ヤフーオークション・eBayなどで成功する人・失敗する人

ご注意
この解説はあくまで趣味でフリマ・オークションを利用しようとされる人向けのお話です。
今後アンティーク時計店をオープンして仕入れの中心を依存しようとされるのならば
(腕時計は判りませんが)懐中時計では止めておきましょう。
この私ですら(偉そうですいません)、仕入れではなく趣味のエリアとして
利用しているのが現実なのです。

このテーマは奥が深すぎます!しかも、公開するにはかなり
危険です。金銭も絡みますので…この私も書くには大変勇気が要ります。

ザ・懐中野郎の卒業生が上記の有名フリマで結構頑張られて
いらっしゃいます。そして、私も多数の結果のメールを頂くようになりました。
喜びあり、悲しみあり、笑いありの多種多様な結果を聞いておりますと
ちょっとアドバイス的に書かなければいけないかなとは思います。

が、非常に難しい!なかなか困りました。


(データ)

@成功者の傾向…コレクター入門時に良いものを購入され、目を肥やされた方

A失敗者の傾向…知識優先型の方

成功者や失敗者といっても、いつどちらに転ぶかわかりませんので区別が
難しいのですがおおむね成功者=成功率80%、失敗者=成功率40%の
割合で大きく分かれるようです。

成功率というのはイメージ値段よりも届いてずっと良かった、値段相応、悪かった
で分けて割合に出したものです。

成功者の方は思いっきり慎重で、例え有名ブランドの物でもちょっとでも
不安をフィーリングで感じ取ると安くてもビットしないようです。
転売よりも自分の所蔵品として捕らえる傾向にあります。ゆえにコレクター入門時
には高いものを買いはしましたが、例えその初期のものが転売時に半額にしか
ならなくともその手に入れた半額でもっと大きなメリットを享受されているようです。

一方、失敗者の方では、有名ブランドやすごい機構が写真で判断できれば
ビットされます。いい方を変えれば「転売したらプラスかどうか」をメインに
捕らえている感じでしょうか。ゆえに、細かい説明を飛ばして判断してしまう
ところがあられるようです。損をしないようにしないように慎重な様に見えて
逆にトータルで損が大きくなっているような気がします。

一般的には上の2傾向の混ぜ合わせの方が多いと思いますが、いかがでしょうか。
あ、この私は初期の勉強したてのころは成功者系が強く、現在は販売を視野に入れて
いるものですから失敗者系が頭をムクムク持ち上げています…(悲哀)。


ヤフーオークションeBayについて)

eBayはアメリカで発生した巨大フリマです。アイテムはモーターボートや家から
干し首ミイラ(レプリカ)まで結構何でもそろっています。

懐中時計や腕時計も常時気が遠くなる点数があります。
日本ではeBayJapanが出来まして、登録からビットまでは日本語で
出来るようになりましたがフリマゆえ、売主とのやり取りは英語が基本です。
(ドイツなども含まれますが、英語でいけます。)

ヤフーオークションは知らない人はいないと思いますので省きますが、この
二つのフリマ(オークション)はアイテムの終了時間があってそれまでにビットを
かまします。値段は落札希望価格があるもの、ないもの、など色々とあります。
(それぞれサイトでの説明文を読んでください)

大きな違いは、興味がある人が質問するとヤフオクでは他の方も閲覧可能で、
eBayはすべてメールのやりとりですから他人が質問したのを読んでとはいかず、
必ず自分でしなければいけない事です。
ヤフオクでは売主のメールアドレスはすぐに分かりません。
eBayではすぐにわかります。

全般的な返品についてですが、基本的に厳しいです。eBayは返品可でもなかなか
実際にやるとなると面倒くさくて難しいです。返品期限は届いたときには切れちゃって
いることが多いですし。


(売主セーラー、買い主バイヤー)

この巨大なネット上でのフリマでは、コレクターや一般チョイ出の方、業者さんまで
入り乱れて争奪戦が展開されているわけですが、いいものを購入して自分のものとして
改めて出すということもされています。そうです。セーラーでもあり、バイヤーでもある
パターンも多いのです。

