ETA7750とエルプリメロはどちらが優れていますか?

全国のクロノグラフファンのみなさん、コンニチハ。

懐中コレクターに腕時計の質問をしたら返事はあまりいいものではありません。
詳しくはまずクオリティーの判断の仕方を熟読してください。
あれに従うとETAもエルプリメロも、ほとんど同じです。

強いてあげればETA7750は昔のピラーウイルという部品が使われていません。
一方、エルプリメロには使われています。これが差…ぐらいです。

年代の古いのがエルプリメロで、新しいのはETAになります。
古い方が手間を掛けている時代だったと簡単に説明しても良いでしょう。

しかし、なぜ古いタイプを使いつづけているエルプリメロがあるのでしょう?

考えてみると、古いものの方がなんだか優れている…だけのような気がします。
それは差別化…オンリー。

機構的に優れていると証明できるものって、机上の理論ではなく、
現実に使用して耐久性などで比較してみたいのですが、
両方とも持ち主が亡くなったり、転売するまではほとんど差も出なく
元気に動きつづけるでしょう。これは確実です。

懐中時計の中で、新しい時代の1960年ごろのクロノグラフをイメージしてみると、
学校で使われていたストップウオッチが代表でしょうか。

あの中を見ますと、部品がワイヤー化したりしてコストを削減してあります。
学校ごとに必要だったこと、公費で購入するために大量に注文、
メーカーはそれに答えなければなりませんでした。

タグホイヤーやオメガ、ロンジンなどたくさんのストップウオッチを出していました。
セイコーやシチズンもですね。

実際の使用状況ではそんなに差が出るとは思えませんので、
耐久性ぐらいが評価の別れ目とも思えます。しかし、そんなに差は感じません。

結論としては、コスト的にはエルプリメロの方が高いとのメーカー発表により、
採用している腕時計も高価。

時計的にどちらが優れているとかは、コストが高いほうが優れているとしか言えないでしょう。

実際、価格の大きな差がピラーウイルの存在です。
ピラーウイルは懐中時計の古いものならすべてが採用していますので
(といいますか、それ以外無い…)、採用していないETAはボロいのか?となります。

ボロくはありません。

長い期間、ピラーウイルばかりの機構の時代でしたので、
逆に進化して「凄くなったんだよ」と判断していいと思っています。

●「高級パーツのピラーウイルが採用されている」と雑誌の紹介で見ますが、
古い懐中時計のクロノグラフは全てそうです。まいったなぁ〜。

関連記事:当サイトで販売したロレックスクロノグラフ65.1万円で販売。

上は100〜300万円で店頭に並ぶ希少品。

「XXが100万円なら安いですよ〜」などと掲示板で書き込まれるのを見かけますが、
これをお譲りコーナーに出した時、何故か売れませんでした。
100万円で安い安いといっていた方々は、一体どちらへ行かれてしまわれたんでしょうか。

▲懐中時計のサイトだから(汗)

ゼニスの「エリプリメロ」って、近年ロレックスデイトナが採用しているからということを
公にしたから評価されただけで、昔の「O界のO時計」とか「Oギン」の雑誌では
当時、メンテが面倒とか…で高い評価をしていません(笑)

バックナンバーを取り寄せて読むと面白いですよ!!