読者さんの提供写真たちNEW



Yさんより

お久しぶりです。

以前、何度か時計についての質問などで、お世話になりました。
お父様のお加減は、いかがでしょうか?

ほぼ毎日2回ほどサイトをチェックしていまして、
更新履歴は、更新されていないのですが、
お譲りコーナに次回予告がいつの間にか出ていたので、
ご挨拶を兼ねて、メールいたしました。

先月、patekの天文台コンクールものを運良くフリマで落札できた ので、
貧しくなってしまいました。

形は、サイトのパテックフィリップ・エクストラ(等級)と 同じものでしたが、
上位入賞モノではないせいとかフリマであったせ いか
同サイズのpatekのtime onlyとそれほど変わらない値段
(price guideの)で落札で きま した。

そして、最近、やっと自分の手元に現物が届きました。
ムーブメントのナンバーとケースに書かれているナンバーも
一致 して いましたし、 ダイヤモンドエンドストーンに形からみて、
上記ページのギョームバランスと同 じも のでした。

また、実体顕微鏡で拡大して、特にlever arborとpalletやescape wheel部位の
ア ガキを チェックしましたが、何れもまったくといっていいほど隙間無く
軸と石がフィッ トし ていたので、 感動しました。

手に取った現物の造りも、良かったですし、 意外と安い価格で落札できたので、
心配しましたが、どうやら本物そうでした。
↑まだ、判断が甘すぎる?

現在は、patek phileppe japanにオーバーホール兼
Extrack from the Archiveと天文台コンクールの資料請求
(こっちがメインですが) の ため、 早速預けてしまいました。

メンテは、スイスに行くみたいでして、いつ戻ってくるのか知りませんが、
もうすでに、待ち遠しいです。

僕は、初めてなので分からないのですが、
どのくらいで、メンテから戻ってくるものなのでしょうか?
あと、 いつの間にか、patekの日本の代理店が、
一新時計さんからpatek phileppe japan さんへ 移っていました。

自分としては、今度の6月で、懐中時計に興味を持って、1年経つのですが、
良い買い物ができたのかなと思っています。
長々とメール失礼いたしました。

ページが少しでも、更新されていたのがうれしくて メールしてしまいました。

一般的には見積を求めると納期の予定が付記されてきますが、
パテックではかなりの長期(1年とか)もあります。

私がパテックに出したメンテ(スイス送り)経験上、
3ヶ月〜半年が多いみたいです。

時計の代理店はディストリビューターであれ、エージェントであれ、
取引の都合で代わりますので=人気度とかの上下で=要チェックです。
サービス内容も変わると結構ツライですからねー。

今晩はSです。

相変わらずお忙しいようですがお元気でし ょう か?

実はCaldwell & Co. のショップウオッチを手に入れ ま した。
(これで資金がスッカラカンになりました。)
箱つき(ショップ名入り)で主な仕様は、ダイヤル、ケ ー ス、
機械の3カ所にショップ名、機械にバセロン名入り、21石、8POS、ウルフ ティース、
金無垢シャトン止め、金無垢チラネジ、サイズ46mm、18金ケースで 、
ダ イヤル、ケースとも綺麗で、精度もほとんど狂いの無い(数秒ぐらいか?)物です。

もし解るようであれば、教えていただければ幸いです。
お忙しい とこ ろご迷惑かもしれませんがよろしくお願いいたします。

←ドレスウオッチ46mm(薄型かな?)

←クロノメーターロワイヤルの米バージョン

良いものを抜いて こられましたね。

ショップCaldwell & Coはサイトでも紹介 している大御所ですから、
すべてオリジナルのショップウオッチです。

これとは時代が違いますが、間違い無く宝物系です 。

大きさを50mm 前後と推測してアンティコルムに出せば50万円は超えるもので しょう。
高級ショップなら、その倍、100万円近く、ネットで も30〜40万円で出るでしょうネ(フリマは別)。

おめでとうございました。これは凄いものですよ!

