VOL8:キャプテンウオッチ18Kフルハンター鍵巻き150年前

そして、ブレゲの”パラシュート”仕様。
まぁ、なかなかこのレベルには出会えません。
というより、この世の中に残っている事自体が有るのでしょうか?
コレクターが発表をしない限り存在は分からないですものね。

さて、キャプテンウオッチは以前にパテックの物をご紹介しましたが、
キャプテンウオッチで有名どころははっきり言って無いです。
理由は現存している会社で1850年頃までのキャプテンウオッチは作れないからです。
何故か!!そう、創業されていないからですね。
創業していてもキャプテンウオッチ自体の需要が少なく多くは作れないでしょうし。

あ、ちなみに有るとしましたら、現在のブランドではブランパン、バセロンコンスタンチン、
かろうじてパテック、ブレゲ・・・・ぐらいでしょうか。

ロレックスは約50年後に創業、複雑時計の雄オーデマピゲも約20年後・・・そんなわけで、
オークションでは名前も関係無く物自体で売買されています。
もちろん、銘の入った物は10倍ぐらいに刎ねあがりますけどね!!

これは、無銘のキャプテンウオッチです。
18K無垢フルハンターという贅沢な作り、
機械は、な、なんと!!ブレゲの発明”パラシュート”が使われているではあーーーりませんかぁ!!
パラシュートは調べられれば直ぐに御解りの通り、
「200−150年前のブレゲ発明の耐震装置」であります。
現代の腕時計ではインカブロックが一番近いでしょうか。

懐中野郎はこう言う事を知識で持ち、安くで売っている懐中を選び倒すのであります。
見付けた時に店主の前で「おおっ!!」と叫んではいけません。





←心霊写真(みんなも気をつけよう)



これが”パラシュート”。200年前にブレゲが発明した。
この時計は170−150年前だから、多分弟子達の内の誰かが作ったものだろう。

また、受け石は全てダイヤモンドが使われているとのことだ。
高級過ぎて手が震えます。







VOL9へ     逸品案内へ戻る     表紙へ戻る