ブレゲ博物館(エマニュエル・ブレゲ館長)での鑑定スピードが上がってる模様。
従業員を増やしたのか約3週間で鑑定結果がきたコレクターもいる。
従って現在、ブレゲ博物館での鑑定を済ました上で、正規代理店へOVHを出す基本に戻った。
しかも、6ヶ月ルールすら打ち破る真贋スピードは、我々コレクターにとって大歓迎である。
いつまでコレ(鑑定結果3週間)が続くのか、様子見の状態です。

ブレゲ最新ニセモノ情報

ジョン・ハリソンにも見事なパチが存在する。
下部で登場するブレゲ同様、T林さまの所蔵品。まさにパチ収集家?の懐は深い。

ちなみに銘はPohon Harrissonと刻まれている。

=ポョン・ハリソン

=こちらはスペル正確な「なんちゃってJohn Harrison」

「なんちゃってハリソン」の凄いものを追加写真紹介(T林さん提供)。

=ブレゲのクロノグラフ腕時計用パーツ(贋作化キット)

▲懐中時計に比べて、腕時計クロノグラフは簡単にニセモノが出来る。
悪徳業者「チョロいです(笑)」とかなんとか。

このパーツ1個でebayはUS$200.00(2万円)相場だ。
18K無銘クロノグラフを超高額品に変身させれる。本当に簡単で面白さ一杯だ。

では本題。ブレゲの鑑定法が変わったのは当サイトにて先報告した。
スイス送りでニセモノなら没収という法律からだ。2008年に成立した。
その影響は、次の年(2009年)別の場所に出てきた。

フランスにあるブレゲ博物館(エマニュエル7代目ブレゲ館長)では、
鑑定依頼が殺到し、処理が難しくなった原因をニセモノの大量生産にあると不満だった。
だからこそ、この「ニセモノ没収&処分」決定は大歓迎。

カルティエの贋作没滅パフォーマンスは、重機で踏み潰すという過激さだが、
そのおかげで、ebayやアンティーク店のカルティエ贋作が激減した効果があった。
ブレゲも減るだろう。これはいけるはずだ。

私も2点の鑑定&証明書発行依頼をしていたが、しかし、とにかく連絡が異常に遅い。
以前から「未だか」というコレクターに「待てよ、証明書で何倍にもなるんだから」と
コレクター諸氏に口を酸っぱくしていたエマニュエル館長の毒舌だったが、
「10万円も取って半年〜7ヶ月は遅すぎだろう、パテックでも1ヶ月、スイス送りで3ヶ月だ」。
「しかもだ、OVHつきでね。どうなってんだよ?」とコレクターらも負けていない。

まぁ、世界中のコレクターと双方がワガママ合戦を展開していた状況だった。
しかし、今年だけは変遷期。一言の愚痴も言わずに、エマニュエルから連絡が途絶えるのだ。
その原因が、ニセモノでは没収という新たに設定されたスイス法律だった模様。

つまり、いくら鑑定のためとはいえ、本物と自信があるとはいえ、
正規代理店のスイス送りで没収を食らってはたまったものではない。1%の可能性だって。
それで、あらかじめ真贋をしておこうとしてブレゲ博物館の申し込み殺到という結果となる。

当然だ。結果、博物館はオーバーワークになってしまう。

しかも、パートのおばちゃんを多々雇って、
秘匿の鑑定ポイントを公開するわけにはいかないし、学芸員の資格も要求される(たぶん)。
「1枚の証明書で10万円なんだから、博物館の従業員を増やせよ」というわけにはいかない。

エマニュエル館長は今までのコレクターの「遅いコール」に加えて、
「この証明書のおかげで価値が上がるんだからゴチャゴチャ言うな」わがままで対立、
それすらも出来なくなっている激動の2009年を迎えているはずです。
そんなネタをサイト表紙に書いたら、数日でブレゲ鑑定依頼が私に殺到。

16件のうち、明らかなニセモノは14件だった。相変わらずニセが売れてますねぇ。
というより、注意点を書いてるのに、どうしてバカなヒッカケに何十万円も出すのか、
店だったら買わないだろうのに、ebayやヤフオクでは買ってしまう。
本物が珍しく1件含まれてた。お見事。そして微妙が1件。

