コレクターの階級(歩み)

懐中時計のコレクターがどのように歩んでいくかを階級別にして説明します。

最初の一個をゲットししてから貴方が現在どのあたりか、
思い出を紐解くと結構当たっていたりするかも。
お遊び記事

内容 懐中野郎レベル 傾向
ロレックスで時計雑誌を見て値段の相場に敏感になる 入門前
腕時計初級者
ユニークダイヤルやポールニューマンタイプ、ティファニーダブルネームなどに興味をそそり、時計店では「あれちょうだい」と店員に言ってじっくり見もせずに「包んで」と。みえはる君系…が強い。
世界の腕時計などの日本の雑誌を見て腕時計のブランド、パテック、IWC、ユリスナルダンブランパンなどを全て把握・高級ブランドを目指す 入門前
腕時計初〜中級者
腕時計ベテラン症候群一番最初にかかる病気。
複雑時計はクロノグラフのことじゃないのか?機械を見比べて、同じようなものなのに、なんでブランドが違うと値段がこんなに違うんだ!と疑問を呈するようになる。 入門前
腕時計中〜上級者
機械にこだわり始める
リピーターやトゥールビヨンを知る。懐中時計も見る。でも、実物は分からないが、分かれば懐中野郎へほぼ確実に入る。知らないと腕時計へ戻る傾向がある。 入門前
腕時計中〜上級者
機械を色々と比較して把握。オメガやロレなどの違いは指摘できる。香箱、テンプは分かるが、脱進機は判らないのがミソ。(日本の時計雑誌に載っていないから)
機械を見たいがために懐中時計を物色する。主に購入に至るが、セイコーや有名ブランド系、1960〜1970年頃の、石なしの2〜3万円の懐中時計を買う。骨董市でもゲット。 懐中野郎入門者 機械式時計ベテラン症候群骨董市のおやじは、なぜに知らないフリをするのか?はなはだ不思議。本当に知らない場合もあるところがミソ。しかし、店主の意見に左右されるやっかいな時期でもある。(注1)
アンティコルム・サザビーなどの欧米オークションハウスや時計店のオークション系の会員になる。以前、時計店で買ったり、骨董市で買ったりしたものがむなしく思える。また、同レベルの物は、オークションには出ないことも寂しく思う。オークション級が欲しい!勉強開始。 初心者
腕時計中〜上級者
腕時計のブランドは把握しているし、懐中時計もまずまずだということから、自信を持つが、腕時計の処分に困る。高くで売れなくてショック。商業の世界を垣間見る。大企業や公務員など、サービスを受け慣れている大会社や税金で生活している場合に、受ける洗礼色が強い。⇒私がそうだった。
一般的には機械式時計の基本専門用語、ブランドなどはすべて把握。時計相場もまぁまぁ把握している。eBayやヤフオクなどのネットオークションへ進出。アンティコルムなどでも買ってみるしかし、選ぶ基準はブランド指向が大きい。機械で選んでいるようでブランドに偏るのもこの時代。(危険度1) セイント練習生
腕時計上級者
時計店主に対して「勉強が足りないなぁ」と思うようになる。(危険度が増していきます)。日本の店頭値段はボッタクリ?と。オレは超ベテラン症候群返品の際の言い訳を失敗するのもこのクラスに多い。
機械にこだわり、デテントなどの特殊系をチェック。ほとんど脱進機を見て判るようになる。ブランド+機械の流れを把握。目が肥えてきたので、初期に高くで買ったものを返品して、安いオークションでもっと手に入れたくなる。デザインだけで、脱進機がレバーアンクルばかりで、他ではトゥールビヨン(アンクルでの)しかない腕時計に面白みを感じなくなる。腕時計をバカにしだす場合あり。 ブロンズセイント 当時高くで買ったものを返品したくなる。返品に応じない時計店を恨んだりする傾向が出てくるので、分岐点。(腕時計から懐中時計に入る際も同様)いい方向へ進めば仲間も増えるが、悪い方向へ行くと嫌われ者となる。気をつけよう!自分の行動に責任感を持つように切り替わるのが、ここのクラスだ。商業の世界にも馴染んで行くが、その前のレベルの社会人でいうところの、知識はあってもビジネスを勉強しようという新入社員レベル?だが、ここまでたどり着けずに一生を過ごす人も多い。損失を笑いにする余裕が欲しい。心が伴わない上級者 (一般的にはサナギマン)
オークションなどの相場はどうやって付けられているのか?知るために資料をたくさん手に入れる。特に業者の取引表などの相場表を手に入れるかどうかで決まるが、アメリカのコレクター・業者価格表の「コンプレート・プライスガイド・ウオッチーズ」(注2)を手にすることで、価格の謎を知り、愕然となる。それを元に、eBayでは多くがビットがされたり、リザーブに達している事を知る。しかし、市販価格が結構あの価格の2.5倍〜3倍であることに気付く。ロレなんか…おっと、ヤバイ。特に懐中時計のパテ、バセロン、ロレにはビビるでしょう。市販価格が半端でないですから(でも、利益的に仕方がない部分も強い) シルバーセイント ・初期のものは勉強料として、自力で転売するルートを作る。これが逆に実力となって育っていき、手に入れるのも世間的な障害がなくなってくる。海外に友人が出来たり、輸入が出来るようになったりネ。教えてもらって出来るようになった場合は教え主に感謝をしよう!自力で出来るようになるにはかなりの勉強料が要るから。ザ・懐中野郎で無料〜10%委託やヤフオクの1万円イベント、コスモ品の修理等で私がかなりの身銭を切っていることを解ってくれる有難い階級はこのレベルからでしょうか?あれこれ自分で経験すると、実は、時計店主は凄い知識があることに気づく。時計店主の「よくわかんないね〜」はカモフラージュ!?あれこれと分かってくるので今までごめんなさいネとなる。心が伴う上級者
ネット・オークション、アンティコルムなどの欧米有名オークションハウス、骨董市、海外の友人や国内の友人とあらゆるルートで選択が出来、時計師の友人も多く、人物的にも尊敬に値するだろう。個人的な実力でなんでも切り開くタイプである。そして、夢を語るのではなく、現実に可能とするところに凄さがあるといえる。しかし、この長い道のりの間に、このセイントが経験した悲しみや努力は並ではないだろう…。カリスマ、超人…などと呼ばれる。 ゴールドセイント 後進のコレクターに無償でウンチクを教えたり、自己責任で行動できる精神的にも安定したコレクター。本物をブランドなどで見ることをしないので機械が好いとして選んだものが結果ブランドだったりする。懐中時計だけでなく、仕事や普段の日常品にいたるまで、本物を見抜ける為に、出世も早いし、経営者ならビジネスが上手く出来るようになる。成熟した懐中野郎
時計だけでなく、すべての存在の本物を見抜ける為に、各界から引き手あまたの存在となる。まさに、神! アテナ級 コスモ品をたとえUS$1500.00で引いても、笑って受け取る…(為替によるが、だいたい送料入れて20万円)。つまり、懐中時計コレクションを元にして、あらゆる世界で成功したために、その金額ではびくともしなくなったほどだと云う事である。

