ソビエト・マリン・クロノメーター(ユリス・ナルダン社製)

・「ULYSSE NARDIN」の最上級クラス

・58mmの大型

・スワンネック欠損

・センターセコンド針先端欠損

・1日誤差は1分程度で正確。

・かなり上級種と思われます。

・ナルダン系の懐中は日本製(セイコー社)でも真似していますが、
これはパチモノではなく本物のナルダン社製。
類似アイテムを作るために本物を注文していた名残と思われます。
似てるパチが多いので非常に区別が付きにくいです。
アンクル軸の部位が精巧に出来ているかどうかが判断の決め手だそうですが、
金属キャップがあるだけで判断すると、ミス入手するらしい。⇒結局、ノウハウはないらしい結論。

R氏(古美術商・仕入れ担当)がebayにて高額で落札したもの。

It was used in red army WWII Time.

Antique Russian USSR Military collectables, made by Marine Ship mechanical clock chronometer 1-MChZ, (first Moscow sentinel factory of the name of Kirova). These chronometers were originally produced and have been completely reconditioned by the KIROV Maritime Instrument Factory. 24 ruby jewels mechanical movement.

This high quality watch - the mechanism is a ORIJINAL of U.Nardin with rare 24 jewels for accuracy, gold plated movement. I would date this watch from the first quarter 1951 (signed "1-51" on the mechanism).

2 1/4''; (58mm)      - diameter is dial,
63mm  - metal case,
20mm  - thickness;

These chronometer are considered as one of the higher quality models.













センターセコンド針を回すためのギアが、下の同タイプよりも上級です。

▲写真で歯車がすごく歪んで見えるけど、実物は大丈夫です。
汚れが立体的に歪ませる、これは「良いものを悪く見せる」逆の作用。

このセリフを証明するためにも、再度写真を撮っておかないといけません。

参考資料:銘のあるユリスナルダン・マリン・クロノメーター

本来であればフリマにて10万円以上の価値をつける優秀な歴史的時計。
パチが多いのが玉にキズ。逆に言えば真似されるほど優秀な時計だったということです。

当サイトの方がワンランク上のグレードで格安。お見逃しなく。







表紙