16個の内、有望を2点鑑定しましょう。


微妙本物1個目依頼。小型。Breguet No.1966

2009年5月30日

佐久間様

お世話になっております。お久しぶりです(2回目)
最近、ブレゲの時計と思われる時計を何点か手に入れました・・。

おそらくなのですが、ブレゲ製だと思うのですが、どんなもんでしょう?
1つはNo.1966.
(今、ブレゲ博物館に鑑定依頼しましたが、時間が掛かるようです。)
女性用で、とても綺麗です。やはりブレゲはとても重量感があって、良い感じです。
ホールマークは馬?何でしょうか・・・。

もう一つはもうすでに本物と分かったのですが、
(また写真はお送りします)そちらは男性用の超薄いものです。
(1920年製でということでした)

宜しく御願い致します。J



文字の黒さが異様であれば、100%どこかのパチ業者が入れたもの。正直、ヘタに見える。
通常の業者は、お得意さんに頼まれても「パチ」の協力はしない筈なのだが、
これは内蓋に銘が入っていたから入れることが可能だったと思う。

=1重円は小さいためだろうか。

▲一点の不確かな部分はあるが、重要鑑定ポイントとは異なっているので、
非常に微妙な気持ちになった。内蓋でも3−4タイプのバージョン違いがある。
まったくオリジナルと一緒でも贋作があるので(ブレゲ事業部Sさん談)、
こればかりは顧客帳簿などと比較しないと仕方がない。

=ケースナンバー。異なるが気にしてはいけない(後述)。

=ワッカ部のホールマーク。ワシ頭だ。馬ではない

=外蓋。SGひし形に記憶があるぞ

▲当サイトにある”ひし形”は渦巻きBだったので(または無い方が無難)、
根本的に何かが不安だが、大きな鑑定ポイントではないのでスルー可能。

ポコ式の場合は、BreguetNo.XXXXではなく、BXXXX表記が普通でひし形が追加してある。
開閉式のケースでひし形はあったかなぁと言う程度だが、実は……

=内蓋ホールマーク・これもワシ頭だ。

一般18金無垢の”ワシ頭”は、パリ向け専用ホールマークなので合っている。
特殊ケースはフクロウだ。しかし、問題の丸秘が画像に無かったので、帳面以外は判別不能。
ブレゲ社の”クルリB”は見当たらなかったが、この時代だけは無くてもOK

=ちょっと重要ポイントが見えにくい。

<鑑定結果>サイト用に分かりやすくするため追記しています。

J保さま、佐久間です。

サイトを読まれていらっしゃると思いますが、
重要な部分を斜め読みで飛ばされなきようお願いいたします。
では、さっと結果をお知らせします。

ダイヤル=怪しい。書き加えられた典型のようだ。

ホールマーク=肝心のボウ軸が不明

他ホールマーク=微妙(フランス・パリ向け金無垢は正確)

裏蓋=やや正確(1重円が微妙だが、初めて見たので)

機械=本物さ微妙(肝心な部位が見えず微妙)

結論=本物鑑定が降りる可能性あり。しかし没収可能性あり。
正規代理店は避け、博物館の鑑定を1年ぐらい待つ方が無難です

印象=ダイヤルを見せると贋物印象を残させる

ダイヤルにはロゴが最初から無かったのだと思いますが、
仲間に「ロゴがないからニセモノ」とか「価格を上げるための操作」
などから痛いロゴにした可能性があります。

注意=フランス向けバシュロン・コンスタンタンにブレゲ銘を入れたのであれば、
価値はブレゲどころか、バセロンより遥かに落ちてしまう。微妙な冒険アイテム。

ケースやHMの基本はすでにサイト内で解説してるから転載しておく。

プラチナケースのウンチクから抜粋

更にはフランスでは輸入金と国内向け金では使用するホールマークが違う。
ワシ頭(18K)はパリ向け。フクロウ(18K)は輸入。エナメル装飾の素晴らしいものは、
さすがにパリといえども輸入しなければならないので、フクロウが時々見かけれる。

素晴らしいエナメル装飾や高級ダイヤがはまっている18K無垢ケースを除き、
変哲のない金ケースでフクロウだったら「なぜワザワザ輸入ケースを?」と考えると、
いろいろな裏の世界を垣間見てしまう。この辺は趣旨が違うので、まぁ置いておきましょう。

