IさんのコレクションM.J.Tobias

読者さんの宝捜しVOL.3



Iさんより

M.J.Tobias の時計はあまりWebサイトにも説明が載っていないため、
ご意見を伺いたくメイルいたしました。

メーカー M.J.Tobias Liverpool
ケース  金無垢(ヒキワに減りあり)



インナーカバーはメタルと思われます。
機械Detached leverとあり、写真比較からもイングリッシュレバー脱進機と思われます。
鍵巻き式です。現在調子は良く、日差は1分以内です。



ダイヤル 金で、風景画の彫金があります。



派手ではありませんがダイヤル地はイエローゴールド、
数字はピンクゴールド、縁の飾りはグリーンゴールドと思われます。





ガラス欠けがあるものの、ブルズアイです。

その他  竜頭を含まない直径50mm、厚さ15mm。
重量は90gもあります。ムーブメントの石が透明でした。ダイヤでしょうか?





師匠、 こんにちは、A県のSです。
(Sさんはイニシャルが同じケースが多いですから県名を入れてみました)

相変わらずお忙しいようですが、お変わりありませんでしょうか。

先日のドイツ時計の記事は大変興味深く拝見させて頂きました。

イギリス、スイス、アメリカ等がよく目に付くだけに、
何となく見落としていたような感じでしたので大変新鮮でした。

考えてみれば几帳面な国民性や工業立国としての歴史を見れば
素晴らしいものがあるのは当然ですよね。
これからはドイツ製も意識して勉強してゆきたいと思います。

今回は以前ご紹介させて頂きました、アーノルド・アダムスのような
凝った文字盤のものを並べて見ました。
ホーロー文字盤の純な白いツヤも良いのですが、結構コテコテも好きなもので。



マルチカラーや彫刻入りの文字盤モノは19世紀前半に多く作られたようですね、
今では考えられないような手間を掛けた作りの繊細さに感心してしまいます。











ムーブメントのみもありますが、ご覧頂ければ嬉しいです。







地の機械彫りも一体どんな加工機械で作られたのでしょう。
全く先人の偉大さに言葉もありません。

最近はオークションでもこの種類はなかなか出品されませんし、
有ってもすぐ手の届かない値段に跳ね上がってしまいます。
いつも小まめにチェックして、このカテゴリの時計を増やしてゆきたいと思っています。

どうでしょうか? たまにはこんな見た目の華麗さも素敵だと思いますが。
でも、さすがにこのレベルは良い機械が使われていたりします。

パラシュートサスやダイヤエンドストーンが当り前みたいに付いています。
個々の説明は長くなりますので割愛させて頂きます。

あとリピーターですが、無理だろうなと思いながらも他の人のビットが伸びず、
運良く手に入れたものです。
(すぐ後で、オランダの人から譲ってくれとオファーがありました。)

2個目のリピーターです。





中蓋にサインがあります。

30石以上、マイクロレギュレータ、ウルフティースホイール、金無垢チラネジ、
矢印型平衡錘などなど・・・これでもかー!の高級仕様オンパレードです。

でも、クォーター・リピーターなんですよ。

何でこれだけのものがミニッツじゃないのか不思議です。
もしかしたら最後の分用のパーツが欠損しているのか
故障しているではと思っていますが・・・。

外観はミント、動作は時間も正確、ゴングもミス無し、
クォーターリピーターとしては完璧です。

ただ、前回紹介して頂いたミニッツに比べれば音はちょっと小さめで、
硬い音色ですジィーって言う音も結構大きいですね。

っていうか、あのROSENBLATTのリピーターほうが素晴らし過ぎるのだと思ってきました。
あの特殊な等速調整機のおかげか、リピーター時もシュルシュルルーという感じで
とても静かです。 ゴングの音もまるで心が洗われるような(?)澄んだ大きな音色です。

