「3.8万円の間違いじゃ?」と指摘したら怒られました。確かに50万円超えても可笑しくないです。

最初、14K張りのケースと思ってセリフを言いながらツッコミがてら手に取ったらズッシリ重く、
同じような外見のものが多いために、てっきり彼の鑑定ミスだと思っていました。
いや失敬。自分の不明を恥じました。

彼は最新のコンプリートガイド2007年を出し、自慢げに指差す。
「US$2000ー3200−5000」(だったと思う)なるほど、ミント状態に近いので納得しました。

私が持ってるのは1995年版と1998年版。ネットで初めて紹介し、皆がこぞって買ったのが懐かしい。
しかし、最新版2007を見せてもらっても価格帯が変わってないんだけど、ソレ…。

そのガイドは版の更新が主に新アイテムで、価格は焼き治すだけで写真も間違いが多いし、
完全に依存すると可笑しなことになるので注意ポイントです。
かなりの印税が著者に入ってるのだから、市場の反映をちゃんとして欲しいと思う。
多分、著者等がチェックしているのはアンティコルムとサザビーズ、ドクタークロット、ドロテイムだと思う。
追加されてるものを見ますとね。オークションハウスのコミッションが入っていないので安い設定が多い。

まぁ、同じような仕様なのに金無垢ケースになると、とたんに高額化するアメリカ製のプレミア性、
金無垢の”金”の希少性は如何なる理由があるのか、私の推測を交えて解説しておきました。

ちなみに今回のものは基本的に非売品で、当サイト向けの特別紹介という位置付けだそうです。
「2度と手に入らなさそうだから」と彼は言う。それの代償が仕入れで失敗したガラの山とは……。

エルジン(超稀少)14K無垢ケース21Jコンバーチブル16S

腕時計と比べると懐中時計には姿勢差があり、ポッケに入れたり、デスクに置いたりして変わる。
その差を埋めようと工夫して出来た機能がアブラハム・ルイ・ブレゲのトゥールビヨン(タービロン)。
一方、その機構は非常に手間が掛かり、しかも高額化してしまうので量産できないのがネック。
そこで当時のエルジン(の優秀な技術者・時計師)が考え出したのが”コレ”です。

使用者たちは、普段使う状況でフルハンターとオープンフェイスと時計を変えていました。
ゆえに2個買って持たねばなりませんでしたが、王侯貴族ならまだしも、
一般人では2個も懐中時計を買うのはキツイ。

当時の懐中は月給クラスで安いもの、年収クラスも多々。

そこで、スイッチを切り替えるように簡単な機構をいじるだけで、フルハンターケース用と、
オープンフェイス用に替えれる発想を出し、なんと、それを実現化してしまったのです。

さすが物量の豊富なアメリカ、世界の大国となる量産型、これが第一次世界大戦、第二次…と迎え、
揺るぎのなくなった大国の基本姿勢の具現化だと言えるでしょう。

そのせいでヨーロッパでは高級品は金無垢としているのに、銀無垢・スティール・金張り・金メッキ、
素材を安くしして高級機械を採用するのは、たとえ物量が豊富といえども金無垢だけは量産できない、
そんな経済の歴史も感じるアイテムです。(ゆえに14K無垢を持つこの時計が高く取引されてる訳)

素性:アメリカ・エルジン社製1900年頃。

Dial:ダイヤル&針ともどもミント・コンデション。

風防ガラス:綺麗な湾曲を描きミント、大陸鉄道向け分厚い予備ガラス付き。

Case:50mm(リューズ部を除く)14K無垢?重量級・オープンフェイス。
100歳ゆえのケース磨耗で、描かれていた図柄がいまひとつ判明しにくいのが唯一の欠点。

Move:ゴールド・ジュール・セッティング、大きな金無垢チラネジを備えるアンクル式。
石数21Jの最高グレード。ケン引き時刻合わせ。

リューズ:金無垢リューズを採用していると思われます。

精度:現在のセッティングで高精度を維持しています(吊り下げ・平置き時)。

付記:全てがオリジナルです。

↓写真失敗中で申し訳ありません。

 

 

