マリーセレスト号の乗組員消失事件の年のアイテム

身近に存在するアイテムで、知ってるかどうかで価値が計り知れないものがある。

ナポレオンの妻ジョセフィーヌの懐中時計が、アメリカのクリスティーズで
約1億4300万円の落札だったんだってね。

これもひょっとして大化けするかも。当サイトの歴史が変わる記録になる?

しかも、無料プレゼント。分かる人なら信じられない話だろう。売れば80万円とか行くかも。
ネットは便利だが、読者層はキッパリと分かれている。
どんなサイトを巡回するかで、性格や知力まで判ってしまうようだ。

さて、このパテックは1871年なんだけど、どれぐらい前のアイテムかというと、
あのマリーセレスト号の乗組員全員が消失し、8000キロも航海していた不思議な事件。
飲みかけのコーヒーがあったとか、救命ボートがなかった(全員脱出か?)
というのは置いておいて、船長の航海日誌で「12月4日我が妻マリーが…」で
突然終わってるのが興味を引かせたキッカケ。

マリーに何があったんだ、気になる。眠れない。

この怪談じみた事件は、1872年に船が大西洋上で発見されているから、
船員が消失したのは、このパテックの年だ。いかに古い時代かが分かるよね?

(余計分からないって)

パテックフィリップ創立者エイドリアンその2



ダイヤル側、針、裏フタ、内フタ、裏側機械の写真です。

 

=パテック銘



↑こちらの写真は市販品らしい(違いがある)。この違いは非常に嬉しいものです。





常識で考えると、市販される前のもの。すなわち、特許をとるための特別品か。
どうやら創設者エイドリアン・フィリップの作ったものの可能性が高いと判断します。
そういう理由で、ナポレオン血脈の贈答品として特注されたのだろう。

・・・って、考えすぎというのはコレクター特有のお約束。



その1へ戻る     表紙