帰ってきた、トゥールビヨン腕時計物語Part2

逸品集のVOL14から先に読もう(←直接来た方)

譲ってくれた友人、彼は多くを語りませんが、とある時計学校の教授の作成とのことでした。
なにぃ!!今知ったぞっっ!。

結構有名では有るらしいが、表に出るとまずいらしい・・・。
まぁ、私の説明はぎりぎりの表現でしょうかねぇ。

元の持ち主さんは、オーストラリアのおじいちゃんで、懐中時計コレクター。
会社経営を引退後、デカイ屋敷でノンビリとしています。
美人(彼談)孫娘が3人います。

物として見ますと、面白い!の一言です。



ベルトがボロボロでしたので、良い物を付け替えました。

下が私のものだった物。

似ていますが部品一つ一つが違っていましてさすが一品オンリー!と感動してしまいます。
量産とは縁が無いと・・・。テンプにはチラネジがついています。

  

↓先に紹介した物です。
トゥールビヨン本体の部品、ダイヤル、裏ブタなど全てが似ていながら違っています。
(比較してビックリしました。)
違いはスクリューバックの形の裏ブタというぐらいです。

お金(予算)が関係ないなら、良いものがやっぱり満足できます(当たり前か)。

 



逸品集案内に戻る     表紙へ