ステンレススティールってなんでしょか?


ステンレス

キロ1kg1000円くらい=廃材としての引き取り値。
製造コストはもっとかかっています。

鉄を湿り気の多いところにおいておきますと錆びて来ますね?

特に赤錆といわれるタイプは粒が大きく空気や水分をよく通しますので、発生しているまま
ほっておきますと直ぐに奥へ奥へとサビが浸透していきます。鉄が腐るってやつです。

もうひとつ、黒さびってものもあります。これは、強く熱すると表面を黒っぽい
色で覆っていくものです。黒さびは粒が小さく、空気や水を通しにくいです。頑丈です。

鉄が空気や水と反応して違った物になるのを酸化と言いますが、錆の性質には
このような二つの種類の違いがあります

時計師たちがこのことに気づくまでは、時計のケースは酸化しにくい
またはプラチナ類を素材として使うのが主流でした。

黒さびを「よっしゃ、こいつは使える」と考えた時計技術者や金属ギルドの面々は
早速時計ケースに採用しました。

金属ギルド=昔はギルド制といって、金属、時計、エナメルなど各ジャンルによって
師弟制が採られ、各親方がいろいろと牛耳っていました。

黒さびでできた鉄は1900年ごろの懐中時計にもよく見ることができますが、短命でした。
家を建てるに近い金額の懐中時計の注文主は王侯貴族や事業主でしたので、
パーティなどで他人に見せると高価に見えなければいけなかったのでしょう。

まぁ、黒さびケースが金無垢に比べて安いにしても、資産がいっぱいある人たちでしたから。

黒さびケースガンメタルケースとも言います。

そこで、ガンメタルケースは売れ行きが悪いと考えた時計師たちは
銀までいかなくても金色や白色の代用できる強い物質はないかと探しました。
なかなか見つかる(発明される)わけもなく、ひとまず、金張り、銀張りで賄っていました。

が!!

ガンメタルよりは好評だったけれども、人気が擦れてしまう時も多く、
「やっぱり無垢じゃないとなぁ」となりました。

いろいろの物質を鉄に混ぜて工夫を凝らし、研究していた金属工の中から、
ついにクロムを混ぜると黒さびの様に金属内部まで浸透しない現象が
起きることが発見されました。しかも、ラッキーな事に白いままの色でした!!

そんなことでクロムを混ぜて出来た頑丈な白い金属を特別にステンレスという名前で
呼ぶようになりました。

鉄とクロムの合金(ステンレス)は空気中に置くとクロムが酸化して
表面に膜を張るので、錆が浸透していかないのです。頑丈〜〜。

ステンレスには、混ぜる材質によって色々な呼び方があります。

(↓記憶が少し曖昧)

鉄+クロム+プラチナ(少し)=ステイブライト=パテック、ユリスナルダンなどが得意です。
鉄+クロム+銀=シルバロイド=アメリカ製のケースによく見れます。
鉄+クロム+?=〜イン・オキシダブル(ど忘れ…)=腕時計でよく見れます。


@@@@@よくある質問

1、雑誌などで「某ブランドのステンレスの価値が金よりある」と聞きますが、
どうなのでしょうか?


回答:

全国のステンレス・ファンのみなさん、コンニチハ。

確かに製造のコストなどでそれだけかかる場合があると聞く場合があります。
コストがかかる理由は各ステンレスの粒を均等に混ぜるには相当の期間を寝かさないと
いけないからという理由です。それ以外もありますが、難しく考えなければいいです。

ツタンカーメンの財宝が金銀でなく、そのステンレスでしたらどうなのでしょうね。

現実の評価・価値を間違えてはいけません。

製造コストなどの話で販売価格を語るのはセールストークであって、本来消費者になる
買う立場の方々にはあまり関係ない話です。

購入するときは「金無垢じゃないから残念ですがこれだけしか出せません」というのが
値下げを求めるときの台詞ですし。しかし、売るときには「某ブランドでは…」で
変わるものです。

・・・・・・・と私は思いますぞ!!

さて、以前問い合わせのあったパテックなどのSS(ステンレススティール)は金無垢より
貴重だ…という雑誌の記載の疑問にお答しましたが、発明された当初は
確かに金を超える価格だったかもしれません。しかし、所詮ステンレス。ガンガン使う実用には
適していても、価値は別に〜てところと思います。(持ってる人すいません。)

昔は価値があったって言いますが、最初期のクオーツはカローラ並でした。はい。



面白く読めるように、多少の脚色をしています。多少…(笑)


表紙へ