通販では、消えない詐欺話。
時計エリアでも、たくさんの話があります。
ここでは、私が経験したことをお話したいと思います。

当サイトは公にebayの相談などに乗ったノウハウの日本初サイトでした。
ebayで初めて商品を売った日本人は多分わたしです。

それゆえ、「落札しちゃったよう、どうすればいいんだ?MOって何?」が殺到。

「郵便局へ行ってEMSってのを頼んで小切手みたいなMO(ポスタル・マネー・オーダー)を
その落札価格で作成して送るんだよ。」なんてアドバイスをしていた。

こんなアドバイスは非常に面倒だし、そもそも読者一人に割く時間としては異常。
「アリガトウ」で終わるような相談だし、作業苦労は披露目できない。
それで作った古い記事が残っているが、今は懐かしい解説としか言えない。

時は流れ、Paypalが通称”ペイパル為替”で支配、殆どのカードが使えるようになり、
一昔前のマネーオーダーBank Wire Transferは不要となりつつある。

手間が掛かった分だけ、出来る人を選抜する好い作業だったのに、今じゃ、誰でもOK。
逆にオークション詐欺の”盗品市場”呼ばわりしても良いほど、
危ないケースに遭遇する人も多くなってしまった。

▲ペイパル為替とは?

US$1.00が一般の為替レート100円だとすると、ebayで落札したら1ドル110円近くで計算される。
妙に為替レートが高いなぁと思いつつも、多くの日本人がスルーしがち。
簡単に言えば、そういう独特のレートがebayのご用達、お膝元ペイパルなのだ。
世界の為替レートより高いので、その差額がペイパルの膨大な収入源になっている。


ネット購入の際、注意する詐欺の基本アレコレ

先月(1998年〜1999年)eBayの代行で「パテック14万円」をどうしても欲しいとお願いされ、
ちょっと胡散臭さが漂っていましたがお受けして手続きをとりました。

が!お金だけ取られて逃げられました。

依頼者さんへは私が防波堤という事から「成功が当然。失敗は私の責任」で統一していました。
現在、eBayが調査中ですが、すでに私は4件目の被害。お金が戻ることは滅多にないです。
保険では2万円まで出ますが、高額品は保険より調査部が出ますので、時間も手間もかかります。
結局犯人は捕まらない場合が多く、お金は戻ってきません。私がよく申し上げているのは、
決してeBayの値段と比較しないで欲しいということです。冒険好きのトレジャーハンターには
eBayをお勧めしていますが…。

今後、研究会では、会員が損害を被ったら会費から補填できるような
部分も作っていきたいと思っています(★)。

★これは研究会を会費制にして、団体で詐欺られた方を救済しよう…という趣旨で
考えていましたが、一度会費1万円で委託販売・探します等をやり始めましたところ
ホンの少ししか応募が無かった(笑)ということから、止めました。
(会費が集まらなければ、補填も出来ませんからねぇ)
結局、無料が基本のネットにあって、有料部分を考えるのは無理という現実でした。
(アダルト系は儲かっているみたいですが)

ネットショップの解説をコピペして詐欺る典型的セーラーの例:us又はsadladysadlady(←出品一覧)。
フィードバックはここ。おお〜、US$1600以上今回で稼いだようです!

早期終了させて、複数の人からお金を集めちゃうんですね。
調べてみると、現在はcollectables7@aol.com、IDは old_collector

被害届が出されていても何故か捕まらない典型例ですネ。
=この人の新しいIDとアドレスはeBayへ協力報告済。

ただ、ご安心あれ。この例の人は、アメリカ出荷専門の人ですので、
日本人ビッダーと接して詐欺られる事は無さそうですよ。

詐欺中のときだけメールが通じて(2週間ほど)切れるという…。これはお約束。

詐欺のコピー解説例:

赤文字の部分がコピーです。

詐欺師

Patek Philippe 18 k gold observatory chronometer. Nickel 21 jewel. Guillaume balanced, diamond cap and presision regulator. Signed "Patek Philippe". Plain polish case. White enamel dial with red minute mrkers. gold hands. 4843.....50mm....Circa 1908 I have no clue what this is worth, just another one of my grandfathers watches. NO C.O.D'S CHECK OR MONEY ORDER ONLY! WILL END AUCTION EARLY! SEND UPON RECIEVING MONEY!

