オークションのテク

カタログオークションとは、アンティコルムやサザビー、ドクタークロット、
ドロテウムなどを指していいます。代理店が国内にありますので、
会員登録をすれば参加できます。日本語訳も付きますし、代理ビットの
代理店ですから初心者にも安心です。

時計以外でも、専門書など時計関連グッズも出品されます。

代理店では時計だけでなく、古美術品、コレクター物などいろいろな
ジャンルを扱っていますので時計にこだわらず見てみると楽しいです。

会費は一年で2−3万円やその都度参加型などルールがありますので
検索などで調べられるといいですよ!


オイラはオークションに早くから出ていたのだが、これは、オイラの前職に少し関わっている(?)。
本当は全然関わっていないのだが、まあよしとしてくれたまえ。

実は、大変かっちょいいのだが、延べ60カ国も20代のときに出張しているのだ。
もちろん、ギャル相手でないと、こんなことを話しても”やなやつ”になってしまうのでいかん。
一見、本当にすごいやつと思わせておいて仲良くなろうってしても、
実を言うと、それでも、ギャルにもてん。
海外でも国内でも、一回もおいしい目に会っていないのが現実の事だ。
やっぱり、下心が伝わるのだろうか?もてるのは、パートのおねーさまがたに対してのみである。

これは、良い時計をしていても、もてんと言う事と一緒で、
やはり、性格を鍛えるのがベストといえよう。しかしながら、高級クラブのぴちぴちギャルにはもてる。
接待でしぶしぶ行くことがあるが、なぜもてるのか解るだけにさらなる寂しい風が吹く。

ところで、海外には医療関係で出張していたのだが、
3日のうち1日は必ず腹痛をおこす必殺技を持っていた。
国内でもやる人はいると思うが、こいつは仲間がいると出来ない技だが、
ミーティング相手が現地又は業者さんの人ならば100%成功だ。
その浮いた1日で現地で遊ぶのだが、ときどき、時計屋や、オークション会社を覗いていたのだ。
というわけで、いまでも見ているカタログオークションを経験からお話しよう。
その1:特定ジャンルなら、カタログ2/3あたりを狙え!!
バセロン、パテック、ブレゲ特集など、特集ものは世界中のひとがそれを目当てに集まるので、
一般のオークションより高くなる傾向がある。
普通、ベテランは特集を避けて、次回に出る。
その手もあるが、実はかなりのねらい目が2/3のカタログ部分のアイテムだ。
前半に散財するひと、ラストの超ど級アイテムにターゲットを絞っている人。
その、狭間を狙うのだ。普段より安く落とせる。
国内でも、英文のカタログなのでそこまで読み進めない人がいるという事実で若干有効である。

その2:専門書は外国語専門家以外は眠り薬だ!

まあ、自分の能力の棚を上げて言うなら、上のとおりだ。
実は私は5ー6冊ぐらい落としている。
(ドクタークロットで)1冊大体1万ー1万5千円である。
妻はこんなのも読めるなんてさすが”世界を又にかけた元ビジネスマンね”というが、
読めるフリをするのも大変だ。

その3:程度の本当のところは・・・
そんなに数多く落札していないが、良い!!と思う物はエステメートの上限でもなかなか落とせない。
やっぱり、キズの多いもの、針とかの欠損もの、
ムーブの悪いものがエステメートの中下ぐらいで安く落札出来る。
でもでも、私が昔落とした物は、手に入れてから2回スイスへ、
1回国内にて修理してまともになった(懐中時計)。
今はもう無いが、どこへ行ったんだろう?(昔の引越し時点で無くなった)。
ところが、懐中にがぎって言えば国内で購入するのと一緒だ。
メンテナンス料から考えれば、国内物でも、何回も修理してまともになる場合が多い。
オークションの懐中は安いので、ぜひオークションにて落札して欲しい。
国内では、100ー200個に1個ぐらいの割合でオークションレベルがあるので、
まずは骨董市へいって1個買ってからオークションカタログを紐解いてみよう。

その4:腕時計では
腕時計は落札したことは有りません。でも、国内物と程度の差はあまりなさそうです、ほんと。
オーバーホール代1ー7万(正規輸入元)から考えると、
高いもの(パテック、デイトナ等)についてはオークションのほうがよさそう。
何て言ったって、高級品をだだくさに扱う人がそんなにいるとは思えないですからね!
オークションは程度が悪い!と前面に打ち出すある本では、国内で売れなくなるからでしょう。
メンテナンスで追加のお金が一杯かかった本の中の例はすべて、
リピーターや、150ー200年前のもので言っているから、腕時計でもそうだと錯覚しますねえ。なるほど!


戻る