破壊力バツグンのデザインや無茶な文章の改行が有るページは、
サイト初期(創世記)の修正していない前のものです。


購入に役立つ時計のご紹介

このページでは珍しい、面白い、スゴイ…ものを選んであります。
時計の深い世界が、これらを見られることで感じていただけたら幸いです。

VOL1から一気に読めます。

VOL1 レマニアの創業者作品か!?
大変繊細なダイヤルに手の込んだ機械が飛びぬけた素晴らしさを印象つけます。
VOL2 バセロン・コンスタンチンハイグレードの逸品
ムスターシュ脱進機の逸品です。クロノメーターロワイヤルが出るまでの最高級ライン。
VOL3 ハーフハンターの逸品は?
カギ巻き時代(1880年以前に多い)のハーフハンターケースを使用した逸品です。
VOL4 アーノルドアダムス。知られざる高級ブランドです。
アーノルドアダムスって、ご存知ですか?知れば欲しくなりますよ!!
VOL5 キャプテンウオッチ
大航海時代には船長の時計だったキャプテンウオッチ。パテックフィリップも作っていたようです!?
VOL6 トリプルカレンダー・ムーンフェイズ@A
よく、ムーンフェイス(顔)と間違われていますが、フェイズ(位相)が正解です。
VOL7 エナメル絵画女性銀無垢
エナメル絵画は絵柄が勝負です。これは大変美しい美女が画かれています。
VOL8 キャプテン・ウオッチの凄い物の代表です。
テンプがプラチナ製(かなり確実)のすごい逸品。ブレゲのパラシュートも使われています。
VOL9 スプリットセコンズ・クロノグラフ@A
複雑時計の入門のスプリットセコンズクロノグラフです。
VOL10 初期の腕時計の最高レベルです。
初期の腕時計は懐中時計を流用されていました。これは、懐中時計自体が高級品です。
VOL11 ミニッツリピーター・クロノグラフ・ジュネーブシール
私が今まで見た中での最高の保存状態、クオリティーを誇っています。
VOL12 ルビーカットされた受け石が使われている逸品
外見が同じでも値段の違う時計。これを見せれば誰でも納得です。
VOL13 バセロン・コンスタンチン/エナメル絵画150年前
エナメル絵画のバセロン。箱つき、替えガラスつき。よく保存されていましたね。
VOL14 トゥールビヨン腕時計@A
のちに安っぽい台湾・香港製が続出。量産すればどうなるのかの見本みたいな。
VOL15 デテント・クロノメーター
素晴らしい実例です。基本ページの「クロノメーターの薀蓄」を読まれてから読んで見てください。
VOL16 パテック・フィリップの高い理由
時計界の雲上時計と言われる憧れ。でも、どうして高価なのでしょうか。
VOL17 ユニタスという現代ではエボーシュメーカーの逸品
現代ではあまりちやほやされないが、以前はものすごい物を作っていた生き証人です。
VOL18 グランド・コンプリケーションの一例
クオーターリピーターのトリプルカレンダー・クロノグラフ・ムーンフェイズです。
VOL19 ユニークの極まった逸品?
ユニークさがすごいんですが、なんだか笑えます。ただ、解説は私の悪乗りで書いています。
VOL20 シチズンの逸品です。
国産の代表として私が選びました。貝殻のケース装飾、上品なムード。
VOL21 ブレゲ・エナメル絵画(物語)
エナメル絵画を使ったブレゲ工房の物語です。
VOL22 ロレックスの懐中時計の判断は?
腕時計ではすごいと言われ、大人気のロレックス。懐中時計ではどうだったでしょうか?
VOL23 磁石つきの懐中時計です。
外見は同じでも機械が変わっていたりしますが、これは磁石がはまっています。
VOL24 バセロン・コンスタンチン最高級仕様
雲上時計と言われる一角のバセロン。でも、これを見れば納得されるでしょう!
VOL25 イリノイ・バンスペシャル/16S23J
アメリカ製レイルロード・グレードの最高峰のひとつ。オリジナルが少ないのがタマにキズ。
VOL26 ドイツ製の特徴まとめ
14K無垢のドイツ製を題材に第2次世界大戦で資料がなくなったドイツ製高級品の特徴を解説。
VOL27 コインウオッチ
古いコインウオッチですが、意外とスゴイ作り。
VOL28 コルム・コンプリケーション腕時計
腕時計のコンプリケーションは懐中時計に比べて大変高いです。ずっしりした時計でした。
VOL29 ミニッツリピーター・クロノグラフ
このタイプの懐中時計ならメインを張る事間違い無し!!!機械もケースも見た目も最高でした。
VOL30 懐中時計・はじめの1個
フト気付く「値段の差って何?」の境地。懐中時計に入るのも間近…。
VOL31 懐中時計はじめの1個Part2
とりあえずアメリカ製!!!金無垢でも10万円以内が多いです。
VOL32 ジュネーブシール付きの懐中時計
これを見せる事によって相手の知識や信用度が判ります。
VOL33 エナメル絵画はさておき、凄いユニーク
時間の表示部分を少しいじっただけでユニークさも半端でなくなります。その典型!!!
VOL34 パテック・フィリップ天文台2位
腕時計の1番安いものでもやっと100万円を切るというブランド。その社命を掛けた昔の逸品だ。
VOL35 アドルフ・ランゲ(⇒ランゲ&ゾーネ)
現代の超高級ブランドであるランゲ&ゾーネの創始者の時計。ダイヤモンド・テンプ受け!!!
VOL36 ユール・ヤーゲンセン・デテントクロノメーター
師匠ブレゲと同様、贋作が出まくった為に隠しサインがあります。
VOL37 スーパーハイグレード・デテント・クロノメーター
オンリーワン!!!気軽に触れない歴史的逸品。間違い無く最高峰レベルです。
VOL38 パテック・フィリップ18Kエクストラ
44mm。約90年前。説明不要でしょう。最高ブランド、パテックフィリップの中でも超高級品。
VOL39 ロンジン・スーパーヘビー18K・アンクル・クロノメーター
抜きん出ています。ライバルはパテックフィリップの天文台クロノメーター。
VOL40 ショーメ18K/ジャンピングアワー腕時計
US$8,900.00(90万円超)の日本未発売。変り種というか、懐中時計を顧みる。
VOL41 J.Breguet銀カギ巻き0.25秒計測フルハンター
あのブレゲの銘がありますが、全く縁故も無いのか?面白いなぁ…。
VOL42 グリュエン50周年金無垢ムーブ
豪華で本格的な時計とは、まさにこれが筆頭でしょう。あの安かった頃に戻りたい…。
VOL43 パテック・ミニッツリピーター・パーフェックトセット
世界中、何処へ行っても熱狂的に欲しがられるスーパーな勢ぞろい保存状態。すごい。
VOL44 秒のレトログラード!!!
これこそ、アウトオブ歴史。誰が作ったのか、こんな変わり物はどんな本にも載っていないぞ!!!
VOL45 クロワゾネのエナメル絵画
細かい出来、絵画の綺麗さ、シャンルベ技法は多くても、このクロワゾネ技法は大変珍しい。
VOL46 ロレックス・デイトナのおじいさん
以前、煽り気味の時計界隈に一石を投じようとした1999年頃。いやぁ、すみませんでした。
VOL47 パテック腕時計(ユニークラグ)
昔の天文台クロノメーター時代と変わらない機械デザイン。理想系だったのでしょう。
VOL48 あの歴史的超大物の物語が始まる!!!
ジョン・ハリソン、ジョン・アーノルド、トーマス・アーンショウの1秒をかけた巨人達
VOL49 リューズ巻きブレゲの謎
贋作の多いブレゲのリューズ巻き時代。トリプルサインだろうと心配。
VOL50 IWCブルーサファイヤ懐中時計
欧米では評価の高い青い受け石。私は3つ持っていましたが全てお譲り済み。
VOL51 簡易永久カレンダー18K懐中時計
アンティコルムで100万円の大御所。しかし、日本では見ないので…

