読者さんの時計Part4


管理人様はじめまして。神奈川のTと申します。
HP、拝見してメールさせて頂きました。

鑑定もされているとのことでHPを見ましたが、
よく読んだら基本的にされていないと。
鑑定して頂けるのでしょうか?(料金かかるのでしょうか?)
オークションの為ではありませんので感謝こそすれ怒ったりとかはしません。

あつかましいようですが無料なのでしたら是非お願いいたします。

先日、骨董市でオメガの古い時計を入手しました。
見た目で魅かれて購入(\20000)したのですが、
文字盤にはマークとOMEGAとしか書いてありません。

オメガ社のものなのか、年代、市場価格はどのくらいなのか?
教えて頂ければ幸いです。

一応写真添付します。





直径2.5センチくらい、球形、前後はガラス?機械式で懐中時計らしいです。
吊る部分が一応オメガをかたどっている?のでしょうか。

店主は本物かどうかわからないが、私もオメガってことで 買ったとのこと。
古くも新しくも無く、1960年位かなぁ、
時計は好きだけど詳しくないのだとのことでした。

お忙しいでしょうが鑑定頂ければ幸いです。宜しくお願いいたします。

     ↓

お世話になります。 ご連絡、ありがとうございます。
連絡遅くなり申し訳ございません。

実は、文字盤側にはマークとOMEGAの文字、
裏側にはSJL3と刻印があるだけでした。

これらは写真にも写っていますが、
私が見た限りではこれ以外には何も見当たりません。

尚、購入時は桐の箱に入っていました。

役に立つような情報が殆どありませんが 宜しくお願い申し上げます。

オメガ社の資料で、このような機械を採用していたかどうか
全キャリバーをチェックしてみましたが
そのものズバリは見当たりませんでした。

シリアルナンバーが無いと言う事(ダイヤル側にあるかも)と
センターセコンドの腕時計用でテンプ受けが曲がるムーブは
オメガではなく量販用ムーブっぽいです。
SJL3の刻印はオメガ資料でも見当たりませんでしたが、
オメガ社は多少資料が混乱していますので厄介です。

骨董市などで球体のガラスケースは時々見られます。
オメガ銘も多いですし1‐3万円の相場と思われますが、
有名所も無名も大きな差をつけることなく扱われているようですから、
価値的には気にされない方がオススメです。
(真贋断定はオメガの腕時計に詳しいサイトさんでなら一発かも)

アクセサリーとして純粋に楽しんで下さい。


Yさんより

ホームページを隅から隅まで読ませいていただきました。
非常に勉強になりました。とてもおもしろかったです!

ところで、私、HPを熟読したにもかかわらず
ROLEXの懐中時計を購入してしまったのです。

別にROLEXが特別好きというわけでもないのですが、
ムーブメントに何となく惹かれて買ってしまいました。
懐中野郎さんでは軽く批判しているのにもかかわらずです・・・。

そこでなんですが、まだ勉強不足の私に
このムーブメントがどの程度のものなのか教えていただけないでしょうか?

PATEKやその他の一流には確実に及ばないとしても
IWCやULYSSEやオメガとは互角に渡り合えるのではと信じたいのです。
真に勝手ながら写真を添付させて頂きました。
どうかどうか辛口でコメントお願いいたします。

これからの懐中時計選びの糧にしたいと存じます。
礼儀だけは欠きません。きちんとお礼をいたします。
よろしくおねがいします。



これはロレックス懐中時計の中でも上から2番目ぐらいに良い機械を積んでいます。

1番良いと思うのはユールヤーゲンセンから供給されたと考えているこのタイプの機械
100万円近くで売られていた実績があります。
(当サイトで扱った写真のヤーゲンセンは6‐7万円で売れたかと記憶しています)

ロレックス記事は昔に書いたものが殆どで、つまり、あまりのブランド格差によって、
同じ程度のものでも値段が凄まじく、破壊的な差が出ていました時代でしたので、
啓発の意味をこめて書き連ねていたものでした。

デイトナのじいさん記事なんかも今では謝ってます(汗

ランク的にはゼニスやロンジンの懐中時計とタメを張るような良いものですね。

ただ問題は、購入価格だけだと思います。
しかし、こちらも最近はそれなりの価格帯に落ち着いているようですので、
私の過去の記事はあまり気になされないようお願いしますね。

御礼なんかは要りませんのでご安心を。


Wさんより

こんばんは(?)、以前に何度かお世話になっている大阪のWと申 します。

チョコチョコと懐中時計を収集いたしており ます。
現在のところ、それなりの時計を何点か収集いたしました。

・アドルフランゲ 15石
・グリュエン エクストラ調整
・ユリスナルダン デッキウォッチ

どこかで拝見したような品揃えですが、とりあえず偶然です。
もしお邪魔でなければ添付の写真をご覧ください。

色々とお忙しいようですが健康と体調にはお気をつけください。
長々と駄文を失礼いたしました。













う〜む、恐ろしく素晴らしいコレクションの揃えですね。

写真が見事でしたので、資料的価値もあり、サイト保存をさせて頂きます。

Wさんはコレクションの1段階を登られたご様子。100年前を走破。

としますと、次ぎは更に100年を遡られて200年前レベルの時計、
つまり時計だけでなく、人類の歴史に関わるような時代のアイテムを
目指されるのでしょうか。

200年前は動かないものも多くなり、存在自体が大変難しいジャンルですが、
踏み込まれると、また格別な味を経験できると思います。
頑張って下さい!!!