ゆえに多くの場合、ケースメーカーは独自のシリアルナンバーで管理するしかなかった。

よく時計機械のNo.とケースNo.が違うとオリジナルじゃないと言われるが、
各国の法律事情によって異なる方が普通なので、腕時計時代と一緒に考えてはダメ。
パテックフィリップでも別のナンバーがケースに振られており、顧客の要望によって、
機械と同じシリアルナンバーを追加してケースに刻印した。

ダイヤ装飾から抜粋

フランスの輸入ケース18Kフクロウ刻印により、普通にパリから一流宝飾ケースメーカーへ、
特注されたものと判断できる。
2ページ目で紹介するこのような一点特殊物は、各社が管理シリアルナンバーを付けるので、
ケースと機械の番号が一致しないのが普通です。ブレゲやパテックでも同様。

詳しく知らない人はリンク先を読み込んでください。
ケースと機械がオリジナル同士なのに、番号が違う=ガッチャマンとして買い叩く、
そういう業者も多いので要注意。戦前の懐中時計に当てはまります。
この辺りは常識レベルなので、知らないのじゃなく、知っててやってるはずだと思う。
我々コレクターとしては、結局、品質などの総合判断で判定するのがベストです。

フランス製ホールマーク色々

18KGOLD=⇒パッと見ると三角形のくぼみに見えるので覚えやすいけど。
950SILVER=⇒近代はイギリスやスイスと合わせて925になってる。
800銀では同じ女神マークの下手さ加減で判断します。
結構、マークを見慣れないと無茶な話ですよね。
950Platinum

あとカニ(蟹)=950もいるし、ワシの頭が割れてると金銀のコンビだし、
ようするに難しいです。まぁ、それを調べるのも勉強になりますし、
どんなベテランでも査定ミスする深さが有るのが魅力。
しかも、私は過去に”銀”としていたら”ホワイトゴールド”だったという
苦い経験を思い出します。

T林さまの愛用品(見事なパチ)に再登場願おう。
こんな場所でも使ってしまって申し訳ないが、多くの依頼者さんらが読んでないので仕方なく。
T林さまのメールでは「売主さんもニセモノと正直に話し、それを納得して…」おっとっと、
納得してはいけない贋作売買でした(失礼)。だけど、正直潔いのは歓迎です。



典型的なブレゲやパテックのパチは懐中時計を流用して腕時計にして流通させてること。
大掛かりに大量に出回っているので、まず本物はありません。否、絶対無いと言い切れる。
パテック贋作は、アガシやロンジンの機械。特にカタツムリ式緩急計があると最高。
ブレゲはやや新しいクロノグラフ。初期クロノグラフの腕時計としているので、高くて美味しい。

懐中時計エリアでは、10年前なら未だしも、現在は啓発されすぎて高額化しないので、
強引に腕時計にして、それだけで高く売れてしまうから面白いように業者は儲かるらしい。
腕時計雑誌では平均的なクロノグラフを、ピラーウィルが採用されて素晴らしい、
とかなんとかハッタリでやったから、ライター諸氏の煽り記事には批判が集まった。

ティファニーとロレックスのダブルネームとか、ブラックダイヤルが希少とか、
山ほど有った時計たちが、現在は全く見かけない。どこに行ってしまったんだろう?
量産できる時計を煽らねばならない店、広告費を稼ごうとする出版社の弊害です。

ところが、現在でも腕時計エリアで流通させれば、バカでかいパテックやブレゲ、ランゲ、
懐中時計エリアでは「こんなのに騙されるなんて」クラスでもビット殺到。
腕時計趣味人はブランド知識と価格、タイミングスクリュー程度しか勉強しない傾向大なので、
ポケットウォッチの並品でも「こいつぁ、スゲェ!!!」となってしまう。

振り込め詐欺に未だに引っかかる人々が多いのと同様で、啓発は難しいと理解している。
「自分は賢い」と自惚れてる人ほど引っ掛けられやすいと何度も書いているが、
詐欺師の素養とは「事実を捻じ曲げても平気な人」である。後ろめたさを感じないそうだ。
物を鑑るのと同様、人の価値も様々な部分で判断できるものだと思う。

