脱進機ご案内編
最大画面でご覧ください。

脱進機とは、Weak(独)とかEscapmentとか呼ばれている時計機械の
心臓にあたります。元は振り子を見ていたあるおいちゃんが「おおーーー、
いつも同じフリフリをしちょるじゃないか」と等時性を見抜いたことから始まります。
ゼンマイなどの強く一瞬で反発して戻るものをこれを組み合わせれば同じスピードで
ゆっくり戻せるんじゃなかろうか…時計のように一定で動くものに応用できるんじゃ
ないだろうか…。そして、そのフリフリ(テンプのことね!)をしっかり動かす元の
なにか(=ガンギ車とか)も含めて「脱進機」と呼びました。価値の塊とも言える所です。

ちなみに昔のロボットは脱進機がいっぱいくっついていてそれぞれが別の大きさの歯車を
動かして複雑な動きを作っていたんですよーー。ジャケドローが有名ですね。


ピボテット デテントクロノメーター脱進機


PIVOTED DETENT CHRONOMETER ESCAPEMENT




この脱進機は、脱進機自体の衝撃が少ない為 時間が非常に正確なことから、主に船舶用マリン・クロノメーターに搭載されていました。特殊な形状のガンギ車、デテント、振り座の主要3部分で構成されており、大きくピボテットデテントと、スプリングデテントの2種類にわけられます。ここでは、ピボテッドデテントについて説明です。
どの脱進機でも同じですが、脱進機は常に回ろうとしているガンギ車を停止−解除させる役割があります。つまり、ガンギ車が一定のリズムで回転するのは、脱進機の働きによるものなわけです。デテントの場合、中央にあるポッチ(石)がガンギ車を停止させており、このポッチがはずれる事で初めてガンギ車は回れる(写真右側〜左側へ回転する)ようになります。そして、このデテントは テンプ下にある振り石によって動かされます。
デテントの先っぽは 写真左のようになっており、L字型の上に被さってるのは板状のバネで、少し長めになってるのがわかります。ここが、ポイントのひとつで、テンプの振り石が、写真上側から振ってきた場合はこのバネに当たりデテントを下側に動かします。これにより、ガンギの押えをはずします。やがて振り石はバネからはずれ、デテントは自分のバネ性により元の位置にもどります。次に、振り石は下側から戻ってきます。そして、デテントのL字の部分には当たらずバネに当たります。しかし、バネは押されて上側に押されるもののデテントは動きませんので ガンギ車も動きません。すなわち、テンプが一往復でガンギ車は一回のみしか動くことが出来無い訳です。
そこで問題になってくるのは、デテントがはずれてガンギ車が回転する際、歯が2個も3個も回ってしまってはいけません。1個の歯が回った時点でガンギ車の動きを停止させる必要があります。写真左は、テンプ下部ですが上側に見えるのが振り石です。そして、もう一つ振り座に石があるのがわかります。 これは、ガンギ車からの衝撃を受けテンプを振らす役割があるわけですが、当たる事により回転に抵抗が発生し、デテントが戻るまでの時間かせぎになってると思われます。





次へ