トウールビヨン懐中時計約100年前 Tourbillon Pocket Watch

元気いっぱいに動いています。

=以前、こんなことがあった。60万円 Mobilis Tourbillon Minute, 写真 1=120万円

=博物館コレクション

世界の腕時計という時計雑誌のNo.29。その29号には懐中時計特集がある。
ケン・アンティークのケン先生(日本福祉大名誉教授)が名古屋地区にある、
骨董街を練り歩いて、良い懐中時計を紹介するというものでした。

その中でトゥールビヨン懐中時計が、たまたま見つかった。
穴場ともいえる、春江堂(春日堂だったかな)にて60万円の値札がついていた。

世界の腕時計のその号が本屋に並び、私が手に取ったのは発売3日後。
「これは手に入れなければ!!!」と悩んだのは1日。
お金を用意し、まさか60万円の懐中時計が売れるとは思っていなかったが、
4日しか経っていないのに既に売れてしまっていた。

懐中時計なんて、数千円、高くても1万円ぐらいで買う時代。
腕時計が注目され、ロレックス特集の本がバンバン増刷されてる時代の話です。
その時代に60万円という破格な懐中時計は、トゥールビヨンが何なのかを
知った人じゃなければ、買おうともしない筈で、その店主さんも良く知ってたなぁ。
パーペチュアル(永久カレンダー)が自動巻き(ロレックス)と
時計好きの多くは信じてた時代です。トゥールビヨンって何?リピーターって何?
なのに争奪戦が繰り広げられてしまったとは、新鮮な気持ちだったことは言うまでもない。

店主さんは話してくれた。

「ケン先生も欲しがられたんですけど、雑誌記者がそれじゃ特集にならないでしょ、と。
60万円なんですが、本の発売から直ぐに問い合わせがあって、
それから日本全国から毎日電話があります。」

私「先を越されましたね。どんな方が購入されたのですか?」

確か、大阪の人だったかな?とボヤけながらも覚えている。
わざわざ名古屋まで見えたんだったっけ。交通費で1万円以上掛けて、
会社まで休んで、この小さく紹介されていた懐中時計に争奪戦があるとは、
私はこの時のトラウマが時々起きるのだけど、今回、100万円でもOKと思ったのは、
あの時の悔しさが大きかったからといえます。

春江堂さんで売れていたのは標準グレード。このトゥールビヨンは2グレード高い。
それゆえ、価格的には「同じトゥールビヨンではない」と評価できます。
(こうやって自分を慰めるのはお約束で、みんなも1度はセリフにした事がある筈だ!)

同じような買い逃しの物語がエナメル・スーパー・クオリティにもあります。
まだ安かった懐中時計の時代、その中でも破格で、しかも争奪戦が起きるなんて…。

●リューズ引っこ抜けの癖がついている。
ネジ締めでは無理だったので、リューズを作り直したほうが良さそう。⇒修理へ



ちなみに、同じものが更に前の号”世界の腕時計No.16”のP185にあります。
ツールカンパニーで価格応談、店長の一言「芸術品です」とある。
私がこれにも漏れたため、29号でハタと思い出し、行動に移した次第。
同じ人も多かっただろうけど、アンティコルムやDr.クロットで類似品が出た(数年後)。

オークションハウスでは、価格設定が低くスタートするので(30−40万円からスタート)
それを狙おうかと思いつつ、長い間、忘れていました。

このタイプのトゥールビヨンについて

1904年に特許がとられ、1905年から5年間だけ作られたタイプで、
表から見れるもの、裏蓋を開けて見れるものがある。

顧客から安いトゥールビヨンを作ってといわれたものなので、
トゥールビヨン部分以外は、やや安いパーツに見える。
銀無垢ケースの上にしょうがん(ぞうがん=象嵌)ケースが最高ライン

しょうがん銀の最高ラインには、リューズセットが採用されているのがポイントだ。
また、スティールケースは標準ラインで、ダボ押し式なのが見分けるポイント。

金無垢ケースはなさそうだけど、やはりコストがかかってしまい、5年製造の短命になった。
なんにせよ数が無いものなので、お金があっても買えないトゥールビヨンとなってます。

現在、安い価格帯で流通しているのは、この5年間に作られたものだ。
しかし、世界中探しても少ないのに、安い価格帯なので、結局、見つけたら即買うこと、
また見つかるだろうとしても、中々入手が出来ない。ウオッチ相場表の著者リックは、
著作では3000ドルとか平均値を書いているが、自分が手放すときは50万円だった。
(ダイヤル接着アイテムは彼の査定に入らないので、ミントとしていても、
彼の顧客は常に心配していたりする。)

製造していた会社は、ブレゲやパテックなど雲上系、BOVETなどとも絡んでいる。
その話はまた今度。







表紙