宝捜し報告集

<関連記事>

⇒デテントクロノメーター腕時計
⇒スプリングデテントクロノメーター


懐中時計について分からないことがあるのですが教えてはもらえませんか?
モバードのプラチナ懐中時計なのですが
まだまだ懐中時計 については初心者なのでよろしくお願いします。



<コメント>

初心者で高額なプラチナ仕様ケースのものは、ちょっとありえないかな(失礼)と考え、
掲示板でも書いていますが「買ってはみたけど、ちょっと心配で…」と推測しています。

プラチナケースは薄型が多く、金よりも重いのでわりと刻印が無くても分かります。

値段はやはり程度によりますが、15万円〜数百万円まで様々です。
モバードは中堅所から高級品まで網羅していますので、機械は安心して使えます。
某有名ブランド以上の機械と個人的には思っていますが、ネームバリューの点で
やや安いですから、モノとして値段と比較すると美味しいブランドです。

機械を拝見しましたが、やっぱりかなり良い機械が入っています。
最高級のケースですから、そのブランドの最高級ラインの機械でしょう。

最近はプラチナ無垢は高くなっています。


ハワードです、これはお気に入りの一つです。
よろしくお願いします





<コメント>

ハワードについては当サイトでも多く取上げていますので、いまさらスゴイと言っても
繰り返しのお話になってしまいます。オリジナル箱がシッカリ残っているものも多く、
そういうものが見つかれば、いつか高くなった時にそなえて(笑)購入しておくのも
お勧めかもしれません。

機械は1910年以降の、1番多くあるものですが、フルハンターは少ないですから
良かったですね。

特にハワードは、デテントなどがある1800年後半の初期モデルがやたら高い値段です。
(詳しくは表紙紹介の過去ログで探してください)

価格的には取り扱っているショップさんが多くありますので、避けさせて頂きますが
ショップさんは仕入れが安かった場合、高かった場合でこのタイプは価格変動します。



表紙へ



海外特派員ドクターK2さん、謎の巨大〇〇〇を見つける。
ドクターK2さんは、外科医として人類のため研究頑張り中


ドクターK2ことKです。半年以上はご無沙汰です。

久々コラムですが、掲載はどちらでもいいです。(いえ、掲載します。面白すぎて…)

さて、マッコウクジラの項目(独立させたさくさんのつぶやき)でも既出のとおり、
白鯨でおなじみのマサチューセッツは、ナンタケット島へ調査(観光)してきました。

実は現在ここは、高級リゾート地でもあり、一度はここにこなければ、
はるばるボストンへ来たかいもない という場所です。
この1年、散々この付近のアンティーク店、市場をいきましたが、お宝発見率、実に0%。。

稀に遭遇してもebayやオンラインの方がやすいなぁ。と、いつしか 夢見た大陸での
ゴールドラッシュの夢は破れ、つかの間の安息を求め旅立ったのでした。

フェリーに揺られること1.5時間、朝日も眩しい島で、まさか、アレに遭遇しようとは。。。

余談ですが、かなりの高級リゾート地(でも高級ホテルはすくないです。
お金持ちゆっくり昔ながらの家や別荘で滞在するタイプですね。。
でも、クルーザーか自家用飛行機でやってきますが。。)

←で、座礁中の自家用…

数少ない時計店もありますが、高いです。
興味ないけど初期のロレックスクロノグラフもありましたよ。
たった300万です。。。

観光も土産もそこそこに、ふと立ち寄った約10坪ぐらいのひげオヤジの店で、
こともあろうに、あのあの世界を征服した幻の時計と劇的な遭遇をしました。

な、なんとぉ。。
推定3kgはあろうかというコスモ級球体世界時計ではないですか..
これとクリソツです。。。(←当サイトの失敗編シリーズ)

こ んなところでお目にかかろう とは。。

はっ、私には与えられた使命がぁ。。。ふと、特派員だったことを思い出した次第でした。
しかし、しかし、感慨にふけりすぎて写真を忘れました。。。。
ちなみに、球体時計兼温度計兼湿度計兼コンパス=約3kgの姉妹品もありました。。

