ネットの値段と一般の市場価格について

’98から始めて、、、私は思う。



この題は直に読者の皆さんに関わることですから興味を持って
読むことができると思います。

まず最初に「時計」という枠を離れて考えてみましょう。

ネットではバックから文房具、無農薬野菜、美術刀など
いろいろな物が売られています。ほんとうに色々ですね。
エッチ系や非合法の薬などもありますし。

値段的にはどうなのでしょうか。みなさんもすぐに一般の店舗よりも「安い」と
思い浮かべれるはずです。

そうです。ネットでは現実の店舗よりも安いイメージがあります。

しかし、これが日常の感覚とリンクしますと一般の店頭市場の価格が
「高過ぎ」とか「ボッタクリ」というような感覚にもなってしまう場合が
あります。これは、ネットに慣れてきますと薄れていくようですが、
まだネットに慣れていない方には強烈にこれが精神を支配するようです。

ここでのポイントは、正確な一般市場価格というのは「すべての人が気軽に
見て買える」という環境が前提です。ネットでは正直まだまだ「すべての人が
気軽に見て買える」ということは言えないと思います。ゆえに、まだ一般の
市場価格とはいえません。「ネット独自の値段」という言い方が正確ですね。

一緒のように考えていた方はここで訂正しましょう!!別物だと。

さて、ネットの値段はいったいどれぐらい安いのかを考えてみました。
これは結構簡単に表現ができます。

今読まれている「ザ・懐中野郎」がいい題材なのですが、このサイトの
売上は日本全体の販売サイトの中ではトップクラスです。個人売買として
限定すればダントツです(サイバービジネス研究機関による)。もちろん、
時計だけの話ではありません。すべての販売のサイトの中で、です。

すごいですねーーー。でも、実は…

正直、利益は悪いです。サラリーマン時代の年収を稼ぐだけで精一杯です。
少し前に、ヘッドハンティングに遭いました。5社から年収1500万円でのスカウトです。
思わず、行こうって思ってしまいました。時計ではなくネット・サイバービジネス成功者として
個人の能力を評価していただいたわけでその年収は魅力でした。
(断りましたが…)

以前の情けない話?ですが、リクルートの人材バンクで

「海外出張経験60カ国(民間企業経験)以上あり」
「社会保険病院の事務長経験あり」

で申し込みましたが年収500万円でも一社も来ませんでした。
このときは大ショックでしたが、ネット販売で成功しただけで
この高評価はすごいですね。でも、成功していてもこの年収でクラクラしてしまうのです。
いかに利益がキツイかが分かっていただけるでしょうか?(#)

この「ダントツ」の「ザ・懐中野郎」ですらです。
時計を離れて見ましても、利益を出しているサイトは少ないです。
ネット全体でみてみますと、販売、バナー、お金の支払い関係など全て
ひっくるめまして黒字はネット先進国のアメリカで35%。

日本では野村総研や情報通信研究所、富士通総研などの
研究サイトで調べても30−39%です。この%の中には1万円でも
通信費やプロバイダーへの支払いより上回った黒字のサイトも入っています。
サラリーマンの年収を稼ぎ出しているサイトはどれぐらいあるでしょうね。

そうなんです。年収1千万円のサラリーマンレベルをネットで作ろうとしましても
ほとんどのネットビジネスサイトが達していないと結論出来ます。

現実の店舗のあるサイトさんでは、利益度外視の宣伝目的で
運営されているのが多いというのも現実です。ちょっと夢が壊れましたか?

この様な事情を知っていれば、ネットでの値段が現実の市場価格と一緒だと
考えてはいけないことがわかると思います。しかし、ネットを中心に見ている人ですと、
雑誌などに出ている値段をネットでの値段と比較して「高すぎ」「ボッタクリ」と感じるのは
しょうがないかなとも思いますが、現実にネット上で非難したりしますとこれは
ちょっと…とも感じてしまいます。

よく大手検索サイトのサービス掲示板で書いてあるのを見れますけどね!

しかし、国民の全員が気軽にネットで見て買うことができるようになりますと
一般の市場価格という事で見てもいいと思います。多分、その場合は百貨店の外商部が
自宅に出入りしている人まで入ってくるわけですからネットの値段も高くなるでしょう。

そういうことを考えれば現在の一部だけの人によるネットの世界であるわけですから
今はお得な状態であるわけです。


#年収500万円で一社も申し込みが無かった時は、所詮自分が偉そうに出来るのも
会社や病院の立場としてのバックがあるからだと噛み締めました。会社の看板を取ったら
貴方は何ができますか?と人を見る形が決まったのもこういう経験からでした。
転職経験のある方は似た経験をされていらっしゃるのではないでしょうか。


商人の変化・頑張ろうサラリーマン

昔の商人というのは、別の国へ旅をして自国に無い面白いものや凄いものを
手に入れてきて、自国に戻ったときに旅行費などすべてひっくるめて高くして
売ることで成り立っていました。現在も似たようなものですが、今後ネットの
発展によって楽しみなのがこのパターンがどうなるか?だと思います。

海外などで地元に無い、いいものを仕入れて自国(地元)で売るという基本が
ネットで消費者すべてが出来るようになるわけですから基本から崩れていきます。

これは、「ザ・懐中野郎」でも一緒ですが、読者さんがすべて知識を蓄えて
ご自身でさくだいおうこと私の様にされると「ザ・懐中野郎」での
販売は成り立ちません。知識料としてバナーをクリックして頂くだけになって
しまうでしょう。2−3ヶ月で5千円です(延べ4万アクセス)。生活費にもネット接続代
にも満たないです。

