VOL4:こ、こ、これわっっ!幻の…

写真…そう、写真こそ最後のフロンティア…(くどい?)

写真は大きさが判らないです。
そう、例えていえば、セスナの操縦士が写真に撮った
50mは超えていたという這いずり回るヘビとか。

いまいち、大きさが把握できません。

←サブサイトから転載

↓のネス湖のネッシーの写真の様に大きさが比較できるものが同時に写っていると
わりと判断出来やすいです。

女性のお見合い写真を見せられても身長が異常に大きくたって
小さく見えたりするのが写真の魔法ってやつですなぁ。(フッ)

←サブサイトから転載

おっと、今回はこんな話では無いぞのう。
そうそう、今回の冒険の話じゃった…。

懐中時計の中には欲しいんじゃけど
高くてなかなか手を出さないものが有るようじゃ。

そうじゃな。例えばワールドタイムの懐中時計とか。

欲しいけど30−40万円はしていると思うのじゃが、
同じお金があればすごい他の懐中時計までも
ターゲットに入るのに充分じゃけん、
やっぱり他の時計になってしまうんじゃなぁ。

ところが、少し前に久しぶりにとあるフリマを眺めておったんじゃが、
な、なんと、出ているではあーーりませんか。
しかもじゃ!!10万円ぐらいで収まりそうじゃ。

ぽ、ぽ、ぽ、ポチイ

衝動的にビットしてしまったわけじゃ。

これじゃ。すばらしいじゃろ?あんたもほしいじゃろ?





しかしまぁ、球体のガラスを持つこのタイプは少々普通よりも安いんで、
10万円なら妥当じゃろう…思ったわけじゃ。

そして、ドキドキ・ワクワクしながら家に着くのを待っておった。

フフフ、子供のようにはしゃいでしまうわい。
とうとう手に入れたよ〜ん、高くて手が出せなかったワールドタイムちゃん…

























ちとでかすぎたようじゃ…

1Kg…いや、2Kgはあるかな。アメリカからわざわざどうも〜



戻るべ           次へ