 


<ケース材質鑑定中>作者が保留する理由。

最初に私が疑問を呈したのは、ケースの材質を疑ったからです。
アメリカ製は品質も大きいですが、希少性が大きな差を生むことが多く、このタイプもそうです。
金張りなら3万円、金無垢なら30万円みたいに10倍以上です。

金無垢と金張りでは希少性に大きな差がありまして、価格も飛び抜けた違いになってきます。
その差は、スイスどころか懐中時計ではありえないほど大きなもので、
簡単な例は腕時計のローレックス。文字盤の違いで大きな価格差を生みますが、
門外漢には「どうして?」という理解し難いもの。

今回も、どうしてもケースに疑いを持ってしまいますが、こういう慎重さはアメリカ製には特に重要で、
本などの資料で触れられていないホールマークも多くあるために、資料を繰るのが時間が掛かります。

これは確かに金張りのホールマークは無かったです。
つまり金無垢と主張してもOKなのでしょうが、では、金無垢だと断定出来る、
明らかなホールマーク形状や資料はあるのか?とすると”ない”です。

彼の鑑定を疑うわけではないですが、純度が明記されておらず、
ホールマークが使用ストップになったりする時代性もあって(特にアメリカ)、苦しい状況です。

明確な基準を示すホールマークでは無い、微妙なホールマークが付いているわけで、
個人的感覚は金無垢でOKなのですが、万が一の場合、差額が大きいだけに保留にしました。

そんなに差がない場合は、購入者・コレクターメリットを考えて金張りの価格設定にしていますが
(過去同様、後に金無垢と判明しても「おめでとう」と拍手を贈るのが当サイトの姿勢)
ここまで差が大きなものは、さすがに取り扱うのに尻込みした次第です。

そんな覚悟で30万円も使う人はいないでしょうし、上のように金張りが金無垢であれば返品はない、
金無垢が金張りならば確実に返品だし、その時には互いが気分が悪くなりトラブルとなるでしょう。

というまことしやかな理由で保留としています。

悩むケースのホールマーク

金無垢のケース:
18Kや14Kと記されている。

アメリカ・金張りケース:
金張りは貼る元となる金の含有率18Kや14Kと、磨り減る期間=何年保証かが記される。

アメリカ・銀ケース:
スターリング・シルバーやコイン・シルバーに含有率925などが記されている。



この時計のケースについているホールマーク:
スイスやフランス、イギリスのものは省略するものが多いし、多少アメリカでも同様のものがある。
試薬にて14Kと判明。ここまではOKなのですが……。

 =裏蓋 =内蓋

含有率の印や何年保証が無く、シルバーでもない。
キーストーン社スター社のケースとしか入っていない。
間違えると、とんでもない価値の差になるので困る典型的なケースといえましょう。

どなたか、教えてください!!!(ソース必須)

「これは金無垢ですよ」とか「間違いなく金張りですよ」というご意見はいただきましたが、
その判断になった元ソースか資料がないのでは、推測の範疇を超えれません

結局、断定できませんでしたが、私は1903年に金無垢の刻印が一部廃止となった部分に注目、
この時計の製造年がその頃に当たるので、刻印へも混乱が発生したのかもしれません。

結論:

金張りとして扱うことにします。3万円にて売りだします。
その理由は、アメリカ製では特に金無垢か金張りか判別の苦しいケースは避けること、
・・・というお約束を破った反省料としてです。しかし、そうは簡単にはいきませぬ。

友人(古美術商)「ミントコンデションのこれをヤフオクやebayでその値段で買ってこいよ!!!」。

私「いや、すまない。やっぱり無理?」

友人「無理です」。

私「とはいえ、やっぱり明らかな刻印のある金無垢ケースが多い中だし、損を被らないとさ」。

・・・激しいやり取りが続く。


なんと”18K無垢ケース”と判明して、一旦、3万円で売ったものの、
当然、買った人と元持ち主がもめた挙句、結局、私の元へ戻ってきました。

再売りですから私のまだ納得してない10万円希望と、
持ち主30万円希望の間を取って20万円で落ち着く(かな?)。



表紙へ