ピンレバー脱進機


PIN LEVER ESCAPEMENT




この脱進機は、1868年ロスコフが安物懐中時計に用いたのが始まりとされています。クラブツースレバー脱進機の代わりに用いられ簡素な構造で製作が簡単であるためコストを押さえる事が出来ました。アメリカの某メーカーがワンダラーウオッチとして売り出し、一世を風靡したことでも有名です。
ご覧のように輪列に石は無く、受けは一枚鉄板、テンワはペラペラ、とどこを取っても安い作りになっています。
どの脱進機でも同じですが、脱進機は常に回ろうとしているガンギ車を停止−解除させる役割があります。つまり、ガンギ車が一定のリズムで回転するのは、脱進機の働きによるものなわけです。(3回目)ピンレバーの場合、基本的に普通のレバー式と動きは同じと考えていいでしょう。ガンギ車の停止、解除をするのが ”つめ石”(レバー式)ならぬ ”ピン”なわけです。写真で見ますと細いピンが2本立っているのがわかると思います。
この、折れそうで折れないピンの製作こそが 重要なポイントになる??
写真は、テンプ!振り座は1枚で、振り石ならぬ振り鉄がテンワのアミダ部分に直接付きます。この当たりにもコストダウンが見てとれますね。動きの説明は しませんがどこかのHPにレバー式の解説があったと思いますので見てください。(手抜きッス・・)
参考までに、ピンの見分け方。
持って異常に軽い、石が無い、カチカチ音がデカイ、文字盤が紙っぽい、ロシア製だ、インガーソル製だ、ウエストクロック製だ、タイメックス製だ、リューズがやけにデカイぞ、すっごい安かった、などは、あやしいカモ。
でも、かならずピンとも限らないので そこらへんが難しいとこです。懐中上級者すらやっちゃう場合もアリマス。(ドイツ製とか、ヘブトマスと間違えたとか・・・失礼!)