ドラゴン退治バック装飾ハイグレードOF

精度1日1分以内。直径47mm。1890年ごろ。ダボ押し式。
機械は正体を調べたくなるハイレベル。










参考資料

パテックフィリップの聖ジョージのドラゴン退治の絵柄が同じ金型から出来てるように
見えたりするよね。単なる絵柄とスルーするのではなく、その絵柄を知ってるか知らないかで
大きく扱いが変わります。

US$7,200-8,500



ちなみに、安い作りの聖ジョージ・ドラゴン退治も見つけました。
価格にあまり差がないのはムーブメントの保存状態と思われます。

US$7,000-8,000

これは1万円でお譲りコーナーに出したのに、注文が中々来なかったのを覚えてます。
非常に”どうして?”という印象が強く、みんな、こういった西欧の逸話とかを知らないのかな。
なにはともあれ、ブランドって何さ?という問いをしたくなった事例でした。



表紙へ