ドレス・ウオッチが多く集まっているコーナーへ行くと、パテックらよりもワンランク大きなものが目を引いた。
薄型でガッチリした金無垢、高級な機械で揃えられ、ブランドが関係なく一緒に並べてあったので、
品質では区別がつかないラインナップ。”より大きい”か”エナメル装飾があるか”で値段が決まります。

パテックやバセロンたちの有名どころかと思いきや、違いはフランス製のホールマークがあり無銘なだけ。
ところが、色々と見ていくと面白くなってきました。ブレゲ銘が入ってればヤバかったです(=見抜けない)。

フランス製18Kオープンフェイス大型ドレス懐中時計・個人作

一般的な高級ドレス・ウオッチは、パテック・フィリップやバセロン(バシュロン)の懐中時計のように、
35mmから44mmが主体であり、大きくとも45〜46mm程度なのが散見できます。
薄型ゆえ、若干の軽さが女性向という設定が伺えます。
これは5cm近くもあり、高級・薄型ドレスウオッチの中では珍しく非常に大きな部類に入ります。

フランス製という事からカルティエを輩出する文化とも併せて考慮して推測するに、
ポケットウオッチのドレス系とはいえ存在感が必要…という感覚を重く持つ国民性?と思われます。

コレクターではなく懐中時計として1個押さえておくなら、パテックらのように高額ではなく、
ソリッドゴールド(金無垢)であり、普段使いでポケットに軽く入る、重さもある、懐中ゆえ何らかのウンチク、
ちょっとした特殊な部位を持つ…というメリットを考え選びました。

面白いのは、ダイヤルが銀色なのですが(写真は金色に見えますが光のせいです)、
友人いわく「金無垢なのに銀張りされてます」という。

いわれるまま外してみますと、見えない部分に装触が施されてあり(写真あり)、
なるほど金無垢で重いダイヤルです。これは意外な発見でして、懐中時計ならではの
ダイヤルが金なのに銀張り(またはプラチナ張り・ロジウム張り)仕様でした。

個人作といっても、どこにも銘は入っていません。ホールマークも難しいフランス製なので困ります。

=ホールマークが難しいフランス。この時計はケース18K(内蓋も18K)無垢です。

18KGOLD=⇒パッと見ると三角形のくぼみに見えるので覚えやすいけど。
950SILVER=⇒近代はイギリスやスイスと合わせて925になってる。
800銀では同じ女神マークの下手さ加減で判断します。
結構、マークを見慣れないと無茶な話ですよね。
950Platinum

あとカニ(蟹)=950もいるし、ワシの頭が割れてると金銀のコンビだし、ようするに難しいです。
まぁ、それを調べるのも勉強になりますし、どんなベテランでも査定ミスする深さが有るのが魅力。

しかも、私は過去に”銀”としていたら”ホワイトゴールド”だったという苦い経験を思い出します。
なにせ、ホワイトゴールドの出来た時期(とされていた)より早いものだったし、
見たことがなかったので、いやはや、これは知識として非常に美味しいですから
いつかお知らせするのを乞うご期待。

アメリカ金無垢のケースは合衆国らしく、てんでバラバラ
広大なアメリカでは、国という意識が芽生えるのは第1次世界大戦、
そして真珠湾攻撃が大きなキッカケでした。

それまでは州が国だったので、フランス系とかイタリア系とか、属した元の国の意識が強く、
金無垢などの貴金属のマークは目茶目茶なバリエーションがあります。
一応、エルジン解説で使ったものを転載しておきます。

アメリカ・金張りケース:
金張りは貼る元となる金の含有率18Kや14Kと、磨り減る期間=何年保証かが記される。

アメリカ・銀ケース:
スターリング・シルバーやコイン・シルバーに含有率925などが記されている。





付いているチェーンは後付けで、スイス製か不明ですが12Kゴールドフィールドの刻印があります。
そしてケースが金無垢の懐中時計にありがちな、合計金額を下げるための”機械が安いもの”ではなく、
パテックたちと同等の機械が採用されているのが嬉しいところです。

