VOL5:パテック&Co のキャプテンウオッチ

懐中時計ではブランドはほとんど価値に関係ありませんが、
一部の有名どころは関係があります。

どうしても詳しい資料と現存のイメージで高価になってしまいます。
が、それはそれで、当然でもありますので良いのです。
また、その様な有名どころでは資料が揃っていますので公開された資料に元付き、
宝物を手に入れることが出来ます。

しかし、現在そんな宝物があるのでしょうか?

あるんです。知識と度胸が有れば手に入れることができる可能性が高いです。

このパテックのキャプテンウオッチは、パテック博物館の数あるパテック懐中時計の中で、
5例しかないデュプレックス脱進器を使った、しかもキャプテンウオッチと言う
「パテック博物館が買いに来るはず」級のレア物です。
レアというのは、パテックファンとパテック社にとってはと言う意味です。

キャプテンウオッチとは、大航海時代に船長が自国と現在地の時刻で
位置を推し量るのに都合の良いようにデュアルタイムになっているのです。
センターにはハック機能の付いた秒針があり、簡易クロノの形です。
これは、最近海外のショップからネットで買ったものです。
実はパテックのニセモノと言う感覚で売られていました。
其れを確認した上で「しめた!!」と直ぐに買いました。

パテックのニセモノと言う事で、普通のキャプテンウオッチよりも安くなっていました。
(日本では無銘の銀無垢アンクル式で最低30万円ぐらいから上ですネ。
数が有りませんから、なかなか会えません。今までで、ショップでは1個しか見ていません。)

しかも、デュプレックス脱進器がキャプテンウオッチに使われているのははじめて見ました。
普通は次回更新(8月8日)のキャプテンウオッチ18Kのタイプの機械です。
すごく貴重な物なのです。其れを知っているかどうかで分かれ道ですが、
それが人生勉強と同じようにいつもの勉強の成果でもあるのです。

そして、パテックを始め、バセロンなどの超一流ブランドですら、
1840−1860年ごろはケースしかブランド名が無く、ムーブには有りません。
それが、ポイントでもあり、機械に銘が無いからとニセモノに扱われているのが良い所です。
ちなみにパテックは1845年から1855年のS/N:1129ー3729までが
ケースのみのPatek&Co(またはCie)なのです。
このキャプテンウオッチのS/Nは2539。ズバリです。

さて、その逸品を見てみましょう。





←間違っていない事を祈る。



このデュプレックスは特殊で、デテント脱進器のように秒針がステップします。
テンプの異様な形と言い、ステップさせる技術と言い感動モノです。





逸品集案内に戻る     表紙へ     VOL6へ