古い記事ですのでスルー的に読まれることをお勧め。


ランゲ&ゾーネのポイントと脱進機の雑誌記載へ難癖

今はやりのランゲ関係のお話と、後半はある雑誌の解説への揚げ足取です。

記事に私の持つ資料を合わせますので「世界の腕時計VOL45」を読まれて、
追加して読んでくださいネ。(ある雑誌って書いていて、書いてしまった…)

@ランゲ&ゾーネの供給元はオーデマピゲ
(それ以前はルイ・オーデマ、オーデマ・フレーレ社)がメインで、特に複雑時計は
オーデマピゲの大層なお得意様でした。ムーブについての記載がなかったので補足です。

Aグラシュッテの有名ところは、アスマン、グロスマン、ユニオンです。
(記事内にあるシュナイダーは数が少なく実はあまり著名ではありません)
アスマンはアドルフ・ランゲに時計プロデュースを始めたのは1852年

ランゲのスタイルにも似ている4分の3プレート式のムーブをもともと作っていました。
レバー脱進機はグロスマンの発明したムスターシュ系の
平行錘が付いています。

アスマンやグロスマンが関係があるとした研究はこの特徴から始まったようです。

よくバセロンやパテックで見られるムスターシュ脱進機もこの部分で共通です。
でも関わりの研究所はまだ見たことがありません。流行だったのでしょうか。

アスマンは南アメリカに主に輸出していました。
数は少ないのですがクオリティーが大変高く、これはパテックのクロノメトロゴンドーロや
バセロンのクロノメトロロイヤルに対抗するためだったように思えます。

さて、進出するためには足がかりとなるところが必要で、パテックやバセロンは
カルティエを通じてアメリカのティファニーを足がかりにしてアメリカ進出を成し遂げました。
アスマンはオハイオのコロンバス社に足がかりを求めました。

合弁会社のような感じでデートリッヒ・グリュエンW・J・Savageさんと
協力し合ってGruenCompanyを立ち上げました。
その中のD・Gruen&Son ラインは1894年からのグリュエン社の
最高級品質で出来ています。

DGS
という刻印がムーブにあれば一級品の証拠ですね!

D・Gruen&Sonはアスマン社が担当し、1900−1920年に
21Jから23Jのレイルロード式の4分の3プレートムーブを採用、
ドイツ国内で販売しているアスマンやランゲに匹敵する高品質のものです。

特に有名なのは50年記念に作られた21Jの10サイズ(40mm)
ダイヤモンド2個を受け石に使用した金無垢ブリッジ!で出来たオクタゴンケース
(5角形)のものでした。

#この範囲に入らない物は特別生産のギュームバランスを使用した
天文台コンクールのものです。

@上記のD・Gruen&Sonのものはギュームバランスではありません。

アスマン社が無くなった(倒産した)1923年よりD・Gruen&Sonラインは
無くなったようです。グリュエン社は1953年まで続きます。

Bグラシュッテのグレードにはページ中にも紹介してありますが、
クオリティー1A(=ALS)、1B、1C、DUFがあります。

この中で1Bや1Cは今までにドクタークロットですら一個しか
私は見つけていません(=1Cを)。従いまして天文台出品&登録の
アンクルクロノメーターのALS以外にはDUFしかありませんが、
DUFですらかなりの高級品ですのですごい値付けになっています。

DUFランクでもテンプなどはギョームテンプに順じた作りです。

ALS(18Kケース)は150万円ぐらいから、
DUF(14Kケース)は50万円ぐらいから。


ただし、アドルフヒットラーが貢献のあった高級将校などへ勲章代わりに送った
懐中時計は殆どが14KのDUFです。高い取引額です。

Cユニオン社、グロスマン社はアスマンに対しては評価は少しだけ低く
アンティコルムやドクタークロットでも若干安めで出ますが、
他のものに比べると遥かに高いです。30万円ぐらいからレギュラーです。
充分高いですね。

Dところで話は変わりまして、世界の腕時計Vol45の
「ポケットウオッチ専科」の脱進機の紹介でシリンダーやデテント、アンクル
が何がなんだか解りません〜という質問を頂きました。

はい。この写真では解れと言うのが難しいかもしれないです。

写真はテンプとテンプ受けの写真ですから
シリンダー脱進機はかろうじてシリンダー形状が解ります…ぐらいでしょうか。
モノメタルテンプの平ひげが使われていますが、シリンダー脱進機とは
あまり関係がありません。時代的なものです。

アンクルとデテントははっきり言ってこれは読者が必ず混乱するぞ級でしょう。

テンプと緩急計についてはアンクルでもデテントでもどちらに使われていてもいい
共通のものです。唯一デテントのちょうちんひげが特徴らしいですが、
ちょうちんひげはわたしのイギリス・トーマスラッセル&サンの
アンクルのクロノメーターで使われていますので、デテントの特徴とは言えません。

この記事は機械をあまり知らない記者が書かれたのではと思いますが、
そうであれば許せます。

が!!ベテラン編集者ならブランド系の価値判断の波に揉まれ過ぎでは…。
間違いにしてもちょっと意味の違う書き方と写真ですから。

デテントはガンギ車がボッチを軽くはじきます。
ボッチのことをデテント(=歯)と言うわけですね。
衝撃が少ないために無駄なエネルギー消化が少なく精度はばっちりです。

ヘリカルスプリングというちょうちんひげが使われるのは初期型の傾向が大きい
スプリングデテント式の大型懐中時計物で、実際にはブレゲひげのほうを採用した
ポビテッドデテントが多く存在しています。

アンクルはカブトムシの角のような形をしたガンギ車をはじくものです。
腕時計はこれしかありません。

それにしてもリンクにした上の具体的な写真は世界の腕時計のこの記事に
いちゃもん?をつけれるほどいい写真ではありません。反省!

発売されて質問が多かった世界の腕時計No.45「ランゲ&ゾーネ特集」のお話と
「ポケットウオッチ専科」の脱進機の解説をしました。

サイト内関連記事

ドイツ製懐中時計のまとめ