世界で一個。非常に珍しい18K懐中時計。

・27mm

・ハイグレード・ムーブ

・リューズセッティング

・18Kケースは分厚い。

・時間正確(縦・平置き)

ネジが一本無い(写真参照)#世界で唯一の意味はコレのオチではないです。

▲高橋時計店さんにてネジ探し中(2008年11月〜)- ネジ探し完了2009年2月16日

・ムーブが薄いタイプではなく、全体を眺めると卵型のように見える。なぜだろうか?
その秘密が、これを”世界で一つ”にしている理由。ガラスが丸いなどという陳腐なオチでもない。
科学的に厳密に言えば、細かいキズには全く同じはないから世界で二つとないでしょう…が普通でしょうか、
--などとツッコミを入れる程度の話ではありません。マジメに”これは二つと無いだろう”と思います。
(思うことは誰でも出来る…なんて言われたら、現物を見てから言ってくれというレベルです!!!)

=インデックス青色

▲インデックスの青色に合わせて針もブルースティール針だ!!!(ちょっと驚き)。
ブレゲに同じ時計(これは銘が無いだけ)があったので「ほぉ〜」と感じていたが、
こういうポイントに使われなかった名残があるのはポイントだろうと思う。

手元に無かったとき、問い合わせで「黒じゃなく金色が反射しただけ」と答えていた。
先入観から金色以外は黒の安物しかないとイメージしてたからだけど、この場で暴露謝罪。
指摘の吉田さんには何かサービスを考えないとね。



=ネジ欠損復活(時計店にて2ヶ月…)



=サブの場所もオリジナル

ネジ留めスペースが3箇所あり、サブ場所のせいでケース交換をイメージする。
@番とA番をネジを外して観察すると、フィットしていることが判別できた。
機械キャリバーのグレード違いでも合うようにケースが設定されているのだと思う。
(作者鑑定=オリジナルのケースとムーブです)
フランスの輸入ケース18Kフクロウ刻印により、普通にパリから一流宝飾ケースメーカーへ、
特注されたものと判断できる。
2ページ目で紹介するこのような一点特殊物は、各社が管理シリアルナンバーを付けるので、
ケースと機械の番号が一致しないのが普通です。ブレゲやパテックでも同様。

詳しく知らない人はリンク先を読み込んでください。
ケースと機械がオリジナル同士なのに、番号が違う=ガッチャマンとして買い叩く
そういう業者も多いので要注意。戦前の懐中時計に当てはまります。
この辺りは常識レベルなので、知らないのじゃなく、知っててやってるはずだと思う。
我々コレクターとしては、結局、品質などの総合判断で判定するのがベストです。

そして、なぜコレが”世界で一つ”なのか?
トンチでもなく、誰もが説明されれば「なるほど、確かに世界に一つだけと思う」と実物で。
考えてみれば、めちゃめちゃ凄いのでは。(知人らに聞いても、誰もが”初めて”だった。)

▲写真では決して分かりません(ゴメン!!!)

この秘密は……まだ内緒です。
10人中9人は教えられたあと考え込んで腰を抜かすほど「確かに無いわ!!!」と叫ぶ。
想像を超えているので高額であっても当然という感じになるほどです。
銘などのプレミアみたいに通常な範疇ではなく、物理的に凄いと思うのだ。
世界で類を見ないという表現は、通常使えないほど恐ろしいです。それに見合う。
当てたら無料であげるかな(嘘)



表紙     ⇒次へ(解答編)