で、私はといば、記念にしっかり自分のおみやげだけは買ってきました。
これは、すごいですぞ、竜頭巻き式の純金色にかがやく真鍮削りだしケースに
サファイ用クリスタルの球面にスケルトン使用のムーブで耐震機構アンクル式
(ノットピンレバー)。。。。。。made in HongKongの様子。。

値段、60$なり。。オヤジが全部デザインしたっていったけど、怪しいです。。

まあ、自分の使命を思い出し、残り少ないボストン生活をどうしようか考え中です。。
<<こちらへご旅行の予定の方はご連絡どうぞ。。
超弩級コスモ世界時計ナンタケット販売店お教えします>>

人生、座礁の連続かも。。







もう一度、見てみよう。それにしても、まさか巡って巡って類似品に出会うとは、
なんて素晴らしい事なのでしょう(笑)

当サイトの失敗編シリーズNo.4

走馬灯のように思い出が甦りました……


表紙へ





以前にバージの件でお世話になりましたロンドン在住のOと申します。

本日、アンティークマーケットで中国向けの時計を購入しました。
写真にあるように釣り人の竿の先についている魚と、風車と、擬似振り子が連動します。
ケースは銀無垢で、文字盤はエナメルで装飾されています。
機械は古典的な中国向けのムーブメントです。

ですが、何分素人なもので、詳細についてよく分かっていません。
そこで、時計の時代、価格などをご教授頂けませんでしょうか。
ご多忙とは存じますが、どうかご返信願います










14金無垢ではありませんでした。(修正)

ケース材質が珍しいです。
普通の中国向けのこういうタイプは銀無垢が普通で、時に金と銀、銅を合わせた
合金が出ていますが、金無垢系はとにかく高貴な階級の人達以外は
持てなかったものです


年代は1830年頃〜1850年。
中国のこのエナメル絵画タイプは、実は多く見られますので、ヨーロッパ製の
エナメル絵画よりやや安い値段が付きます。が、逆に普通レベルのものですと
ヨーロッパ製の同質のものより高価になります。

安くなる理由としては、中国系では機械が良く使われるのか、擦りへって
精度が出ていないものが80%以上あるんじゃないか?という先入観です。
いえ、事実、精度の無いものが多いです。この先入観で上級コレクターが
敬遠しますので、安くなる傾向があります。

しかし、ガッカリされないでください。

価格的には14金無垢ということから20〜30万円前後行く場合があります。
精度も出ていて、しっかり動けば、かなり好いものです。
通常では10万円からでしょう。

銀無垢のものは、1.5万円から程度によってバラエティになります。
精度が良ければ4〜7万円です(業者さんによります)。

★価格は、業者さんによって大きく違いますので目安にして下さい。


*お疲れさまです。お返事ありがとうございます。キューバのHです。
*例の時計の写真を添付しました。

*なぜ、こんな時計がキューバにあるかといいますと、 まず、キューバという国は
16世紀以降スペインの植民地の中で一番重要な位置を 占め ていました。
ヨーロッパからみてカリブ海の入り口にあり、アメリカ大陸に向か う時 に
必ず寄航してたわけです。

その後19世紀の中ごろ以降は新大陸の中で軍事的に も商 業的にも一番になっていた
アメリカ合衆国の属国的になっていくわけですが、国 とし ての重要性は変わらないわけです。

で、お金持ちが昔から20世紀中ごろに起った 共産 革命までうじゃうじゃいたわけです。
お金があるところには高価な物が流通する のが 普通ですよね。
ですので、こういう時計とか高価な家具、食器や諸々のアンティ ーク が豊富にあるわけです。

しかし、90年以降の共産圏全般の経済危機により
かなり 海外 に流出してしまっていると思いますが・・・・  

で、この時計はある金持ちが医者である現オーナーのお父さん(おじいさん? )に
気前良くプレゼントしたものだそうです。









機械がドイツ製ランゲブランドのミニッツリピーター(かクオーター)ですが、
キューバにはたくさん眠っている…という言葉にトレジャーハンターとしての
心を揺さぶられます。私からのアドバイスをメールしますので、ご利用ください。

こういうのは、わたしが買取したいところです(笑)