お世話になっております。J篤志です!
こんなにご連絡が早くびっくりしてしまいました・・・。
仕事で数日間出ておりまして、ご返信が遅れまして申し訳御座いません。
返信のアドレスですが、どちらへお送りしたら宜しいのか分からず、
こちらへお送りしております。
(実は、どうやってサイトで見つければよいのか分からず・・・)⇒ココです。

佐久間さんのサイトを実は見ておらず、状況も把握せずに勝手にメールしてしまい、
申し訳御座いません。
お忙しい中、お時間を割いて頂き、本当にありがとう御座いました。

下記の鑑定、ありがとう御座います。 どうも、怪しいようですね・・・。
やはりブレゲは難しい様です。 
本物に当たるかどうかは、しっかりとした目と運両方が必要なようですね・・。 
写真は何度も送ってもらったのですが
(といっても、私が判定できるかどうかが問題ですが・・)

どちらにせよ、本業激務中にお時間を割いて頂きまして、ありがとう御座いました。
お手数おかけいたしました。これからもどうぞ宜しく御願い致します。

今サイトを読んだら、もう既に私の写真が載っていてびっくりしました・・・。
先日のメールに佐久間様の状況も知らず勝手に安易なメール、失礼致しました!
本当に申し訳御座いません。

これからは失礼の無い様、心がける様致しますので、どうかこの無礼お許しください。

さて、2個目のビンゴ候補は中型高級ドレス/18Kユニークケース。Breguet No.991
これは参考に画像だけでもアップしたいと思う。
後に持主さんより送られてきて、正規代理店OVHコースとなる予定。

時代が進み、飛行機を作り始めるブレゲ社。その頃には18Kケースに”フクロウ”が多くなる。
その根本原因はヒットラー占領下のパリ。特殊ケースじゃなくても金を輸入する事となる。

フクロウHMのケースを持つブレゲ懐中時計・手巻きドレスウオッチ大人向け。
最後に紹介する。本物かどうか、乞うご期待。

・・・画像を入れて解説を付記したら終了予定。
ニセモノであれば、本物と同品質の優れもの(特殊品を除くノーマルにて)。

=本物と遜色なし18K無垢44mm

ベゼルにはヘアラインの装飾。金アップライトのインデックス。針は精密にOK。
ダイヤルのデザインは普通に存在する高級機種レベル。
ハイグレードな機械、刻印も良い感じ。こちらも本物と比べてもOK▼

=ホールマークも多い。

▲19J、8Pos(19石ハイグレード温度+8調整)。仕上げもパーフェクト。

=裏蓋も出来からパチ臭さはない。

▼2009年に当サイトで扱ったブレゲ本物での類似品本物鑑定書つきアイテム)▼

本物。鑑定中のものと差はない。

ほぼ、ムーブメント上に刻印されている記述らの場所が違っているだけで、
書かれてる内容は、依頼品と本物とは一緒だった。疑問点が殆ど無かった。

残りのチェックは、機械の表側に違いが有るかどうかだろうが、
誰もが同じで、購入する時点で観察するわけにいかないのがタマにキズ。

   

鑑定結果出る

=問い合わせスタート時

=添付資料2枚

=刻まれているマーク達

=唯一、不明な刻印。

前半部に赤で強調しておいたが、このマークだけが怪しいと感じていた。しかし時計の程度は充分合格だ。
本来のマーク↓も付いていないレベルが多々あるので、何らかの理由でバージョン違いのものかと思った。

=既出。これが本物ホールマーク(とはいえ、本物でも滅多に刻まれてない

ニセモノを作る側を想像してみれば、この1点だけを手抜きするだろうか?
まったく同じにするのに技術的な問題はないと思う。
これは心理的に理解できそうにないが、敢えて違いを入れる技術者心理?

正直、コストはオリジナル並に掛かっているはず。凄すぎます。

=ニセモノ証明が出たのだが、いまだに信じられない。

持主さんはショック死

ブレゲ証明書が付いていない時計は、どの店でも安めに設定してあります。
くどいですが、真贋を問い合わせしてニセモノと言われる可能性は非常に高いです。

見えないところは手を抜くというお約束が通じない贋作なのか。
どうしても再鑑定チャレンジをしたくなった理由は「自分の判断を信じたい」から。

(以下、これの表側です。所有者Tさん撮影提供)

=パチがここまで作りこむだろうか?