お忙しい中、返信ありがとうございます。
写真を送りましたバセロンですが詳しいコメントをいただきありがとうございま し た。
懐中野郎で少しは勉強しましたので、バセロンですし、
よい機械のポイントが何 点も ありましたので、いい物だというのは
大部解るようになりました。色々ありがとうございました。

ドイツ製ユニオン社も良い感じ。

←綺麗なダイヤル

←ケースの彫りも良い。

←香箱のネジが変わっています。名残ですね。

ドイツユニオン社は、グラスヒュッテ、ランゲ&ゾーネ、アスマンなどの大御所から
少し遅れて出てきたメーカーのようです。ポイントは香箱ネジ。

←これは以前扱ったランゲ&ゾーネです。

↑の様に香箱ネジが◆+●という組み合わせで無いのがやや新しい時代という判断です。
無銘でも特徴があるのがドイツ製ですから、1個は押さえておきたいものですね。

1900前後から第2次世界大戦の終了までに作られた贅沢な懐中時計。
それがドイツ製を高額にしている理由ですが、今回のユニオンも贅沢です。

ガラスが入ってムーブメントが裏ブタを開けただけで見れるというのは好きな仕様です。
値段的には結構な価格を付けると思います。


すこちぃさんより

「こんにちは。 今回初めて購入に成功したVerge時計です。
17世紀〜18世紀初期の頃の時計かも知れません。
機械はバージ脱進機の鎖引きアラーム時計です。
針が1針しかありませんでした。
この時計では、この仕様が標準みたいですから 2針で慣れている私には、
時間確認にちょっと苦労します。」

★ファイルが壊れてしまって見れませんでした(すみません)。
私のパソコンはウイルス防止の為、とある部分を壊していますので
時々こう言う事が起きます。お許し下さい!!!

     ↓で、送りなおしていただきました。

「時計購入からいろいろと調べましたが作者不明です。
ホールマークはありませんでした。 L・Nicolas Prevost 315個目。
Lemaindre・Nicolasという人物は本にはありましたがフランスの人でした。
Nicolas・Prevostという人はいるようなのですが情報がありませんでした。
イギリス製だと思うのですがLONDONの彫がないので特定していません。
これからもドンドン集めたいと思います。 最後にお忙しい中、
読んでいただきありがとうございました。 風邪にお気をつけてこれからも頑張ってください。」

←とっても古い時代のもの。

←リピータ付き

←横の装飾が見ごたえ有り。

←石が無い時代です。

←チェーンまで!!!

この時代のリピーター付き懐中時計は、確実に王侯貴族オンリーですから
正体を調べるのは大変ですが(それも楽しい)、頑張って下さい。

ご参考までに「世界人物辞典」とかを私は利用しています。


Y・Sさんより

「私の手作りの懐中時計用革製携帯ケースですがどう思います?」

←しっかりしたクツの造りをイメージできますね。



←収まりも良さそうです。(売り出したら?結構需要が)笑


Oさんより

こんにちは。
以前、支那時計の件でお世話になりましたOと申します。
実は、あれからこちらの時計屋に見せたところ、ダイヤル後付と判明し、
一ヶ月再起不能コース!でした。

が、本日、骨董市で掲示板にも載せましたが、XXXXで無名ハイグレードウォッチを購入しました。
14Kケース、ウルフティース歯車、ムスターシュ脱進機、スワンネックなど、
かなり高級なつくりとなっていました。

文字盤にはCHAS.J.DALE.CHICAGOと記名されていました。
機械には何故かSWITZRALAND?と記名されていました。
初心者意見としては、ショップウォッチ??のような気がしますが、
本当のところどうなのでしょうか。

ただ1つ、気がかりなのはケースがレバーセット用に、ベゼル部分にスリットがあることです。
お忙しいとは存じますが、ご教示下さい。」

←綺麗な状態

←良く見かける「あの高級系」かと思った所…

このデザインはアメリカ製にもあります。仕上げがアメリカっぽいですね。

←ムスターシュ系

▲ムスターシュ系はコチラ⇒ここ

←驚きは”回転盤”。なんだろう?というレベル

いや、これの見所は、何と言っても回転盤でしょう。見たことが無い仕様です。
(すごいですよ、コレ)

特別な脱進器周りという事で100点!!!
オークションハウスに出したら、かなりの査定をしてくれるかもしれませんね。

ケン引き仕様のケースとのことですが、確かにガッチャマンというケースは多いです。
ただ、元々”そういうもの”があるのも機構変遷のハザマにはありますので
気にされない方が良いと思います。

理由は「証明のしようが無い」からです。←結構ツライです。


Sさんより

師匠!

