博物館級の歴史的アイテム懐中時計

経度への挑戦〜1秒にかけた偉人達〜

1737年、世界にはたったひとつの海上時計。大変貴重なものでした。
1815年には約5,000個が存在しました。その頃の物語です。

★約5,000個=シチズンの1時間の製造量(もし記憶ミスならゴメンナサイ)。
とてつもなく貴重品だった時代ですよね。

無論、現存している時計も僅かです。


今からおおよそ250年前

海を制した国が世界を制する!!!

この言葉が真実を持って世界の中心・大英帝国(イギリス)で実践されていました。
最も重要なのは、緯度と経度を正確に測るための時計でした。
その為、懸賞金をかけて正確な時計を作らせていました。

それをゲットした人がいました。大工のジョン・ハリソン(1693‐1776)。
しかし、本で紹介される栄華とは違い、現実にはかなりの酷い扱いだったそうです。
本来は時計師ではない門外漢に巨額な賞金を与えるわけにはいかないと、
審査委員会が難癖をつけていたのです。

有名な探検家ジェームズ・クックの2回目の航海(1772年)で、
船長はジョン・ハリソンの時計を比較実験し、こう書き残しています。

「ハリソンの正確な時計がある限り、経度の間違いは今後起きない。」

すでに老いていたジョン・ハリソンは、それまでに約束されていた賞金が
なかなか貰えなかったこともあり(79歳の時点でもホンの僅か)、
クック船長の言葉が本当に嬉しかった事でしょう。

国王のジョージ三世が「ハリソンに早急に報奨金を与えるように」と
委員会に進言したのもクック船長の後押しがあったからかもしれません。
(晩年、ハリソンも我慢の限界にきて国王にお願いしていますけど。)

英雄のように伝えられているジョン・ハリソンも亡くなる直前まで、
かなりきつい生活を強いられていたようです。
それが時計師ではなく、大工だった彼の宿命だったかもしれません。

一方、ハリソンの時計は複雑過ぎて(=パーツの研磨も微妙で難しく)
量産には向きませんでした。

▲現物は全て博物館で見る事が出来ます。

ハリソンが亡くなった後、次ぎに出て来たのがクロノメーターの巨頭
ジョン・アーノルド(1760-1790)とトーマス・アーンショウ(1749-1829)。

史実は語っています。

若きジョン・アーノルドの時計はハリソン時計と同様に1772年〜1775年に
ジェームズ・クックと旅をしました。クック船長はこう書き残しています。

「アーノルドの時計は気象条件により、ハリソンより狂う事がある。」

まだデテントクロノメーターが出てくる前のことでした。
クック船長は3回目の冒険以降の1779年、ハワイで亡くなっています。

しかし、ジョン・アーノルドは商才を発揮、重要なパーツのみ手がけ、
他は量産できるように工夫していました。それは、精度と同じぐらい重要でした。

このビジネスセンスはライバル国フランスの天才”時計を200年早めた”と異名を取る
アブラハム・ルイ・ブレゲ(1747-1823)にも大きな影響を与えたようです。
息子のジョン・ロジャー・アーノルドを敵国フランスのブレゲの元に送り修行させ、
ブレゲ”スースクリプション”(予約金の意味)時計誕生もそのせいと思われます。

▲予約金を貰うという生産方法は珍しかった頃です。

また、A・L・ブレゲも息子のアントワーヌ・ルイ・ブレゲをアーノルドの工房に
修行に出しています。

さて、一方の巨人トーマス・アーンショウは、真面目な技術屋さんで、
商才よりもコツコツと自分で全て作りあげ、それを続けるタイプでした。
その為、貧乏生活が続いていたそうです。
しかし自分で統べてやるポリシーを曲げませんでした。

ある時、バネ(スプリング)を使った脱進器なら、衝撃も最小限に押さえられ、
(アーノルドがクック船長の比較実験でいわれたような)
気象条件にも強いはずだと、時計史どころか人類の有り方を大きく変える、
スプリングデテント脱進器を考え出しました。

デテントクロノメーターの登場です。

実際に時計を作って販売にも漕ぎつけました。貧乏のままでしたが…。
実力を認められながらも10歳ほど若いアーノルドに後塵を浴びせられても
地道な努力が実を結んだのです。

この辺りで、意外な出来事が起きました。
現代でも進行中の時計界を二分した大議論の元です。

ジョン・アーノルドが突如スプリングデテントの特許を出し受理されたのです!!!
アーンショウの前に!!!

これを聞いたアーンショウは、すぐさま「自分はもう販売している。」として主張しました。
特許・著作関係では、先に出した方に自然と優先権が発生します。
(申請しなくても自然発生するのだ↑)
商才が無く、貧乏性な彼は特許出願を軽く見ていたようです。
確かにアーノルドのスプリングデテントは、アーンショウのものを見たかのような作り
…をしていたそうです。しかし、決定的ではありませんでした。

しかし、アーノルドも主張を返します。
「いや、見ていない!!!」

どちらが先だったのか、実は、現代でも決着が着いていません。
アーノルドが発明したアーノルドタイプのデテントの背景も良く分かりません。
現代でも証拠となる懐中時計を探しているコレクターすら居ます。

あのアーノルドと親交が深かったブレゲはどう判断していたでしょうか?

