同じ機械なのに、ブランドの値段差の謎

同じETA社製の機械が入っているのに、ブランドによって
価格の差が大変大きく出る場合があります。これって何故なのでしょう?

回答:

全国のブランド大好きのみなさん、コンニチハ。

クオリティーの判断の仕方のページを基準にすれば、殆どの腕時計が
イマイチの価値になります。
腕時計の価値判断は時計そのものより、ブランドネームの差が大きいです。

現代は、ブランドの名前を使用するだけでも価値がある時代です。
ブランドを売り出すために今までに費やした宣伝費などを考えれば
ブランド格差は当然でしょう
し、それが製品に反映しているわけですから、
値段の差をブランドの差で置き換えてもいっこうに構わないとも思います。

ブランドネームの差で何十万円も許せんっっ!!という方は是非懐中時計の
すごい機械の物を手にしてください。

懐中時計は腕時計のブランドの違いの金額の差のレベルですごい差になります。
ミニッツリピーターでも。超有名ブランドの普通の腕時計より、
ずっと安い値段で、ずっと凄い機械が入っていますよ!!

違う目で腕時計を見れると思います。

同じETAでも、違いはあります。クオリティーの判断の仕方の部分で説明しますと、
機械のプレートの裏の研磨…表の研磨…脱進機周りの差(テンプ素材)、
石のセッティング方法(石数も)…それでも差が小さすぎます。

しかも、その差って機械プレートに記載される石数、調整数、
クロノメーター検定書などでしか判断が付きません。
これらがどのくらいの値段の差になるかは判りませんが、
メーカーのコストの発表の資料では結構大きいです。

本当かなぁ〜〜〜(笑)。
ちょっと金額を増やされていても、おかしくないかもね。
(メーカー発表は、あくまでセールストーク側です。)

それに、納入数によってランニングコストが変わるのは周知のとおりですので、
小ロットにもかかわらず、安く売っている所が凄いと感じます。

結論は、そもそも値段の差が機械の差として見てはいけないということでしょう。

質問される方の気持ちはよく解ります。わたしも同じ疑問を過去に持っていましたから…
コレクターとしては無名ブランドでも中身の機械が高級品と同じものを使ってある
腕時計を探すのが賢い選び方になります。
しかし、転売の際は安いままということがサブイですが。

後世に機械で選ぶ人が増えて、爆発的人気機械採用腕時計!!
として機械別で販売するような事になれば、無名でもかなりの値段に跳ね上がると
思います。そうならないかなぁ〜。