。
パチモノとは違う、非常に素晴らしく、真似するだけでも無理な時計であれば、
系統を追っていって調べるのは非常に楽しいものです。趣味として高尚でしょ。



表紙