しかし、このことは現在では朗報でもあるわけです。リストラなどで厳しい仕事事情の
日本では、簡単に商人になれる訳です。海外など自国に無い物を見つけ出して
地元で店舗を借りればいい商売ができると思う次第です。そうです、これは
自分の力を試すいい環境ができるということですね。そこで、先のネットの値段と
リンクするのですが、ネットの価格が一般市場価格になってしまうとこの商売は
なりたちません。商売というと普通ですが、カッコ良く言いますと「ビジネス」ですね。

この世のすべては仕入れ、宣伝、販売になると簡単に考えればOKです。
この3つの約束がきちんと出来る人なら成功間違いなしです。サラリーマンを辞めて
独立するのも一考ですよ!一方、失敗しがちな人の傾向は「批判」が得意な人と
ずばり言えると思います。いままでの人生でわたしが接してきた人たちでは
批判が得意な人は確実に自分で生み出すことが苦手でした。しかし、批判が得意な人は
優秀な知能・知識を持った人が多いというのも事実と思いますので組んですると
成功しやすいと思います。

でも、これは店舗を持つということが前提です。実際にビジネスになる種類でいえば
ネット上の小売はきついです。前出の理由の通りです。一番おいしいのはプログラム。
なにか面白い役立つプログラムを作ればそれを売ったり利用してもらうことによって
いくらでもお金が入ってきます。代表例はビルゲイツですね。またはヤフー創設の
二人のアメリカ人。小売では残念ながらこのサイトがいい例で利益が生まれにくい
のが現状です。


しかし、サラリーマン!こういうことは応用が利きます。がんばろう!!

3つの約束の補足:国で例えれば…

仕入れ=税収、宣伝=法律などのPR(国内外)、販売=公共のサービスなどの提供
です。現在では、宣伝、販売が足りないと感じますが…。赤字ばかりをためる国の経営は
最悪です。国民一人が数百万円の借金を背負っているという現実はもっと経営者を
考えなければいけません。あ、さくだいおうは別に何処の政党と関係あるとかは全くなしです。
選挙も白紙投票ですから。

テレビで生放送を見ましても政治家は国民を舐めていますし、国民も政治家を舐めています。
逆の発想でこの関係が実際にはいい状態であって、もしも政治家が優秀な有言実行型の
人で埋まってしまったら…そうなると困る人が多くいそうな気もしますけど…(謎)

#このサイトでは懐中野郎で、ある大都市の市議会議長も読んでいます。
以前似たようなことを書いて「勘弁してよ」としかられてしまいましたが、それはそれ…です!

ところで、どの企業でもこの3つの約束が大前提というのはどなたでもご存知です。
しかし、倒産の企業が多いのも事実ですね。分かっていても出来ない…。
机上の理論が実践で役立っていないことの典型と思います。

社員としてこの3つはいつも注意して見ておくと役員への道は近いかもしれません。
(倒産が早めにわかりますし…ネ。マル秘で分からない?それは考えてみればおかしいですぞ。
だっていい経営状況のところはどんどん前面に好調なところを出しますでしょ?
また、四季報にこだわり過ぎるのもどうなのでしょうね。)


ネットの争い

ちょっと趣旨とは違いますが、ネット上にこのサイトもあるということで触れておきましょう。

現在では、まだまだ現実社会とネット社会の区別が付きにくく、そのために
どこの掲示板などでも争いなどが起きています。しかし、パソコン通信の時代には
すでにこのようなことは経験済で10年ほどかけて「無理に反論しない」「言葉と違う」など
争いごとを上手く回避して行く形が出来上がったそうです。

しかしながら、ネットが発展するうちにパソコン通信のこの初期のパターンが復活。
パソコン通信での経験をしていない人たちがどっと参加してまた最初に戻ってしまったのだ
と言います。

わたしはなるほどと思いますが、今後は携帯からのアクセスも増えますから
もっと荒れるのではないかと心配してもいます。

しかも、このような警報を鳴らすサイトさんは非常に多いのですが、荒れる場にいる方は
実際そのようなサイトを率先して探して読むということはなさそうです。

まず、日常生活でしゃべる「バカタレ」とか「おまえなぁ」とかを文章上で使いますと
確実に荒れるような気がします。言葉はすぐに消え去りますが、文章では残るからですね。

みなさんもメールを使っていて気づかれると思いますが、自分の書いたメールの内容は
すぐに忘れていませんか?そして、貰ったメールの内容は結構細かく覚えていませんか?

このところがポイントと思うのですが、非難中傷、罵声などは文章で書かれますと
いつまでも、いつまでも頭の中をグルグル回り、忘れたくても忘れれません。従いまして
書いた相手をものすごく恨みます。気に食わないからといつまでも…ネチネチですね。

しかし、書いたほうはそんなに心に残っていなくて相手がそんなに傷ついているかどうか
実感も想像もしていません。これ、ポイントですね。普段部下に「あまえなぁ、死ね!!」とか
言っていても一瞬で過ぎてしまい言われたほうも「またかよぉ」とかで真剣な恨みをもちません。
(たまに真剣になって殺人に発展していますけど…)

まぁ、そんなわけで言うは易し、言われるは物凄い…という基本でもしも、貴方が攻撃?されたら
無視するとか、無理に反論しないというのが正解のようです。または、攻撃と攻撃のスゴイ掲示板で
(例えば2ちゃんねる=今すぐリンクにあります)慣れるという手もありますが。


ネットをめぐるお話をしましたが、ネット上で「買う立場ばかりの経験」でものを言う人間が
「ヤフオクなどで販売もやってみたら」言うことがガラッと変わってしまった…ということはよくあります。

わたしの発言でもよく考えずに書いてしまって、「これはマズイだろう」と後で思うこと
があります。そういう場合はみなさん、許してくださいね!!