作者前白


アンティークって?

100年以上経った「役立ったもの」には「ツクモの神」という神様が宿ると言われています。
俗的にいいますと、物に妖怪が憑依するって感じですね。

でも、これって日本だけでなく、ヨーロッパをはじめいたる国々で言われています。

そのせいかどうかは判りませんが、100年以上経った物について
西洋圏では「アンティーク」と特別に呼ぶようになっています。

最近100年に満たなくても「アンティーク」と呼ばれていますが、
どう理由をつけようと間違っています。

そう、ツクモの神様をないがしろにしているっていうわけですね。

あなたの家にもしも100年以上経った物がありましたら、大切にしてください。
そうです!粗末に扱えばテレビ画面からツクモ神様がはいずってこられて…

(By リング。古っ!!)

▲つまり100年経っていないとアンティークって呼んだらダメらしい…

ブランド好きの日本人といわれますが、ブランドのみで物を判断するようになって、
どれぐらい経つのでしょうか?懐中時計の発展型である腕時計では物凄く顕著です。
それでは、ブランドを取り外したらそれの良さが判るのでしょうか?

確かに「判る」と友人は言います。

使っていれば、やはり良いものだと、耐年数も良く、長く使いつづけれる、と。
では、使いつづけるまでの前段階である「購入時」にそれは判らないのでしょうか?


ブランドと言っても、100−200年も前の品物である懐中時計はどうなんでしょう?
ブランド=作者銘が大変多いです。
そう!!懐中時計は作者銘を覚える暗記のプロ以外には、
銘で判断するよりも「モノ自体」で判断する物なのです!!

このページでは、懐中時計を通して、ブランドだけではない、
本物を如何にして見抜くか?ということを解かり易く解説してみようと思っています。

そこで、このページで覚えた知識を駆使してハズレを引かず最短距離で
良いものを買ってください。

懐中時計収集は一生を通じての趣味になる事間違い無しです。

私は祖父から簡単に見分けるには「つるして動かせ」と教えられました。
振り子のように動くのがトルクもあって、小さなごみを歯車が挟んだとしても
正確に動くからだと。

古い懐中は埃の沢山有る所でも正確に動きつづけなければならなかったのです。
それが高級品だと。


まずは懐中時計、腕時計、クオーツを含む簡単な歴史からどうぞ!

日時計から始まった時間の観念。
今は電池式のクオーツですが、昔は動力が水の流れであった時代がありました。

そして、動力をいろいろと工夫し、ゼンマイという細長い薄い金属を巻いたものが出現して、
持ち運びの出来る時計が出来ました。ゼンマイがほどける力を利用したのです。

ただ、それでも大きさでは、初期はスイカ程もありました。600年程前のお話です。

550年前に、玉子型の懐中時計ができました。
この時から、長い懐中時計の時代が始まります。
大変高価で、貴族がお金に糸目を付けなかったので、
いろいろな機能機構がじっくりと時計師によって作られました。

▲当時の時計師は、哲学者であり、数学者であり、天文学者でありました。
時計を作るのに、科学の知識は必須だったのです。

そして、400年近くが経ち、機械式腕時計が出現。
そして、つい40年前には、クオーツ旋風が吹き荒れました。
クオーツになってからは時計も高価でなくなり、
電池が切れれば捨てると言うところまで行ってしまいました。

でも、最初のクオーツは、カローラ並みの値段でした。
電子部品の発達により、30万円で買ったクオーツが10年経ったら、
修理不能という問題まで有り、なんとも言えません。


よく一口にクオーツ時計と言いますが、クオーツとは水晶の事で、
機械時計におけるテンプを水晶に置き換えたものです。

テンプとは、ぜんまいのほどける時間を平均化するためクルクル回っているあれですね。
この回転の数 (=振動数)が機械時計では、せいぜい1時間に1万から3万回位ですが
クオーツになると、なんと「1秒間」にそれ位振動します。

簡単に書いていますが、高回転 (=高振動)になればなるほど、
精度が高いと考えればいいでしょう。

これは水晶に電気を流すと一定速度で振動するという性質を利用したもので、
水晶のカットによって振動数を変える事が出来るため、
最近ものには年差5秒なんてものまで存在します。

さて、それでは”とにかく凄いものを見る”事から始めましょう。


YZさんから

当然、実際に色々な時計に触れて、知識、眼力をつけいていくのが、
一番だと思いますが、なかなか、実物に触れる機会
(京都では、あまり懐中時計のお店や骨董市がないのです)や、
色々購入して、いじってみるというほど、資金力もないので、
ネット以外で、どうやって知識を入手したらよいのでしょうか?

よろしかったら、教えてください。

一般人も参加できる古物業界のセリ(サイトに書かれているような) なども
あるのでしょうか?

あの本は、あくまでも参考で、尚且つ、あれを元にして、
実は高額なものを値引するアイテムにもできます。
(あれを基準にする人が多いのですが、古いままという部分も多いです)

知識は現物が見れなければ、写真の綺麗なアンティコルムやドクタークロット、
写真はイマイチなサザビーズの「オークション本」が1番オススメでしょうか。
当サイトでは写真がイマイチですから、本が1番ですね。

古いものの場合、手に入れた値段、アンティコルムなどの値段、
銘の人気度、程度、機械の珍しさ(本に載っていないほど)…がポイントです。
相場というものは本当の所、有って無いようなものです。

古物商のセリ(車のディーラーオークションや不動産とか)は
免許が無いと参加できません。
免許の取り方は過去ログにも有りましたが、
是非頑張って取ってみてください。

▲正確に書けば、組合とか参加している知人に連れて行ってもらえばOK。
ただ、そういう知人を見つける労力より、免許を取った方が好いでしょうの意。
セリに参加する人がアドバイスを請うほど知識を貯めて…もアリです。

電気工事の会合とか、水族館、医学の会合とか…イメージされるとお分かりの通り、
一般の方が入り込む事は簡単なようで難しいです。ジャンルは違えど同じものですネ。

時計だけでなく、古物商免許は中古車を買う時なんかに税金の面でも
メリットがたくさんあります。(=仕入れ扱いになる為、とにかく安い!!!)

時計などは古美術と一緒にやりますから、ご主人が亡くなられたお店とか、
そんなのが出てきたら、それはもう戦争状態。
(奥さんには知識が無い場合が多いので)

掛け時計なんかは500円で10数個一気に争奪されたり、
人間性を取るか、利益追従で人間性を捨てるか、
これが問われるほどの分岐点があるほどです。

セリにかけられる方も、ある程度の知識が無いとダメですが、
知識さえあればドロドロな世界から防御できます。

私なんかは、以前はネット(ebayやヤフオク)を利用していましたが、
どうしてもマイナスばかり、やっぱり現物を見ないと…と切り替えました。

そもそも古物商のセリといっても、現在はネットで仕入れた人達が、
まともなものを多く提出し(ハズレはそれようの人達へ行きます)、
出される時計の品質は、なかなか良い感じになってきています。

それで生計を立てているコレクターも多くなってきているようですよ。
見ていると、目の効く人が良いものをebayやヤフオクでゴッソリ手に入れて
セリに出して裕福なのに対し、ひーひー言っている業者さんも多く居ます。

まぁ、ネットオークションといってもフリマですから業者天国となって
値段もかなり高くなってるそうで仕入れ業者さんですらハズレで損なう
損失が多くなって悩み所だそうです。

一昔前のショボく古いだけの時計で高かった時代は終焉を迎えているので、
それだけは良いことと思っています。




⇒選抜時計解説集へ進む。

表紙へ