君の心の響く、小型の機械音出しからくり装置・・・
リピーターのあれこれ!!

腕時計では1,000万円もするので手がでない、しかし懐中時計なら手が出ます。
しかも、同じ時代の機械を綺麗にして販売しているメーカーさんの価格は
腕時計よりも遥かに高いです。古い懐中時計のノーマルタイプですら、
数百万円になるという…この値打ち感は懐中時計コレクター以外は味わえ無いでしょう。
(腕時計のコレクターの人達が全員目覚めると、高くなって終わりますけど)笑


ウンチク

キンコンキンコンとレバーを操作することによって音が鳴るリピーター。
現行の(クオーツではなく機械式の)腕時計や懐中時計を見てみますと、
腕時計では1000万円を超えるものが殆どです。懐中時計では4000万円ほどのものがレギュラーです。
高い!!高過ぎ!!庶民には手が出ませんぜ。
いや、それどころか、買えるのは王侯貴族クラスしかいないんじゃないか?
なんて、思ってしまいますね。
しかし、アンティークの懐中時計では人気がないためにまだ安い値段で購入することが可能です。

もともとの値段は現行の腕時計と懐中時計を比較してもわかりますが、
例えばバセロンコンスタンチンでは、懐中時計の一番安いものは18K無垢の
単機能オープンフェイスで200万円からです。
腕時計が100万円前後で最低価格があるのに対して、
生産コストの高い懐中時計はお徳感はばっちりです。
人気が出てしまうと高くなってしまっていけませんが、一個ぐらいは持ってみると
”時計”を違った目で見ることができると思います。
(ちなみにアンティーク・リピーターはOVHなどで大変そうですが、そのとおりです。
まぁ、それを含んで安いという感じでしょうね。
でも、出来るテクニックを持った凄腕の時計師さんはまだまだいます。)

さて、現行品では、恐るべき値段を誇るリピーター。
安いイメージのアンティーク懐中時計のリピーターでも、最初に販売された値段は半端ではなかったようです。
リピーターとつけば、最安品でも家クラスだったそうです。
確かに、機械式時計全盛のころには資産の変わりとして王侯貴族に人気でもありました。
この頃の庶民もきっと叫んでいたはずです。「高い!高しゅぎっっ!!」

日本のような島国では実感は沸きづらいのですが、ヨーロッパでは国境を簡単に超えることができます。
それゆえ、自国が戦乱に巻き込まれたら他の国へ逃げるわけですが、
そのときに持っていくのは高級な時計でした。
どこの国でも売れますので、大変素晴らしい資産でも合ったのです。
あ、現代では、領収書が発行できる資産といったところでしょうか(恐)。
あ、いや、ごめんなさい。夢が壊れますね。

さて、現代ではリピーターというだけで、高価です。
すなわち、はなから手が出ないということで差を見る(記事を読む?)ことがまれです。
実物を比較することも、置いてあるショップさんが少ないために比較すらできません。
この場合、リピーターという種類=クオーターリピーター、ミニッツリピーター、5ミニッツリピーターといった
区別のみでいくらいくらと価値を決める傾向があります。

しかしながら、リピーター単独でも通常の時計のように幅広く価格帯が広がります
さらに、自動的に音を鳴らすキンコーンカンコーン型の”ソネリー”、またクロノグラフや、
カレンダー、ムーンフェイズ、オートマタ(からくり人形)まで追加したものと本当に幅広い価格帯があるのです。
中3針単機能の時計を考えてみましょう。
安売り品からデテント脱進器やトゥールビヨンのような大変高価なものまであります。

大きく話してしまえば、その幅が、クロノグラフやリピーターなどジャンルごとにそれぞれにあるわけです。
広大な価格帯が広がっています。面白いですね。いや、気が遠くなりますね。


機械自体は、テンプの仕上げ、機械サイドの研磨、ぜんまいのスムーズさ、アンクルの研磨などがあり、
これは時計自体のクオリティー評価のページに譲ります。
(まだ作っていません〜.)

さて、ここではリピーターの生い立ちから、よく見かけるアンティークのリピーターの
ムーブメントの大きな種類分けを解説したいと思います。
クオリティーの判断がつかない場合は、機械の形式でもおおよそ外れることはありません。
是非マスターしてください。





表紙へ     次へ