アンティーク時計の高級なもの<簡単チェック項目>

クオリティーの見方

懐中時計のクオリティーはいったい何処で見ればいいのでしょうか?

テレビの鑑定団が火をつけた骨董品の判断の主流は「銘」です。
しかし、銘ではかなりの知識が必要で、書物を利用していればなんとか
判断出来そうですが、参考にしている資料そのものが間違っていた場合、
鑑定する本人の判断も間違ってきます。そう、拠り所となるものがなくなります。

懐中時計ではどうでしょうか?この「機械式時計研究会」でもかなりの
鑑定を依頼されます。しかし、難しいものなのでしょうか?そんなことはありません。

確かに銘が関わるものは難しいです。人気度とかの流動があって
今年鑑定したものが来年も同じ価値を持っているかといいますと
そうとはいえません。これは、何年も前に鑑定したことが残り、依頼者が
転売の際にこういう鑑定だったと付記して転売されると困ったことになります。
従いまして、ネットで以前は多くみられた腕時計の鑑定します!が無くなりました。

質屋さんは買い取りの鑑定ですので、その時期その時期で値段が変わることを
注意事項としてちゃんと入れています。

機械に付いているイニシャル。
例=AYPAudemars Piguetオーデマ・ピゲ…とか。

さて、わたしが考えるに、下の解説のすべての一級品を網羅をした逸品(超高級品)は
有名メーカーの製品では存在にくい様です。全てを網羅するには一品特注しか
ありえないと考えているからです。

一品特注の場合、王侯貴族が特注を「ここのパーツはこの会社、ここはあそこ」という風な形
にしたと考えれます。ダイヤルに名前を入れるのも一品ですが、逸品ではありません。
従いまして、逸品の可能性が高いのは時計には銘は作者(無名でも)の名前だけ、
または販売したショップの名前だけじゃないでしょうか。

簡単に言えば無名ブランドや作者オンリーの銘が刻まれた時計の方が逸品は多い
ということです。全てのパーツが一級品で作られた逸品はその傾向が強いと思うのです。
例えば有名ですが、ブレゲやアーンショウ、トンピオンなどの作者の作品が高価なのは
有名だからという理由だけでなく、抜群の作品だからとも言えるはずです。

ここでは、絶対的な高級品=クオリティーが高いという判断の基本をお伝えします。


@国の傾向

アメリカ製は、数が多くありますので、クオリティーが高い割に
低い評価を受けております。それは現存するウオルサムやエルジンなどの
腕時計が有名メーカーのデザインに似せたり、安いクオーツを出しているからです。
ただし、懐中時計でも数が多くありますので、希少性やペットネームの
影響を大きく受けます。

ヨーロッパ製は数が少なく、有名メーカーのものでならぐっと高価になります。
スイス、イギリス、フランス、ドイツ。

時代にも寄りますが、現在の代表格スイス製だからいいと言われるばかりではありません。
アメリカが隆盛していたころ、アメリカレイルロードを真似た偽物が出回りました。
これです。

日本製では、年代が新しいので懐中時計としてはあまり高価なものはありません。
日本はあくまで腕時計のクロノメーターコンクールで上位を独占した
1960年ごろが一番脂が乗っています。残念ながら…ですが、大名時計と
呼ばれる200年以前のものですとヨーロッパ製と匹敵する価格がついております。

A総合的基本

大きな判断をお伝えしますと、時計の価値のなんと85%は機械です(製造コストからも
資料から導き出せます)。たとえ、ゴム製のケースを作ったとしても機械が相当な出来であれば
良い値段をつけるものです。そして、ケースの材質。金無垢(18K、14K。9Kはいまいち)は
重さで売買されますので(純金1gは約2000円と考えると簡単です)、当然の話ですね。

ハイグレードの懐中時計とは、価値の85%を占める機械の出来と少なくとも
14K製のケース以上であると定義できるでしょう。
銀無垢ケースなどで例外ももちろんありますが、デテントクロノメーターや
天文台仕様、特注品の為、めったに無いグレードの高いものです。

B脱進機

最高級品にはデテント、トゥールビヨン⇒デュプレックス。
次はアンクル、シリンダー⇒ピンレバー。
バージ脱進機時代はランキング判定には属しません。
(バージ時代にアンクルとかシリンダーが
ある場合にはかなりの価値を帯びます。
いわゆるチェーン引きなのに、アンクル仕様、シリンダー仕様って)

特に100年前〜現代のアンクルの中には、平衡錘付⇒無し、
研磨が裏のパーツまで⇒研磨が不充分などのランクがあります。

テンプの材料には、プラチナ⇒金無垢⇒メタルがあります。
が、特にバイメタル切テンプの場合はウエート(チラねじ)にプラチナ、
金無垢
がほとんど使われているのが最高級です。
(スクリューで調節できる重しが多いほうがいい)。

従って真鍮のウエートはこの場合平均的な下〜並になります。
バイメタル切テンプの後は、金属素材に発展がみられ、温度の影響を受けにくいものが
たくさん発明され、バイメタルの代わりにモノメタルが出てきます。

バイメタルの時代は1860年ごろから1960年ごろまでと
考えればいいでしょう(腕時計が発展してきたころですね)。
1860年以前はモノメタルばかりと…。

テンプの受石はダイヤモンドかルビーが絶対条件です。
ダイヤの方が優れているのは言うまでもありません。
故にガーネットやメタルは除外されます。
(200年以前はない場合が普通。あれば最高級中の最高級。)