Mさんより

はじめまして。いつもHP楽しく見させて頂いております。
私は個人で懐中を1つだけ持ち、とことん楽しんでいる者ですが
現在は、バージを1つだけ持っています。

そこでお聞きしたいのは、Tn. Cuminghamがどんな人なのかなという ことです。
おそらくホールマークより、イギリスのバーミンガム、
1815年、ということ までは分かっています。

その他にITというマークも付いています。
Tn. Cuminghamと言う方が存在されましたか?

あなた様のHPにはその名前はでてこないので、何かな?と思っています。

また、例の高級機搭載の ウルフティースギアって何がいいんでしょうか?
機械系の職場ですが聞いたことが無いので・・・

よろしくお願いします。

Tn. Cumingham…。
イギリス・バーミンガムの時計師とのこと。

ホールマークは錨(イカリ)の図ですね。

1815年といいますと、アーノルドやアーンショウ、ブレゲの時代。
まさにその時。

一般的にはペアケースのシルバーか金、バージ脱進器であり、
機械には立派な彫りが施され石は入っていないのが普通です。
ふたつの針で秒針はありません。
機械のみにサインがあり、筆記体ですから読み違いも多いです。

しかしながら、どちらにしても当時の時計師たちの資料は中々ありません。
調べるのはかなり骨の折れる仕事です。
では、ある限りの時計資料を繰ってみましょう。

時計師ではCuminghamはありませんでした(こういう名前はあります)。
そこで、Cuming、hamと分けてみました。
イギリス時計では時々hamを付けたり付けなかったりが見られますので。

ロンドン1750‐1800
Cumming, Alexander

ロンドン1820
Cumming, Charles

Tnというのは、多分、JnとかJuやChの間違いもあるかな?と思います。
普通だとColumbia, TNのように地名にも使われますので、これは却下。
うーむ、2番目が年代的には近そうですが…mmと重なっているので却下。

近かったのですが、スバリというものではなさそうですねぇ。

では、「Tn.」というのをTho.=Thomasと解釈して探してみますと、
こちらはありませんでした。

mingって珍しいので調べてみました。
無かったです。

Birminghamの地域に関連しそうな著名なメーカーを調べてみました。

DENT、COOPER、BARRAUD、BENSON、BARWISE、
JOSEPH,JOHNSON、Jurgensen、MARHAMなどなど。

これも資料不足で名前は見当たりませんでした。

世界「人物」総覧という本で、なんらかの手がかりが掴めるかな?
…と考えてみるも、460ページにギッシリと名前が詰まっていまして、
チェックも大変。見逃しも有ったかもしれませんが、分かりませんでした。

こんな結果で申し訳ないですが、近い名前が無い限り、系譜にも辿りようが無く、
調べるのにかなりの時間と手間が掛かりますので、あとはお許し下さい。

追記2ウルフティースギアについて

解説を忘れていました。すみません。

サイト内のどこかに書いていた気がするのですが、管理人とはいえ、
何処に書いていたのか記憶が定かでは有りませんので、簡単な説明を。

歯車の構造を考える時、ピッタリと噛み合うのが理想ですよね。
そして、動かす力の接触面を広くすることが安定さに繋がります。
特に強い力が掛かるゼンマイ巻きの部分には重要な部分でした。

それを具現化したのがウルフティース歯車だったのですが、
作るのに非常に手間が掛かりましたので、現在の歯車になりました。

ということです。

珍しいぞ!!!18K商館時計のリピーター懐中時計


Sさんより

突然のメールで失礼致します。

実は、懐中時計について教えて頂きたく、ご連絡致しました。
いきなり、写真を添付し申し訳ございませんが、
この時計がどこのメーカーの物で、商品名は何なのか、
YOKOHAMAという文字が読み取れますが、日本製なのでしょうか。

クロノグラフ、リピーター、
明治中期頃の品物、
直径5.9センチ
重量157g・18金

お忙しいとは存じますが、お返事を頂けたら幸いです。

先程、懐中時計の外見写真をお送り致しましたが、
内部の写真をお送り出来ませんでしたので、
2度にわたってしまい申し訳ございません。





















西郷隆盛ですらロンジンの18Kノーマルだったのに、
商館時計でリピーター付きとは!!!

商館のオーナー(外人)のものだったのかもしれませんね。

時計に刻まれている社名は横浜の輸入元です。
輸入元を商館と読んだので様々な商館時計があります。

メーカーは各国に渡っていまして、欧米がメインです。

パッと見、どこのメーカーかは記憶から出てきませんが、
スイスのエボーシュ(元の機械の一部)とアメリカのクロノグラフ系で
オーダーメイドとして作り上げた感じがします。

なかなか珍しいですね。

メーカーは詳しく調べていませんが、
リクエストがあったらメールを放り込んでおいてください。



Part1へ     表紙へ     次へ