ゴールド高級懐中時計フルハンター

フタ開けがいまいちで、修理挑戦前。

素性:スイス製1900年ごろ。ハイグレード式ムーブメント採用・無銘

Case:51mm(リューズ部を除く)ゴールドフィールド(多分)・ケース。

Move:アンクル式。石数不明。レバー時刻合わせ式。

精度:大変精度が良い。現在のセッティングで高精度を維持しています(平置き・吊り下げ時)。

付記:一般の骨董市やフリマで見られる王道のアイテムです。
それでも250ドルとか3万円とかで売られています。
初めてさんだと一見”お買い得”に見えますが、たくさん懐中時計を見たコレクターならば「う〜む」。
しかし、写真で見抜くことは殆ど不可能で、手に取り初めて判断がつく難しいアイテムといえます。
当サイトではメンテ練習用・読者プレゼントになるのが常。

ヤフオク行きで1−2万円直ぐに稼げるでしょうが、ネガティブを食らうので注意。
しかし、本当は買う側・ビット側はネガティブを出してはいけない。
多分、商品説明に「よく懐中時計が分からないけど完動品です」程度しか書かれてない筈だから。

本当に知らないのか、知っていて書いていないのかは分かりようが無いし、
それを承知で安くて良いものを抜き取るのがヤフオクでありebayだからです。
ただビットが集中すると、それなりのハズレ価格になっていたのに、
高額してしまっていて真贋などの冷静な判断が厳しくなります。

機械だけのほうが値を高くつけてしまう人も多いし、これなんか、もしも金無垢ケースならば
不具合なんか吹っ飛ぶ宝ゲットですし(金の重量だけで価格を遥かに超えるから)、
私は何だかその妙な魅力こそトレジャーハンティングの幅広い面白さじゃないかと思う。

元々高精度な機械で、普段使い可能ですから、不具合をどう点数付けるのか?
それに常に悩む作者です。私の評価は下げすぎです(古美術商は普通に値段をつけてました)。











<見るポイント>

左:リューズが合っていないような…。
右:ガラスが合っていないのでは…。

予備パーツを持つ人なら”よくあるパーツ(消耗品)”なら簡単に交換できるので、
高級時計として復活しやすい”1万円高級時計”といえますから狙いどころでしょうね。
ルビーなどの欠損が無いのも救いです。

自分でパーツ交換とか出来ない方は、見るべき注意点を知っておくとOK。

 



表紙へ