今までベスト7(旧):一部↑と被ってますが、管理人の個人的好みですから無視ください。

パテック機械集
トップ・ブランドを見よう。
パテック・フィリップ
ミニッツリピーター完全SET
パテック・フィリップ
エクストラ+天文台2位
パテ・ミニッツ・リピータ
スプリット
:Tiffany向け
バシュロン機械集
憧れ雲上時計、まるた十字
バシュロン・コンスタンタン
ミニッツリピーター
バセロン・コンスタンチン
特殊パラシュート脱進機
ブレゲ機械集
真贋の判断は難しい。
ブレゲ・グラハム…
文化・戦争まで変えた男達
ジ・アート・オブ・ブレゲ
同じタイトルで2種類あり
Breguet超絶エナメル
怖くて持てない高級オーラ
ブレゲ・金白コンビ
コインエッジは普通と違う
Brequet No.1527
続・ブレゲ鑑定の秘密など
オーデマ・ピゲ機械
大御所供給元ブランド
オーデマピゲ・プラチナ無垢
Audemars.Piguet
世界最薄型記録はAP社
ミニッツ・リピーター
エクストラ級のAPムーブ
ムーブ!!!各種機械集
普通〜ハイグレードまで
ロレックス懐中
ブルーサファイヤ受石
リピーター機械集
憧れの複雑時計
ミニッツ+クロノグラフ
ジェネバ・スタンプ付き
グランド・ソネリー
ニコル・ニールセン
グラン・ソヌリ
ユール・ヤーゲンセン系

集めるのも大変でしたが、これだけでも勉強になられたと思う。
次からは、貴方の努力で増やしていっていただけるよう、祈っています。
サイト内には更にグレードの凄い物や珍品、超複雑時計の解説付き画像があります。
キャリオン・グランドソネリーというのが最新かな。

この選抜集たちは、もともと表紙に置いてあった解説なので、リンクの張替はしておりません。
迷われたら表紙へ帰ってからココに戻ってきてください。
または右クリックで別窓表示にすると勝手がいいかもしれません。



表紙へ