これから、どうすべきでしょうか。ホールマークを先輩から一つ一つ教えてもらおうか?



=知識がある人間を引っ掛けるか、無知な人を狙うか。

ブレゲに関しては、無知な人をターゲットにする時はバレバレの低レベルで行い、
大きく利ざやを取る。そうやって儲けるもの。

時々、知識のある人間をも手玉に取るようなハイレベルをリリースし、
利益はマイナスにしかならないだろうけど、妙に鬱積した憂さを晴らしていたのだろうか。

今回は、恐るべきレベルの贋作と言えましょう。

ここまで16個中、途中にあったJ篤志さんのブレゲNo.1966以外の15個はニセモノでした。
(J篤志さんからの依頼は受けていないので、彼のが贋作確定なら、16個全滅ということになります)

PS:今回の結果を受け、売主と(70万円で買った)持主さんの間に一悶着あったのは当然でしたが、
両者とも真贋鑑定を手伝った私に対しても恨みが来ているはずです。読者を装った悪口はご勘弁。いつもか…

資料が紛失しているだけで、もし出てきたら本物と認定変更なレベルなので仕方が無い、とフォローしておく。

17個目〜鑑定結果出る

こちらは同時に鑑定兼OVHで出していた、本物として私が鑑定していた自信アイテム
通信メモの文章が違って、「本物でした」的なものが嬉しい。

=本物の場合、メモが異なる

スイス送りの途中で、事故等で時計が紛失したりしたらという場合に備えて、
等価のある時計で弁償しますとか、細かな観察部位の言明がなされている。

本物となると、VIPなサービス体制の恩恵を受けれるのが重要。

18個目〜鑑定結果/到着

こちら(BreguetNo.912)は別ルートの為、結果が私に来ていません。
金白コンビにコインエッジという特注モノなので安心はしているのですが…。



判定期日が来ても「贋作です。没収」の連絡がなく、
所有者さんが正規代理店に問い合わせると、
「スイス本社にてOVH中(待ち?)」とのことです。

上のエナメルもそうですが、メンテ依頼は長く掛かるのを覚悟。
(期間が長いのは、悪徳業者対策でもあるから、仕方がないでしょうね)

=祝♪本物

=鑑定クリアーしました。

私の鑑定ミスは18件中1件だけでした。1件はしょうがないと思うので、まぁヨシと。


<オマケ>
チラシ・サイトやネット・オークションは、おおよそ顧客主義ではない可能性があるので、
間接的な見分け方でも充分です。

=リューズも凝ってる。B入り

▲わざと擦れている感じにするのがポイントだ。

=ブレゲ・ロゴの下には通常何?

▲しかも、ロゴ文字が重なってたりで、容易にウソンコだと見破れる。
加えて6時部に「exercito brasileiro」はブラジル陸軍の意味。ポイント加算だ。

=区別が出来る?

▲コレとは違うが、ブレゲのクロノグラフといえばアナエロバル・タイプXX。
これはリ・スタート機構採用なので、第三者に機械を見られれば直ぐにバレる。

=どうやら、この贋作化キットが使われたのだろう。

しかもタイプXXは安い。安いというのは持ってる人を怒らせそうだが、需要部分の意味が違う。
ブレゲの中で安いという意味と、悪徳業者のメリットが少ないという意味がある。

つまりパチは、タイプXXではなく、400−500万円の古いクロノグラフに似せるのがお約束だ。
ディーラー価格でも1,000万円超えがある。

知識途上の腕時計トレジャーハンターをターゲット。

=これは信じちゃうよね。

ここまでだけでも怪しい部分は多々ある。決して騙されてはいけない。

ダイヤル6時に「SWISS MADE」って入ったっけ?とか、バルジュー23に余り手が加わってない、
緩急計系から推測すると、ロンジンのクロノグラフから流用した贋作かな?とか、
黒く目立つBreguetロゴの下にChronographが入るのも見たことがない…とか。

裏蓋の数字からは何も掴めないし、そして、18K横の「132」って?などなど、
それぞれの知識によって、疑問が湧いたり、素通りしたり、確認したり。
どうやら軍用ヲタをもターゲットにしているのが姑息な用意周到アイテムといえましょう。