ルビーは赤いサファイヤの呼び名です。ブルーサファイヤとか、
ホワイトサファイヤとか他の色ではなになにサファイヤと呼ばれますが、
赤いものだけは、レッドサファイヤと呼ばれずにルビーなんですよね。

ヘアスプリング(ヒゲ)は、1850年以降のタイプではブレゲひげ
最高級品では絶対でしょう。
その上はデテントに採用されるチョウチンヒゲ(ヘリカルスプリング)

ブレゲヒゲより効果がありますが、懐中時計自体が大きくなりますのであまりありません。
箱入りのマリンクロノメーターではよく使われています。

調整:8Posとかプレートに書いてある調整の数です。
が、書いてないものも多くありますので、書いてあるものについてだけチェックしてください。
通常は6、5、4、3、2、Unadjustedのランクに
温度が2つ入ります。トータルで6+2=8調整が最高です。
その上はエクストラになります。

#アメリカ製はこの表記が好きだったようです。
調整数によって関税が変わったりといったことがあったらしく、
詳細は不明ですが、表記されなくてもそんなに大きな価値の差は出ていません。

C歯車

綺麗にポリッシュ(磨かれ)された金無垢歯車が最高級品です。
パテックゴンドーロは9Kとのことですね。ウルフティースギア
最高級の判断に使えます。高級品以外にはひとまず搭載されていないとのことです。
パーツは裏の部分も磨かれていること。

D機械プレートの仕上げ

カーブなどの仕上げにしっかりとポリッシュがなされ、その上での金張り仕上げ。
また、ニッケル製ではプローリストムーブ?式でジュネーブウエーブ仕上げ
見るだけで綺麗なことが絶対条件で、すぐに判断できます。
しかし、ここだけに力を注ぐメーカーもいますので、ご注意を。
裏のパーツも磨かれていること。

ベリリウム、ブロンズ、コバルト、クロムなど多数の素材が知られ、使われています。

Eネジ

金無垢などもあるが、ブルースティールで綺麗にポリッシュされているのが最高級。

F石のセッティング方法

ダイヤモンド、サファイヤ、ルビー、ガーネット、アクアリウムなどの石
(脱進機の部署ではルビーとダイヤだけ)を2−3のネジで留めてあるのが
最高級であります。

アクアリウム?の記事は文字をクリックしてね!!(苦笑)

ただし、留め方に差があり、表現しにくいが、ただ留めている
場合では価値を見出さない。外見では同じなので、これだけでの価値判断にすると駄目です。

(フェイクも多く見栄えがするため、石のネジ留めをやっています。)

Gダイヤル

金の盤のエナメル⇒銀の盤のエナメル⇒金無垢盤⇒エナメル盤・銀無垢盤⇒メタル盤。
現存でよく見かける懐中時計は、ほとんど、エナメル盤です。

しっかりハンドペイントされたナンバーの表示(印刷では決してない)。
金無垢の盤にエナメルを乗せて焼かれているエナメル文字盤が最高級
古いものではかぎを差し込む穴に金が見えているので簡単に外からでも判る。

Hケース

プラチナ⇒ホワイトゴールド⇒18K⇒14K⇒9K⇒金張り・シルバー・ステイブライト⇒SS⇒メタル。

・ヒンジでしっかり留められている、開けるとリバーシブルで機械・ダイヤルが転回⇒ねじ込み式⇒ポコ式。

・ハンターケース、デミハンターケース(ハーフハンター)⇒オープンフェイス。

・重い⇒軽い(重いというのは価値のウエートが高い)

・マルチカラーのゴールド⇒ゴールド

・綺麗なエングレーブ(装飾)⇒装飾なし⇒オートでの簡単装飾

・エナメル装飾⇒装飾無し

・中のフタが金無垢・ガラス⇒メタル⇒無し

I薄さ

エクストラフラットの超薄型の懐中時計はメーカーにとって最大のコストがかかる製品で
トップラインの中の最高級品である。(資料よりそのまま抜粋)


最後に

この解説の中には、専門用語がたくさん含まれています。
その専門用語は現在の時計雑誌、ネットのサイト上などに載っています。

相互リンクをしているサイトさんでも沢山の良質な情報を持たれています。
各サイトから、リンク集でサーフィンをされて是非色々と勉強してください。


さて、ここでは役物と呼ばれる複雑時計などの話は抜きで、
ノーマルの時計の最高級品の判断をご紹介しました。

腕時計ではご参考としてご利用ください。

ブランドの影響が大きいですし、価格幅が比較にならないほど大きいですから。

▲極端な例ですが、腕時計では1,000円のクオーツが入っているにもかかわらず、
外見が豪華な腕時計に100万円の値段が付くことがありえます。
値段の場所がケースやブランドになる別の価値観が大きく影響していると言えます。

はじめに書きましたが、機械に付いているイニシャルの一覧はこちら
例=LXWLonginesロンジン、MXIMovadoモバード、NOAU.Nardinユリス・ナルダン

⇒アンティーク時計の高級なもの<簡単チェック項目>
機械を眺めて差を見抜こう!!!



表紙へ