個人作との判断は、銘が無いこと(時計学校の卒業作品なら銘と学籍番号があるが)と、
手書きの緩急計部位です。他には手間が掛けられてるダイヤル、ケースの保存状態が良いこと。

▲隠れた部分にブランド名が入ってるかもしれませんが、そこまでは探していません。

参考までに、この頃のフランス製(1880年〜1910年頃)には銘の無いものが多く、
パテックやバセロン、オーデマピゲなどのスイス・高級ブランドですら、メーカー名を隠すことが頻繁でした。

1日の精度は数十秒(1分以内)で、なかなかの素晴らしさ。
また、ケースはガッチリしており、中蓋(こちらも金無垢)ですらキッチリ。
機械を見るためフタを開ける際に、傷をつけるのを避ける為に金属オープナー(=こじ開け)を使わず、
短い爪でやりましたので、非常にキツク感じました。
つまり分厚くシッカリした金無垢だということです。これもお勧めとして言えるポイントです。

ドレス・ウオッチの大型フランス製ならではの見えない部分への手間の掛け様は、
見てくれよりも内容を重視した作り手だったと思いました。





ダイヤルは100年で変化して(金と違って)汚れが目立ちますから、
磨いて金無垢面を出すか、近所の時計屋さんで金メッキでリフィニッシュすると良いかと思います。

でも、当時のフランスは、銀色のダイヤルが上品に見えるというブレゲの流れが強かったので、
そのままの方が好いかもねと私は思ったりします。
上と下の写真で見えてるように光の加減の違いから、金色か銀色か、どちらが似合うのか、
参考にしてみてください。(これって、余計なおせっかいと言われるかもですね)。



銘が無いからやりやすいでしょうけど、間違って「Breguet No.XXXX」などと書かれないよう、
リフレッシュにはご配慮を……お気をつけ下さい。
鑑定が得意な人は既にお気づきと思いますが、ブレゲに同じ機械タイプがあります。
価値が10倍になるでしょうが、マジメに違いが分からなくなるのでご注意を。
(一生売ることが無く、個人で楽しむなら可?)


精度を調べるために時計を動かしている状態で撮影してしまい、
大きなバイメタル切りテンプ・チラネジ、アンクルなどが動いて見えず申し訳ありません。

オーデマ・ピゲ(リューズ時刻合わせ) この解説の懐中時計(ダボ押し時刻合わせ)
↑左右を引っくり返してください。同一です。
オーデマのS/N:16776 この時計のS/N:12447

上の表側は、時刻合わせの方式(時代)とケース(フルハンターかオープンフェイス)用の違いを除けば
一緒なので機械の供給元が分かる材料となります。

オーデマピゲのフランス向けの供給先ってどこだったっけ?カ○ティエブ○ゲだったはず。
どこかに”メーカーマーク”が入ってないだろうか。分解掃除先の時計師にチェックを頼んでください。

下の機械側は、人によって鑑定ポイントが異なると思いますが、私は○のような他の時計では少ない、
そのメーカーの人だけが分かるような特徴を探して覚えています。これが意外と役に立ちます。

フランス製でこうなっているのがポイントだ。

スイスものなら、アガシやメイラン、パテック、バセロン、オーデマと共通で、
〇のような、ああいう不必要な部分に手が掛けられているかどうかが鑑定者の第一歩、
本に書いてあるポイントは皆が知ってて当然なので、理屈を考え、背景を知り、
教えられる前に自分で導き出すのが醍醐味の一つであります。

他にもポイントは幾らでもある。これだけのサイト・テキストがあっても、全て書けれない。
台形のヒゲ押さえなんてのは基本中の基本なので、真っ先にチェックするのは言うまでもありません。







表紙へ