読者さんのメール選抜:サファイヤ受け石の話

はじめまして。Kと申します。
いつもサイトを拝見させて頂いてます。

僕はまだ高校生なので、コレクションと呼べない程度の
懐中時計しか持っていませんが、このサイトでは、普段なら見る機会もない
貴重な懐中時計についての勉強ができ、本当に楽しく見させて頂いています。 

サイト内の「IWCサファイヤ受け石」の記事で触れられていた、
「ハワード サファイア使用」の詳しい画像がありましたので、
紹介させていただきます。





ウルフティースの巻上げ歯車と、金製の輪列、フリースプラング仕様で、
クロノメータ級のチラネジなど、本当にすごい機械ですね。
アメリカ時計の黄金期の最高級品なのでしょうね。

話は変わりますが、僕は「盲人用懐中時計(点字時計)」と呼ばれるものを持っています。
1920年代のスイス製で「HELVETIA」製となっています。

この時計について何か情報をいただけたら幸いです。
それでは、用件のみですが失礼致します。
Kさん、こんにちは。

サファイヤ受け石の情報、ありがとうございました。
ホント、すごいですね。現代のハワードという同じ流れを持つ腕時計ブランドとは
まったく別の会社といっても差し支えないですし、イヤハヤ、すごいですね。

HELVETIAというブランドは申し訳ありません。知りません。
資料を紐解いたりしている時に見つけましたら、またサイトでご紹介しましょう。
高校生ということでビックリしました。これからも、楽しい時計ライフを送って下さい。

読者さんでHELVETIAをご存知の方は掲示板にお知らせくださるとうれしいです。

レザーチェーン(自作)

はじめましてY・Sと申します

添付写真のような革紐で編んだレザーチェーンはどうでしょうか?





巾3mmの革紐を編んで作りました。
金具は100円ショップで買ったものです。
布より柔らかく金無垢の吊り輪に優しいと思いますけど 紙の紙縒り並に弱いです。
金属製と布製の2種類の他にもう1種類に加わればと思い作ってみました。
Y・Sさん、こんにちは。

実は、わたしも布製のヒモに、合いそうな金具を付けて懐中時計を使っています。
アンティークなチェーンも良いですが、どうしてももったいない?感じもしてしまい
いや、同感です。

出来は凄く良いと思いますよ!
工夫するというのって、別の楽しみ方が出来ますからオススメです。


ロンドンに住んでおりますOと申します。
先日、こちらで買った懐中時計です。メーカーは不明で、
店主は15石と言っていました。





典型的なタイプ欧州タイプです。
現代で作るなら結構なコストがかかりますので
懐中時計フリークには入門してから良さを感じるには
一番良いものと思っています。(by会長さくだいおう)


イングリッシュレバーで1818年製のペア ケー スということ
しかこちらでは分かっておりません。時間正確です。







約200年前のエナメル絵画の最も入手しやすいものです。
でも、高いですが(笑)。時間が正確というだけでこのタイプは
重宝されます。銘で値段がぐ〜んと違うのも特徴かな。
(by会長さくだいおう)


当機械式時計研究会の副会長ドクターJ&Lさんの成功談です。

「無名の18Kトリプルカレンダー&ムーンフェイズ(1880年代)



マサズさんでOHしたら、文字盤側の下にルクルトの銘がありました!!
出来がいいので、 最初は時計学校の卒業制作時計か、
どっかのリピーターを得意とするメーカーがショップウオッチとして
作ったのかな?としか 考えていませんでしたが、
「ルクルト銘が文字盤下にあるよ」と 聞いた時は、え!え?でした。
こういう付加価値がつくと、 やっぱ嬉しくなりますね。」



すごすぎ〜(by会長さくだいおう)



キリスト系エナメル絵画

オークションで素晴らしい物を落札されたそうです!

入手されたもの。

ここまで綺麗な状態で現在まで在ったということは、家宝として本当に大切にされていたか
博物館放出のものとか。日本にこのような物が来たということは、時代を超えて驚異的です。
ブランドをモノとしての価値で超えた、歴史的遺物、美術工芸品をカバーする凄いものです。

お見事でした!!





盗難などに遭われない様に、お気をつけ下さいませ。



表紙へ