ボーっと映画「タイムマシン」を観ていました。主人公が外出の際に懐中時計飾りボックスをみて
今日デートに付けて行く時計を選ぶ場面がありました。
懐中時計は10個ぐらいあって、トリプルカレンダー、出テンプもの、スケルトン、クロノグラフ(あったかな)など、
パッと見でバラエティ富んだものが飾られていました。
よくクセモノばかり集めたなぁ…という感想と共に、大学教授の給料で揃えれたんだ…と感心?しました。

「コナンドイルの事件簿」では、金無垢らしきノーマル懐中時計がよく出ていて、
どこのブランドか気になったのですが確認出来ず。

「マスター・アンド・コマンダー」では、映画では出なかったものの、
メニュー画面でリューズ式の懐中時計が海図の上にありましたが、
時代考証が200年前なのでカギ巻きが正解じゃないかとツッコミを入れてみたり(自分だけで寂しく)。

ふとジェームズキャメロン監督の「タイタニック」DVDで、
監督解説で当時の月収や部屋代を言っていた記憶が甦りました。
タイタニックは1912年に沈没しているので、興味の沸く話です。

確かタイタニックの3等室がUS$300(3万3千円チョイ)、スィートルームがUS$4,000(45万円ちょい)、
当時のアメリカ人の平均月収が500ドル(約5万5千円)。…ぐらいと言っていたかなぁ。

確認したら金額は修正しますけど、現代の金銭感覚に治すと高い、高くなっている…というポケットウオッチ、
まだまだアンティーク懐中時計は目茶目茶安い状況ですねぇ。

お金が無くて最近買取も物色もしてませんが、これらの映画を見て、
久しぶりにコレクション収集欲が沸いてきました。


1900年初のドルの価値?

タイタニック号が沈没した1910年ごろの貨幣相場をどうのこうのと書いていますが、
調べてあったメモがありましたので紹介しておきます。

・当時アメリカ人の平均年収=約500ドル

タイタニック号(イギリス〜アメリカ)の部屋料金

・3等ベット=33ドル

・特等ベット(スウィート)=4000ドル以上(平均年収の8倍)

ドル=US$です。



戻る     表紙     次へNo.6