注意1

店主の意見に左右される典型は、こういう時。

自分が買った時計を、他のお店で念のため&自慢のために
「こういうのを手に入れました」と見せたところ、

店主が一言…

「あ、これか〜、ウチだったらXX円で手に入ったのに…」

(XX円は自分が言った値段の3分の2〜半分程度)

「え〜!!そうなんですか〜?
こちらでお世話になれば良かったなぁ〜」

(くそ〜、損したぜっっ、と心が叫ぶ状態)

この王道のパターンは注意点です。

実は心理的に大変マズイ台詞です。

その時計には愛着が無くなってきちゃいますし、
購入した店のことをボッタクリと思ってしまうという、
最悪パターンです。

ところが試しに実際に注文して頼んだところ、
その値段で本当に入って来ることはありませんでした。

あなたもこのセリフ、言われた経験があるのでは?

愛着を無くしちゃうようなことにならないよう、
あまり気にしないほうが好いでしょう。

注意2

「コンプレート・プライスガイド・ウオッチーズ」症候群

これは昔からの写真を使っていて、
程度や種類もざっくばらんな部分があります。

まだまだこの資料を絶対視する…というひとは、
コレクターとしては初心者(=雑誌の記事を鵜呑みにする)段階。

マスコミ記事は参考にしながら自分自身で確認したりして、
一歩上を目指さなければならないもの。

セイントの称号は与えられないところですぞ。

・編集する側のデータなどはどうやって集めたのか!?

・誰か特定の意思が影響していないだろうか?

・現在のオークションハウスとの差はどうしているのか?

仕入・フリマ相場を利益の入った時計店価格と一緒に混同するのは
”商社”とか”商売”を勉強していない学生さんならOKだが、
社会人ならちょっとイタイので、是非1歩進んでみよう。

骨董だけじゃなく、この世の中の全ての商品には、
原価と社員の給料などが含まれている。

コンプリートプライスガイドがカバン、クツ、背広、車、家など、
あらゆる商品で作られ広まれば面白いかもしれないけどネ。
(全て倒産して無くなったりして)



表紙へ