VOL21:ブレゲエナメル絵画側鍵巻き1790年
アブラハム・ルイ・ブレゲ工房物語


彼の名はフトメスキー。太目の女性が好きだ。

フランスに住む若き天才エナメル画家と呼ばれている。
多少しょぼくれてはいるが、目には優しい光を持ち、
一生懸命生きているオーラを背中から放っていた。

なかなかのイイヤツで男前であった。

ここはフランスのパリ。

懐中野郎VOL19で登場したのは彼の孫であるが、
ちょっと出ただけで日本女性のハートを掴んでしまうとは許せんやつだ。

今は1789年。

フランス革命に向かって、
ジャンヌダルク(可愛い)が民衆を集めているころである。

彼の口癖は…

はぁ、ジャンヌちゃん。スキッッ!!(*)

…であった。

それはそうと、彼が今あるのは、
退屈な生活を繰り返す数年前の出来事であった。

ぴちぴちギャルで、ベッピンさんと噂に高いジャンヌダルクに憧れて、
彼女に弟子入りを志願したが見事下心がバレて断られた帰りのことだ。

道端でスリムな彼女連れの友人(スリムスキー)に会った。

もちろん、細めの女性がタイプである。

汗っかきの友人は、手の汗をぬぐおうとハンカチを取り出したときに
綺麗なエナメルの絵の描かれている懐中時計を落としてしまった。

孫のスリムスキー3世も大変女性の前では格好をつける男に成長するらしいが、
彼もそうだった(VOL19参照)。

普通では真似できないが、彼女の手前、
やつはその落として壊れた懐中時計を「お前にやるよ」とくれたのである。

必殺技「太っ腹自作自演」と人が恐れるワザだ。

フトメスキーは大変ラッキーだった。

想像してみましょう。

スリムの好きな初代スリムスキーは、この彼女と結婚するのでしょうか?

わたしは孫のスリムスキー3世と同様に太めの奥さんを貰うような気がします。

あ、いや、結婚後に太るのかもしれませんね。

人生の縮図がこんなところにも出ています。
=関連記事:懐中野郎VOL19

その壊れた懐中時計のエナメルの絵が綺麗だったので、
彼はエナメル職人であるじいちゃんに教わって修復してみた。

すると、上手い具合にできてしまった。

彼は、自分でもびっくりだった。

じいちゃんは「これは良い才能だ」と修復したエナメルを見せに
アブラハム・ルイ・ブレゲの所に行った。

今では非常に有名な時計師の男だ。

当時の時計師は哲学者も兼ね、ノストラダムスはじめ、
ダビンチなどの偉人も同様に時計の機構を研究した。
時を計る歯車の複雑な世界、そう、小宇宙だった。

そう、ここで、運命は大きく変わることになったのだ。

ブレゲは、機械をどんどん発明して、ヨーロッパの王侯貴族に請われ、
懐中時計をどんどん受注していた。

飛ぶ鳥を落とす勢いというやつである。

彼は自分がラッキーの渦に入ったことを実感した。

早速、ブレゲが会いたいというので会いにいったんだが、
気に入られて一発採用だった。

そしてブレゲ作の懐中時計のエナメルを担当することになった。

当時はエナメル職人や時計職人、金属職人など
細かく組合がわかれていて、彼は時計職人ではなく、
エナメル職人の組合に所属することになった。

いやぁ、エナメル職人って言っても、
ギャルも多く天国みたいだった・・・と彼は話す。

おっと、この話は関係ないな・・・。

ジャンヌちゃんが好きな彼は、
エナメルの絵はジャンヌちゃんに似せて描いてしまう傾向があった。

「ふぅ、憧れのジャンヌ・・・俺の迎えを待っていてくれ・・・」

さて、そんな訳でブレゲ師匠の工房で腕を振るっていたわけだが、
ブレゲ師匠は機械をいろいろと発明することからも判るように、
なんにでも首を突っ込んでくる能天気な興味津々のおっつあんだった。

後に時計の技術を2世紀縮めた男と言われるらしいが、
実物は結構、粋なおっつあんだったらしい。

しかし、ネックがあった。

フトメスキーは語った。

「エナメルがとってもとってもとてつもなく下手だったんだ。。。

弟子の我々でさえも、「や、止めてくださいよぉ」ってお願いするほどなんだ。

はぁ、でも、描きたがりなんだよね。」

アブラハム・ルイ・ブレゲ。時計を2世紀縮めた男。
弟子関係はこのページ

それは・・・・、

時計=時を計ることが産業はじめすべてに重要だったかを物語ります。
例えば、労働者は時間を知らされることはなく、
経営者の時計で労働時間が決められていました。

今のように何処にでも時計があるわけでなく、
一般の人々が時間を知ることは
教会の傍の鐘の聞こえる人々以外は出来ませんでした。

それで、労働時間などが誤魔化されていたり有ったそうです。
それだけ重要な時計を発展させたブレゲのおかげで、
正確な時計はどんどん広まったようです。

物語は始まったばかりだ!!!

どんどん次へ次へと進んでください。



過去のベスト7へ戻る


逸品集案内に戻る     表紙へ     次へフトメスキーにハプニングが襲う!!!