こんにちは、Sです。

暫しお時間を頂き、GETしたお宝を観ていただきたいと思います。
今回はリピータと1/4ステップのクロノ懐中の2点です。
センターセコンドのみのクロノグラフ機能付です。
お勧めのスワンネックレギュレーター、コラムホイールカバーも付いたハイグレード品、
石は32石以上だそうです

文字盤ダイヤルと中蓋にはROSENBLATT&FILSのサインがあります。
話では、Rosenblattは CHAUX DE FONDS の Sandoz&Fils のグループの一員だそうです。
また、地盤にLe Coultreのサインもあります。

音もクリアーで大きく、ミスゴングも無くまさに完璧!、感動!!、大満足です。
ただ、等速調整装置(クルクル)が何か見た目??しょぼい?
これでオリジナルか部品を入れ替えたのか、チョット不満て言うかビミョウな感じです。

ケースは14K無垢、結構大きく直径55ミリほど、中蓋、シースルーガラスも付いています。

←良い感じのダイヤル周り

←クルクル以外は最高…

←っと、いや、このクルクルは特殊っぽいですぞ!!!(悩む)

「もう一方はかなり以前に購入したムーブメントのみのモノです。
サブセコンドダイヤル目盛りが1〜4の、クォーターステップセコンドと呼ばれているものでしょうか。
機械はツインバレルでかなりの多石、ギアも多層に組み合わさっていて、
通常見るツインバレルのムーブよりブリッジやプレートもしっかりしていて気に入っています。

GEORGES FAURE LOCLE と文字盤、機械にサインがあります。
残念ながらステム、ネジも数箇所無く、マキバネも両方とも切れているようです。
センターセコンドハンドは欠品していたので、イギリスクロノのジャンクから取り外したガッチャです。
1/4ステップは当時何のために使われたのでしょう。もしご存知なら教えて頂けませんか?

以上今回は2点の報告です。また報告致しますね。これからも、ご教示宜しくお願い致します。」

←見事な最先端(当時)ムーブ

←ケース作り、針作りがテーマですね。



実は普通の時計機能以外で”時計”部分を変えるのは大変な事です。

ホンの少し工夫しただけでパワーが足りなくなり、動力を何処から引っ張ってくるかが壁になって
時計師に振りかかってきます。今回の場合は計測のクロノグラフの計測限界を”秒”以下にする事。

秒以下の計測をする目的というにはスポーツがありますが、それ以外でも技術の進歩のため
何処まで細かく計測出来るか?などは科学者のテーマでした。光の速度を計測する時も
それはそれは工夫に工夫を重ね…。未知へのチャレンジですね(By UMAサイトバージョン)。

4分の1秒を計測させる為、秒針を早く回転させたわけですが、結局動力不足から
ゼンマイを二つにしなければならなくて、写真の機械のような複雑化した形になったようです。

尚、動力不足の場合、8日巻きの時計を上手く改造して採用したものも有ったようです。
そういうものはとにかく珍しいので、時計史的にも貴重ですね。
(だから思いっきり高いと言えます)


J&Lさんより

「こん○○わ。J&Lです。
今年もよろしくお願い致します。m(_ _)m

去年にサイトをシンプルバーションにしてから、 ぐっと楽になりました。(^^;

去年は初期腕時計を中心に収集しまして、
成果といえば、ご存知かも知れませんが…」

エルジン銀側初期腕時計(1910年代)

ハンプデン銀側初期腕時計(1910年代)

シチズン初期腕時計(1930年代)

ユリスナルダン銀側デッキクロノメーター(1920年代)

メールのお返事が遅くなり過ぎてしまい、サイト上で失礼しています(汗)。

J&Lさんもかなり豊富なコレクションになられているはずですから、
博物館が出来そうですね。あらゆるジャンルが揃っていらっしゃるのでは?



表紙へ