コピペ元のネットショップの解説

Fine Patek Philippe 18K gold Observatory Chronometer. Nickel 21 jewel movement with Guillaume balance, diamond cap and precision regulator. Signed 'Patek Philippe' on the case, dial and movement with the retailer's name also on the movement. Plain polish case. White enamel dial with red 5-minute markers and fancy gold hands. With Third Prize Certificate. Excellent.

4843
↑ネットショップのあてがった整理番号
Condition:
Case Excellent
Diameter 50mm Dial Excellent
Circa 1908 Movement Excellent

恐ろしいことに、うかつにもネットショップのあてがったNo.4843までコピーしている!
面白すぎます。細かいところまで注意を払えば防げると言えますが、なかなか難しいもの。

詐欺師は「おじいさんの時計」だったそうで、価値を知らないと書いていたが、
(I have no clue what this is worth, just another one of my grandfathers watches.)
文章にあるように、ギョームバランスGuillaume balancedだなんて、
日本の腕時計マニア、懐中時計マニアですら、いや、
下手すれば時計雑誌編集者ですら知らない専門用語を知っているとはネって(ここの読者は別)。

詐欺の話2

いやぁ、かぎ巻き式の懐中時計で、「かぎを持っていないけど、時計屋で巻いてもらったら動いた」とか、
「かぎを持っていないけど、見た目はパーフェクトで振ると動く」とか…。いけない、いけないと思いつつ
買ってしまうことってないですか?私はこのパターンにすこぶる弱く、買ってしまいます。

ご参考までに、このパターンで家に到着して、合うカギで巻いて、ちゃんと動いたものは皆無です。
なのに、懲りずに同じような文章でも機械の見た目が良かったり、ケースがいいと買っちゃう。

まぁ、詐欺というより不注意ですな。注意しましょう〜。

詐欺の話3

(って詐欺じゃないですが)

ヤフオクの話。国内のあるアンティークショップさんが出していまして、
時計師のお墨付き(リピーター)。国内のショップだし、少々安心して…。
そして、家に届いたら…ちゃんと時間と合わずに鳴ります。ああ、またか…。
まぁ、海外でなくて国内ですから、いったん修理で返品しました(この点は安心!)。
でも!直ったということで戻ってきましたが、結局直ってない〜〜。

国内のネット上で時計店とトラブルわけにいかない私は、受け取りまして、独自で
修理に出すか、自分の査定で売っちゃうか。私の査定は購入価格マイナス6万円。
修理も10万円はかかると予測。修理すると日本の店頭価格を超える!?
売れませんですぜ。
実は、ちゃんと購入値段マイナス6万円で譲りましたよ〜。
でもって、その購入者さんに頼まれて修理を私が時計師に出しました。
あれれ?これでは、なにをやっているんだか!?いかん!出来上がりが遅いので
更にお詫びもしなければ!!(ほんと、なにをやっているのでしょう。さくだいおう様)

@ちなみにリピーターでまともに稼動するのは、例えば10個ゲットすると6〜7個は
不具合がありました。
ちゃんと鳴っているのは高額品。やっぱ、そうですね〜。売主も自信を持って売り出すものは
高くなるものです。eBayでもリピーターでやたら高いものがありますが、売主を見るとやっぱり
詳しい人。安いものは気をつけなければ…と思いつつ、10個のうち1〜2個は良い物が
混じっていますので、その記憶がビッダーの忍耐力を邪魔をするわけですね。

@私はやっぱりじっくり時計店でいじりますが、高級品になればなるほど店主の前で
いじれなくなります。ケースも機械にホコリがはいりますので開けっ放しで見まくったり
出来ません〜。う〜む、難しいですね。

詐欺の話4

よく、送金が届いていないと怒ってくるセーラーがいます。MO=郵便局からの証書(お金の換金用)
でよく起きます。EMS(エクスプレス・メール・サービス)調査に3ヶ月〜半年かかりますので
結局もう一回念のため送るか、銀行振込をすることになります。
ダブル支払いのテクニックで、日本人がよく引っかかるようです
(私の経験ではカ〇ダや南〇、ロ〇アで起きました)。

基本的に、私たちがヤフオクで売る際に、たとえばミントのパテックを10〜15万円でだすでしょうか?
それを考えれば、詐欺の場合は素人を装って安すぎる価格設定にするのが王道ですね。
こういう場合は最も危険というのが自明の理ですけれど、ただ、本当にこういう安くで
物を知らない人が出すことがあるから止められないんですよね〜。
あ、でも、身元がはっきりしていて逃げられない人の安いときは、どんどん買うのが好いかもね。

では、また他のネタをお楽しみに…

⇒関連記事:2008年の詐欺師