なかなか簡単に他のと聞き比べとはいきませんが、
また機会があれば良い物を手に入れてみようと思っています。

また添付画像多くてすみません。重くなってしまいましたので 2回に分けて送信致します。
これからもご活躍、期待していますので 健康に気をつけられ頑張って下さい。

また、メール致します。失礼します。

少しコメント

アーノルドアダムスなんかは無名だった筈なのに思いっきり値段が上がっていますね。
(主にアメリカですが)

最近、日本のヤフオクよりもeBayの方が高くなっているという事を耳にします。
(物価、給料、生活費を考えれば異常な状況です)

少し覗いて見ましたが、恐るべし…。

あまり公に話すと弊害が出ますが、クオーターがミニッツだったというのは
フリマではよくあるようです。狙う人は業者さんですから外れても大丈夫ですが、
一般コレクターがそれを期待して狙うとイケマセンので、ここを読まれた人はご注意を。

ただ壊れていただけで、治したら宝物に変身しますので、美味しいですが
確かに上記の写真ではミニッツであっても全然可笑しくありません。

オランダの方は、それを期待してのことだと思います。

確認する為にはダイヤル側を外さないとイケマセン。
メンテの際に発覚する事が多いですね。

▲ダイヤル側に小さなマーク(AP)とかありましたら、オーデマピゲ製です。
ルクルトキャリバーにも見えますが製作者は知られざる時計師は間違い無しでしょう。
緩急計もシッカリ作ってあります。


Sさんより文章は少し校正してアップしています。

相場云々ノ話では、業界に及ぼす影響もあるで しょ うし、
色々お気を使われ大変ですね、お察しします。大変参考に なりました。
今後とも懐中野郎を参考にがんばって行きたいと思います。

また、私は柱時計4本、腕時計10数本、懐中時計6本を持っています。
今後のメンテ代を考える と あまり数を増やせないかなあ、と思うこのごろです。

時計本体の値段は10倍差 があってもメンテ代の差が10倍になる事はありませんので
(個人の時計師に出す場合) 安い物は、ディスカウントで買ったミヨタ(シチズン)製の
ムーブを積んだ3000円で入手した自動巻腕時計です。
この場合購入価格の数倍のメンテ代がかかると思い ます。

個人的には、価格的に手頃な物をメーカー、ムーブ別に数多く集めたいのですが 、
(1つのメーカーでも数多くムーブがあり揃えるのは大変だと思いますが、
これが今 の腕時計と違いおもしろいところですね。)

上記のことを考えると考えてしまいます。

佐久間様ご自身、お知り合い、お友達はどのようにあつめていらっしゃるのでし ょう か?

話は変わりますが、今手元に、DG&S の刻印のあるグリュエンと
とKLAFTENBERGERの銘のあるイギリスの懐中が ありますので
よろしかったら見て下さい。

グリュエンは金張り、KLAFTENBERGERは小型30ミリ、ハ ン ターケース金無垢(何金は?)
機械は、ウルフティース、ゴールドトレイン、 受け に金属プレート、金無垢チラネジなど
いい作りだと思います。

ともにダイヤルに ク ラックがありますのでいまいちです。
記事にしてもら うよ うな物ではありませんが、ともによく正体が分かりませんので
見ていただければ と添 付写真で送らせていただきます。

お忙しいところご迷惑かと思いますがよろしく お願 いいたします。

 




少しコメント

何となんと、謙遜されていらっしゃいますが良いものです。
解説はまた後ほど…。

私の友人知人の集め方は千差万別です。恐ろしいほど個人の違いがあります。
その点も次回解説で入れておきます。

メンテは結局自分で出来るように頑張ってしまうのがお約束です。
その際に何個か壊しますので(必ず!!!)、それを前提に覚悟しましょう!!!
コレクションではなく、骨董市で買ってきた安い物で練習をするのが必要ですけど、
意外とガラを直すという練習方法もオススメです。

しかし、致命的なガラは治すのにお金が掛かってしまいます。=練習レベルでは治せない

「自分のメンテで調子が良くなった」と実感できるレベルの練習用時計を選んでください。
選んでいるうちに逆にはまってしまったりして面白かったりします。

人間とはかくも面白いものですね……(これ、結構ポイントかも)



表紙へ