パテックフィリップ・エクストラ(等級)

最高の価格帯を維持するパテックの最高級モデル。

パテック社&天文台クロノメーター検定所の書類付き、
2003年10月にメンテ済み(保証があと半年ほど残っている)。

ダイヤモンドエンドストーン。

コレクターさんのコレクションより。

←新品のごとく。

←顔が軽く映る鏡面状態。

↑2位の順位が書かれています。
上位入賞の場合は年代、メーカーによると思いますが何らかの付記がされているようです。
パテックもサインの書き方が時代で違いますし、統一した見解は出来ませんが
重要なのは入賞モデルをケースをつけて売ったということでしょう。

後で紹介するページに書いていますが、普通、入賞モデルは金庫入りです。
販売される事はありません。はい。

▲60年経ち、セイコーの天文台コンクール腕時計も販売されました。
これが’90年代にアンティークとして数百万円で取引されたことを考えれば
どれほど価値があるものかイメージできますでしょうか。すごいものです。

←いつもの私の写真ですね。テクが…。

←プラチナ・チラネジも(白っぽく輝いているもの)。

機械が美し過ぎると光が乱反射してしまいピントがボケる時が多くあります。
今回もお約束、ボケています。黒いバックを敷いたら良いのですが、つい白いバックで。

ホコリが入らないようにするため、いつも瞬間で行います。
失敗しても撮り直さない為、実物はサイトで見るより良い事が多いです。
(以前はデジカメでなくコニカで撮影してスキャナーで写真を入れていました)

つまり今回も写真より実物の方がずっと良かったです。

←某高級店の豪華な箱が…

コレクターとしてはこのような事を知識として装備し、安く売っているお店・フリマで
引き抜くのがお約束。滅多に無いのが当然ですから、誰にも教えず争奪戦です。
天文台なのに普通のパテックとして出ているものが狙い目ですが、
そもそもこの世の中に何個有るのでしょうね。

パテ以外を含めても100年で1〜3位は300個ぐらいか
壊れたものとかあるでしょうから現存してるものは極めて少ないはず。

シチズンの1時間の生産量は5000個だったかな?

見つけたら仲間へは「XXXが安い」などと誘導し目をそらさせるテクが1番効果的。

下部の重要なエピソードから推測できますが、某高級店でも査定を
ミスっていたと思えます。有名オークションハウスしかり。


Movement No.153.494

重厚な18Kケース。

機械にエクストラの表記、ギョームテンプ。

Case No.271.138

48〜49mm。

1909年製造・ダイヤル・ケース・ムーブのトリプルサイン

1912年11月28日にTiffanyに売却されたものです。

画像でかいです。

 

 



パテック社の鑑定書

1909年製…約100年前のものです。

 

天文台コンクールでの成績書

こういう資料が残っているのは素晴らしいですね。
(セイコー社では数十年前のものが、ロレックスも同様に会社でも分からないですから)

↑理由はクオーツ旋風で多くのメーカーが機械式ラインの資料を破棄したから。

 

↑成績は2位。パテック社の担当時計師はJ.Golay-Audemarsさん。
パテック社の歴史本によると、天文台担当のすごい人だったらしい。
本を持っている人は見てみよう。名前が残っているほどの人だ。

 


重要なエピソード

こういう大物の場合は過去の何処かでオークションハウスを始めとする”表”に
出てきています。日本で初めて扱ったのは代表的高級店(むろん高かった)。
「見た事ある」と思った人も多いかもしれません。

しかし同じ物じゃないか…と安易に判断しないで頂きたいです。

実は添付されていた書類と時計のシリアルナンバーが異なっており、
気付かれずに価値を上げたり下げたりしてコレクター間を移動していました。

それに気付いたオーナーがパテック社へ問い合わせ改めて書類を得ました。
従って二つの書類の発行年月日は異なっています。
完全に揃ってからお譲りコースという形になったのは当サイトが初めて。

つまり、XXで出ていたとしても単純に比較されては困ります。

信頼されるべき某最高級店がミスをしていたのは信じられない事ですが、
▲実はパテック社がミス発行をしたらしい…(滝汗)
価値を下げるのもコレクターですし、上げるのもコレクターです。
コレクターによって間違いが正された良い見本でしょう。

これだけでも手間が掛かり如何にこの時計を愛していたかが分かります。
事情によって手放される事になりましたが。

過去のアンティコルムでは80〜160万円ぐらい(手数料・消費税含まず)なので
出品をオススメしておきました。当サイトでは所詮ネットの個人売買なので、
高く出来ないからです。

アンティコルムカタログを持っている人は程度、資料条件などの同じ感じのものを
探して比較してみよう。

▲約1ヶ月販売が決まらなければアンティコルムなどに出品される予定。
(または私が知人の古美術商に売り込む可能性もアリ)←当サイトで看板に使う

▲古美術商扱いになりますと、そこの利益が入って高くなります。
単なる値上げじゃないですから、その際はヨロシクどうぞ。


パテック社の総代理店「一新時計」へ出した際のコメントで
「ここまで綺麗に保存されていたのは滅多にありません」と言われたそう。

サイト内関連記事

⇒メーカーからの資料実例(写真は私が問合せた他の時計の物)

⇒パテックの高い理由(天文台仕様の解説)



参考になる時計達に戻る     表紙へ     VOL.35(アドルフ・ランゲ)へ