懐中時計、取扱いの基本

<4ページあります>

問い合わせのメールの中で大多数が基本の操作仕様の質問です。
’00年7月17日の例では400通を超えるメールを頂いています。
ケースの形や時刻合わせの仕方などの基本的な問い合わせは
150通ほど含まれています。

懐中時計は雑誌の登場も少なく、人気ってあるのかどうかよく分からないのが
これを読んでいる多くの方の気持ちと思います。
400通も来るのはすごい量と思います。懐中時計ファンないし、予備軍?は
実際にはかなり多そうです。

▲その頃のアクセス数をはるかに超える状況になっていますので、
現在はメールの個別やり取りは出来なくなりました。

機械式時計に興味を抱くキッカケは、例えば出張の間に買った時計雑誌を読んだりして
ロレックスなどで「へぇ、高いんだぁ。しかも、買ったまま終わりではなくって
下取りなんかもあるんだぁ。」と家電製品=使いつぶしだった基本の考えが改められ、
興味が出てくるのでしょう。(最近ではTVの特集とか)

そして、時計好きが家の引出しを捜しまくり、見つけた懐中時計を雑誌で調べますと、
なかなか書いてありません。ネットの時代はこんなことで大きな効果がありました。

ネットの出来ない方は調べても雑誌に載っていないブランドなので
価値判断が出来ず、また引き出しの中に戻したり…もあったでしょう。
もったいないです(笑)。

啓発さえすれば、もっともっと懐中時計ファンは増えると思います。
今は増えてきた感じでも、時計コレクター全体でみれば少ないです。

人間は身近に接することが出来るものは理解しやすいですが、
身近に無い物はかなり遠い存在に感じてしまいます。

政治などを想像すると、選挙の応援などで借り出されても、普段の陳情などは幹部が
行ってしまい、素顔の政治家には実際に接することはほとんど無いでしょう。
従って、政治離れなど顕著なわけです。
ある会社が倒産しても、その問題は身近に社員の友人がいる人と、
いない人では感じ方が違うでしょうし。当たり前の例ですが、懐中時計もそうです。

懐中時計を身近に持っている人は腕時計と比較して作りの面白さを実感できます。
無ければ良さを実感することは無い訳ですネ。

懐中時計のいいものが集まるのは国力に現れます。
特に古い懐中時計では西郷隆盛がロンジンを持っていましたが、
ロンジンは決して超一流ではないです(いい物は特注でありますが)。
上級機種にアガシがあります。当時の日本では最高級品が入ってくることは少なかったです。

欧米の超一級品は、100−200年前は日本より中国へ送られていました。

入手できなかった当時の高級品が現在は手に入ります。パテックとかブレゲとか。
ロレックスデイトナよりも安い値段で沢山の懐中時計が手に入ります。
この美味しい時期を逃す手は無いと思いますが、大体100万円を超える大物は
なかなか無いほどですから、腕時計と比べると美味しすぎるかなと思います。

▲腕時計は100万円を超えるものが一杯あります。

懐中時計の最大の魅力は、自分のものにしてから売るときに損の部分が少ないことでしょう。
多くある金無垢の懐中時計はケースの金部分でもグラムでの販売ができます。
また、腕時計よりもはるかに数が少ないわけですので、レアでいえばすごいレアなです。
レアもの大好きな方には魅力的。

▲損が少ないのはコレクションにとっては重要ですネ。

欧米では日本に比べてはるかに懐中時計ファンが多いです。
オークション始め、アンティークショップも多くあります。
国民性なのでしょうが、古いものは大切にされ、特に家具などは
100−200年前の物がどうどうと現役で活躍しています。
これは家にお邪魔すれば容易に見ることができます。映画でも分かりますね。

懐中時計ファンは懐中時計が出来たときから常に存在しています。

一番のコレクターは中国の皇帝です。
なんと!!!100人の時計技術者を常に宮廷に待機させ、
メンテをさせていたそうです。数にして1万数千点だったかな…。

このようなコレクターはちょっとスケールがでかすぎですが、
今後も安定して懐中時計ファンは存在しつづけるはずです。

さて、前置きが長くなってしまいました。
次のページからは基本を写真でご説明していきます。





(表紙へ)      (2ページ目)