オークションで仕入れをすると市販はいくらになる?
(さくさんのつぶやきVOL1から)


高い?安い?


日本の値段は、高いのであろうか、安いのであろうか?いつも疑問に思う。
やっぱり、高いと感じるのであるが、感じるのだけでは、客観的にも説得力にかける。
そこで、オークションで仕入れが行われたとして考えてみよう。

例えば100万円落札なら・・・・

落札者は、20ー25%の手数料に消費税・郵送料がかかります。

合計130万円ー135万円


出品者は、100万円から20ー25%の手数料にOVH代・カタログ写真代が引かれます。

合計65万円ー70万の収入です。

業者さんが、店頭並べる時は人件費、利益、OVH等の諸費用を入れますので
1.5-2倍として
195万円ー270万円
でしょうか。
コレクターから安く買う場合には、安く店頭に並ぶかもしれません。
(これが、一般でいう掘り出し物だね)

こうみると、落札価格から、ずいぶん高くなるものですね。

従って、出品者はコレクター間で売りたくなるでしょうし、信用できるコレクター同士ならバッチリな訳です。
しっかりした、有名なショップですと、オークション取り引き表をもとに下取ってくれますが、
胡散臭い(有名でも)ところでは、欠点を指摘しながら買いたたき、標準値段で売り出すようです。
それが、ユーザーの反感を買うのでしょうね。自分のものに愛着を持っていればそれだけ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人件費が世界トップクラスの日本ですので、利益的に比較しますと、
きっちりメンテをしてから出し、仕入れの1.5倍〜2倍の販売値段というのは、
安いのかもしれません。

海外では、販売値段を仕入れの数倍に設定したり、メンテが無いのが当然だったり、
基準はまちまちです。が、仕入れと販売値の倍率ですと日本より大きいです。

仕入れより倍率を高くしても、海外が日本に比べて一般に安く感じるのは、
仕入れも安く(トレジャーハンター系だから)、人件費も物価も安いからなのです。

総合的に日本では、利益を求めようとあれこれ考えて、更にいい事だけでなく悪いことまで
実践してしまう故、ショップを始め、雑誌まで悪評が立っているように思えます。

どうしたらいいのでしょうか?