私はセーラーでもありバイヤーでもありますのでちょっと詳しく教えてしまいますが、
ザ・懐中野郎で売れなかったりしたものはeBayに出したりもします。

ロケーションがなぜか「Tokoname」(常滑市)で…、あ、こんな話はいいですね。
結論は「出すときはイマイチ君が多い」ということです。値段はそれなりです。
いいものを安く出すときはちょっと資金に困ったときでしょうか。
ただ、こういうことは世界共通の気持ちと思いますので、かなりのフィードバック保持者
はこのルールにはまっていると思います。(私はeBayではメルアド変更消去分を
合わせれば100ポジティブですが、友人には500Posを超えるつわものもいます。)

購入ノウハウはあまり書きたくありませんが、良いものと知らずに安く出している人や
ビットが殺到しないような題名をつけているアイテムを狙うのが報われることが
多いですね。地道に探しましょう。

金無垢を金張りにしてあったり(=ホールマークの知識不足)、脱進機の知識不足、
大物時計師の知識不足(=現在ブランドとして残っていないもの)の売主なども
ねらい目です。

ただし、そうそう掘り出し物はありません。骨董市でもそうですが、かなりの量が
ジャンク(ガラクタ)でもあります。脱進機を知らない…というところで、
デテントやトゥールビヨンを引けば大成功ですが、同様にピンレバーを引いてしまうことも
あるわけです。


(危険)

時計を出しているのをチェックしまくりますと、時々
「僕は時計は詳しく知らないけど、時計師はUS$600はすると言っていました。」
とか「メンテすればオーケー」という説明が出てくると思います。
全部が全部悪いわけではありませんが、胡散臭さは正直あります。

私の経験では、前者の時計師は〜の物で届いたらボロカスで、その売主の時計師は
600ドル(送料入れて約8万円)と言ったかもしれないが、どう見ても2千円でした。

また、メンテすればオーケーという方はフィードバックが200ぐらいの人だったかな、
写真に香箱(ぜんまいを収めてあるパーツ)がないじゃん…。というのも
見たことがあります。

まぁ、なんにせよ、入門時に確実な質のいい時計を手に入れていじって見ていれば
自然とこのような知識は貯まっていきます。


(セーラー経験として言うと)

私は正直に言いますと、悪いところを書かずに売るのは簡単です。
カモといいますか、知らないビッターが引っかかるのを待てば良いだけですから。
逆に悪いところを書くとそれだけが誇張されて売れなくなります。当たり前の
ことなのですが、マイナスになることを承知で書くという難しさは販売を経験されて
初めて実感します。この難しさを乗り越えてマイナス面を書いている売主はほとんど
確実にOKです。ただ、それなりの実力者ゆえ、値ごろ感は少なくしっかりと査定
されていますが…。


(成功するために)

やはり、簡単に言うようですが、いいものをまずは手に入れて実際にいじったりして
慣れることです。機械も何回も見て記憶します。どういうところがいいのか悪いのか。
懐中時計は機械が主体ですから機械を写真に載せていない物は上級者選択となり
経験的にはほとんどが並品でした。成功している人の傾向のもっともなところは
慎重であれ!ということですね。
また、終了間際にビットが集まるのは周知のとおりですので、どうしてそれがいいのかは
深く考えられずに時間の許す限りそうやりましょう。

最後に、危険と隣り合わせではありますが、いいことも多くあります。それは事実ですね!


(成功者の例)

デテントクロノメーター腕時計

これはひょっとしたら世界でだた一本のものかもしれない…。多分、eBayでは
200万個中の一個でしょうね(デテントだけでも3千個の懐中で1〜2個あるかどうか)。
アンクルで充分精度が出てきた時代なのにデテントを敢えて使った手間の
かかりまくった腕時計。ブランドが一流だとかの世界を超越したスゴイものです。
(卒業生がeBayでゲット!)
無銘ですが、エドワード・コーエンの作品に似てます。
ところで、これって巨大なのかなぁ…


トラブル

eBayで今年の7月に落とした18Kハイグレード懐中時計。

カナダ人の売主は「8月に送ったけど…」と言っているが、

まだ、とどかぁ〜〜〜〜ん。
(悲哀)

純粋に15万円ぐらいの損失じゃ!!