エナメル絵画のウンチク

注)画像をクリックしますと、作ったページに飛びますが、スモール窓以外の
ページが出現した場合は「戻る」で戻ってきてください。明後日の世界へ飛んでしまいます。
作ってないページの物はリンクしておりません。

やっぱり、懐中時計といえば、美術工芸品。
その美術工芸品の名前で直ぐにイメージするのはエナメル絵画のついたやつですね。
エナメル絵画・・・でも、絵ばかりではありません。
ブルー1色で綺麗な表現をしている物もあります。

↓クロワゾネ技法という金の線で仕切って色々な色で描くもの。


↓シャンルベ技法細かい描写はこちら。色々綺麗なものが有ります。


技法の事はわたしもよく解りません。
どっちが優れているとも有るかもしれません。ただ、クロワゾネは少ないですね〜。

エナメル絵画などの装飾の有るものが全て良いと言う事には反対です。
金無垢と一緒で、機械が重要なのは変わりません。
やはり機械があってこその懐中時計ですから、機械も良くないとネ。

今まで見た中では、ブレゲのエナメル絵画が1番綺麗に描かれていました。

ところで、エナメルってなんでしょう?
簡単に説明するならば、ポーセリン、陶製、、、という説明でよろしいでしょうか?
いわゆる、(ゆう)という特殊なガラス質の絵の具で描いて釜で焼くんです。

温度差で普通の陶製の壷などの製品でも
割れた!!!とかヒビがっっ!!!ということがありますように、
懐中のエナメルも割れることとの戦いでも有りました。
金属板に絵を描いて、片方だけですと割れやすいので、
金属板の裏にもしゅりしゅりっと柚を塗り、バランスをとっていたとの事です。

エナメルの文字盤ではよく裏面にも塗られている事を見ることが出来ますが、
↓のブレゲ等には裏には柚が塗られていません。焼きつけた後でとったんでしょうか?
それとも、もっと良いやり方をしていたのでしょうか?

その後、時計製作の第一人者OSさんに薄く塗るものには、裏塗りが不要なこと、
また、材質によってエナメルに適した地盤金属が金であることを
アドバイス頂きました。
銅は歪みがすごくて難しいなど、実際にされていらっしゃいますので、
言葉にも重みがありますね!!



まぁ、現代ではこの時代のエナメル絵画は修復も出来ないそうで、
割ったらお終いと言うことでは、慎重に扱わなければなりませんね。



綺麗なブルー色のバックに、ねずみ色の人物画です。
このねずみ色というのが実は1番評価が高いことをご存知でしたでしょうか。
まぁ、評価が高いといいましても、彩色画でも17世紀のユオー兄弟のような凄い作品も有りますので、
一概には申し上げれませんが。ねずみ色を上手く使った作品の例が↑のブレゲです。

彩色画では、逸品的には↓の中国向けの美人画です。
とにかく女性の柔らかさが出ていまして、画力にもビックリです。
男性諸君は同じ気持ちを持って頂けると思いますが、
首筋にちょっとスリスリしたくなりませんか?
あ、でも、この女性ってモデルはかなり気品の有る貴族または、王妃だったのかもしれませんね。





次へ