書類なんかは残っていませんが、彼の時計を追って調べてみますと、
初期のデテント脱進器は(息子も工房に居た為か)アーノルドタイプでしたが、
途中で何故だかアーンショウタイプのデテントが使われているのが出てきます。

▲アーンショウタイプの採用一例=Breguet No.472の懐中時計

この辺り、A・L・ブレゲもアーンショウのデテントに対して尊敬の念を込め
採用したのでしょうか…。冷静な目で見れば……。

このアーノルド対アーンショウ裁判を見て、ブレゲの有名な「買戻し作業」が
始まったと考えれますよね。

先に販売していたアーンショウのデテントが出てこなかったのは、
誰かが隠したとするのが自然といえますし、まぁ、裁判が決着出来なかったのですから
200年も経ってアレコレ言えないですが。

で、ブレゲも自分の発明もヤバイと感じ、新たにナンバーを振って
販売しなおしたのは、近い人物だったからこそ…と言えると思いマス。
台帳をしっかり付けはじめたのも、そのせいじゃないかな。

それゆえ、買い戻せなかったものは、台帳にも載っていないから、
「正規ブレゲ作品」に出来ず、ブレゲ博物館も鑑定が大変になってしまった所以です。

デテントクロノメーターの流れはアーノルドタイプとアーンショウタイプとに別れ、
兎にも角にも技術を使われた時計達が作られていきます。
とはいえ、それでも大変な値打ち物ですから、数は多く出来ませんでした。

←アーンショウタイプ(既出)

アーノルドの工房は息子のジョン・ロジャー・アーノルドが引き続いて
デントフロードシャムに繋がって行くのに対して、
アーンショウは消えて行ったようです(やっぱり商才が無かったからなの?)。

参考までにアーノルドは1787年、アーノルド&サン社を息子のロジャーと創設。
生涯で1243個の時計を作ったと史実にあります(その内210個がマリンクロノメーター)。
現代、腕時計でもアーノルド&サン社(ブランド)が復活していました。
その為、アーノルド寄りの記事が時計雑誌に多かったと思っています。


オマケの話

一般に見られるアーノルド銘の懐中時計は殆どが息子のロジャーのもののようです。
まぁ1243個しか作っていないのでは、博物館が押さえていて普通ですものね。
ただ、以前、アンティコルムで本人の作ったシルバー懐中時計が出品、落札されました。
落札価格は約750万円。

落札した人は手数料と消費税で大体1,000万円で手に入れていたと思われます。
機械はストップを繰り返すため、いまいちな評価でしたが、それでも歴史的な大物。
かなりの値段でした。

アーンショウの情報は、復刻もされず、当時の継承も無かった為、あまり残っていません。
生涯で何個の時計を作ったのか?良く分かっていません。
ただ、アーノルドよりも少なかったと言うことは書物に書いてありました。

つまりアーンショウの銘の入った時計は、1243個以下。それだけ貴重です。
まぁ、最後まで自分で作り上げるタイプらしいので、少ないのは仕方がない所以。

彼らの死後、あの時計界を二分した「どちらが先か」騒ぎも忘れ去られてきました。
忘れ去られても技術は伝えられ、クロノメーターは多くなって行き、
1831年、時代はクック船長からチャールズ・ダーウィンの乗った船に移ります。

重要な最新鋭船には、海軍などが提供したクロノメーターがたくさん積まれ、
ダーウィンの乗った船(ビーグル号)では何と22個も積まれていたそうです。
最新鋭鑑でしたから多かったとはいえ、2‐3個積めばより正確に運航できる為、
海難事故も減って行きました。

▲1860年には大英帝国は200隻の艦艇で7つの海を支配し、
約800個のクロノメーターを所有・確認されています。
(懐中時計タイプは、その内の極僅か)

そのチャールズ・ダーウィン、彼は無事に航海を終え「種の起源」を発表しました。

1868年、大英帝国ロンドン大学に船の技術を学ぶための留学生が居ました。
伊藤俊輔(しゅんすけ)。

お札の表紙になる後の伊藤博文、その人でした。(まぁ、これは関係無くオマケ)


さて、その巨頭の時計で珍しいものが登場!!!

50mmの中型18K無垢、
ダイヤモンドエンドストーン。
アンクル・クロノメーター(スプリングデテント進化系)

今回ご紹介のものは、アンクルの性能が向上し、
スプリングデテントのムーブにアンクルを応用してみた
数少ない本人の(晩年)作品です。

彼は何を思ってこの時計を作ったのか、想像を巡らすと面白いと思います。
約200歳の時計、ご堪能あれ!!!

←もう涙が流れそう。

←銘がハッキリ!!!



参考になる時計達に戻る     表紙へ     ⇒詳細写真Part2