ちなみにロレックス・デイトナは、後期バルジューというのが常識だ。
オリジナルにはヒゲが絡まないように(謎)棒が加えてあり、すぐに真贋が分る。
古いロレ・クロノにはソレがないので区別が大変に難しい。

まぁ、懐中時計のサイトなんで、多々依頼してくる腕時計鑑定依頼は勘弁してください。
返事が大変なんです。ebayで出る度に何件も来るのは驚きだけどね。

なんにせよ、一昔前のデイトナ完全パチで流通したレベルなので、
この18K無垢クロノグラフ・レベルなら12〜13万円以内で収めた方が良いと思う。
(冒険だったとしても、ネタとしても、面白くないから心が荒れる筈)

贋作と知った上で、もっと知識のない日本人をカモにしようと仕入れる業者もいる。
20−30万円で仕入れ、100万円で売れば(条件ノーリターン)、笑いが止まらないだろう。

そうそう、書き忘れてたが機械を見せないネット・オークション販売の場合、
いろんな意味で避けたほうが良い。実店舗があろうが無かろうが。

Breguet Aeronavale Type XX Swiss replica

↑↓ニセモノTypeXXです。新品同様。パチと明記して売っているので良心的(あ…)

Breguet Aeronavale Type XX Swiss replica=販売値はUS$400(4万円チョイ)。ニセモノ鑑定は困難だ。

まことに多くの業者さんが仕入れております。40−100万円台で販売が盛ん(日本でね)。
後にニセモノと判ったとしても返品を受けなくて良い、素晴らしいシステムなんで。

「スイス本社でメンテをした」って言葉だけで書類はあるのか?
オリジナル化粧箱の完全セットは本物なのか?全て揃えた贋作屋があるんだけどさ。
「ホコリが入るから機械は見せられない」を繰り返し強調するのも微妙に怪しい。
理屈ではアリだが、贋作が多いから買う前に観察させてよというのが顧客本位だ。

ブレゲだけじゃなく、パテックやバセロンやランゲまで。
新品TypeXXの例のごとく、外見や化粧箱は、機械を真似るより簡単なのだからね。

修理OVHでも同じパターンがいえる。
OVHの名目でパーツ一個作って数万円も取る場合なんて、要注意な店が多い。
正規メーカーでもないのに、先人の作品でメシを食ってるんだから、それなりにすべきと思う。

完全に欠損したパーツを、知識と経験から作って、壊れた時計を動くようにするなら別。
何万円取ろうと好いだろう。

問題視するのは、壊れたパーツがもともと欠損せずにあった場合だ。
それの複製を作るだけで高額な請求をするのは、あまりにもやりすぎじゃないかと思う。

<結論>

贋作では出来ないハイレベルならOKだ。ニセモノでも単体で価値があり、買う側も損が少ない。
18K無垢ケースが最近は流行しているが、以前は滅多になかったから狙いどころなのだろう。

(平凡基本)ダイヤル加工やクロノグラフは基本レベル、トゥールビヨンも。アンクル式ゆえ。

(平凡流用)バージ、1/4リピーターやエナメル絵画は昔の他時計師の懐中で作る。

(希少激安)永久カレンダー、スプリットセコンズは、形だけで機能していないが製作面倒。

(希少流用)ピティ・ソネリーは昔の他時計師の懐中ムーブで作るが、滅多に目撃できない。

(贋作なし安心)高額品のデテントやミニッツ・リピーターは贋作がまだ見つかっていないようだ。

(贋作できない)超高額品のグラン・ソネリーは単体でブレゲの高額相場を越えるので。

一方、本物ならラッキー、贋物ならガッカリという真贋不明の前提で販売が行われ、
本物よりも安い値段で出ていたとしたら、買った後にニセモノだったからと返品するのはルール違反。
買った人の自己責任ですが、その代わり、本物であれば安くで買えたと鑑定眼や清水の舞台から飛び降りる勇気、
人生に対する見識眼というか、恐ろしいまでの幸福感とか満足感に包まれるのだ……手が震えるほど。


ギャンブルと違って、知識があれば損が少なくなる趣味であります。



表紙