懐中時計の基本ページ



<基本ページの趣旨説明>

懐中時計は、以前まで現在の「時計」のジャンルではなく、
古美術(骨董)のジャンルに入っていました。

ここ最近の10数年で機械式腕時計が見なおされ、
アンティコルム、サザビーなどのヨーロッパ・アメリカのオークションハウスが
「腕時計」のジャンル(カテゴリー)を作りました。

それと同時に腕時計から懐中時計を見直されたコレクターが
懐中時計エリアに入られるケースが増えてまいりました。

懐中時計の人気が復活かな…。
いえいえ、昔から懐中時計コレクターはいましたよ!

しかし、絶対数が増えてまいりました。オークションハウスも
懐中時計を「骨董美術品」のカテゴリーから引っ越しさせました。

現在のオークションでは懐中時計と腕時計で「時計」のジャンルを作っています。



今までのこのページでは、どちらかといいますと、上級者向けに作っておりました。
基本の時計用語などは解説無しで表記し、
基本の説明は少なくしてオークションに如何にして逸品を探せるか?
骨董市での逸品系(100−200個の中の1個ぐらいかな)を
抜き取るかの参考になるように逸品系を写真で紹介していました。
なるべく基本用語の解説を含めましたが、それでも、他の時計ページさんより少なく
初心者の方は用語を飛ばして写真を眺められているといった状況も多くありました。

わたしの考えとしましては、他の時計ページさんが基本の解説をされていらっしゃるので、
そちらに基本は譲っていたのです。
このだいおうページでは、なるべく写真を多用して見せる方でやっていたわけです。

「基本」の解説としましてはコラムといいますか、簡単な解説しか載せておりませんでしたが
最近になりまして、一般の腕時計の基本の知識では不足の上級レベルの
コレクターさんが増え、このわたしももっと突っ込んだ話をいれなければと考えはじめました。
また、逆に基本に時々帰る事によって、また面白くなるという事にも気付きました。

そこで、この「懐中時計の基本のページ」では、
「脱進器の種類」、「操作のし方」、「作者」、「ブランド創設者」、「エナメル絵画」、「クロノメーター」など
を詳しく解説したいと思います。
さらに、バックグラウンドの歴史までも網羅できればと考えておりますが、
作る時間もかなり掛かると思いますので、徐々にやっていきたいと思っています。

しかしながら、こう言う場合、写真を多く撮り入れていましたので、ページが作りやすいですネ。





戻る