ebay詐欺グループ(一例)

Rさまへ調査結果⇒詐欺と判明

ebayのフランス人売主からUS700ドルでドイツの懐中時計を購入し、
届かないご相談の調査結果報告。

12月13日、PayPalから200ドルが保証金として返ってくると連絡がありました。
詐欺だったようですが、差額500ドルは残念ながら私の力が及ばず、申しわけありません。

他に同時期の出品でアスマンを購入された方も詐欺られたそうです。
フィードバックが50以下、安いものばかり買っていて、
売るのは今回が初めて…という売主にはご注意を。

真実味を出すため、画像は個人サイトからパクってきたものです。
ヤフオクである「新品カタログ」流用の画像で詐欺るのとは違い、
アンティーク物は写真の入手が難しい。当サイトの時計でも過去に多々転載があったため、
なるべく超大物(高額品)はブレゲのように一部重要な場所を消すことにしています。
「画像・情報の出し惜しみ」みたいに言うバカはスルー下さい。これが現実なのだ。

⇒ブレゲ機械集では、消してある画像の見本市みたいなものです。
ebayで自分のを見つけた時のショックがどれほどデカイか
しかも、ありえないほど安い設定で出てると、ヤラレタと天を仰ぎ(経験者&ソースBy私)

いや、つまり、画像出所を知らなければ必ず引っかかる。見抜くのが非常に難しいです。

そしてキモとしては、売主は語句検索に引っかからないようにタイトルをつけます。
上級者が見つければ「宝発見」という心理が出る。
コレを利用しているので、奥が深いテクニックと言えましょう。

見ての通り、モノが届かずに金だけ払っても、購入者からネガティブが付いていない
犯罪仲間からの逆襲が怖いからとも言えます。

懐中時計の上級者でもカモとなっています。

(2008年12月14日)


以下、アスマンの詐欺(実際の画面)
1919年ごろのポーランド製だなんて書いているのが上手いというか、見事か。

「ふふふ、アスマンの価値を知らないな、これは安く落とせるぜ」

そう思った上級者連中はビットし、なんと19bidsの注目度。これがまさか詐欺だとはね。
これは当サイトに依頼が来なければ、詐欺とは判明せずに泣き寝入りになったほど見事。

発送はUSAオンリーに設定しているのも見事で、メールをすれば日本でもOKだよと快かったらしい。
それゆえ、落札しても届くまで時間が掛かるし(その間にトンズラ)、
日本人の参加者はカモというイメージもあり、
実際、ebayに詐欺相談しても当然英語だったために途中で断念した日本人も多い。





これらのフィードバックを調べると、10ドル以下の安物ばかりを買っているものだった。
しかし、売る時は今回が初めて。しかも、1,000ドルを超える大物を一気に出すのが特徴。

上級者は通常こういったことをチェックしてからビットしていると思っていたのだけど、
どうやら「語句検索にヒットしない宝発見」心理を突いて目くらましが成功しているよう。

売主はフランス人を装っているけど、アメリカ人だ。

オマケ知識

ちなみにペイパルの購入者保護システムでは一部しか補償されない。
全額返ってくると思っている、めでたい人はいないと思うが、
今回の相談では200ドル(700ドルの人)でバンザイ、他の補填はありません。

自己責任を想定せずに、自分だけはメリットを受けるという幻想を持っている人は、
格安ばかり入手しようとせず、無難に高額品を買った方が安上がりになると思う。
「ebayでXXXぐらいで入手できる」なんて他人を誘う人は初心者が多い。
「株は儲かる」と誘う人と同様で、マイナス面を先に教える方が優しい人間です。

⇒関連記事(初期)
まだギョームバランスやデテントが知られていなかった頃の詐欺は、サイト文章コピペだけでした。
当サイトで損害を被ってあげるという今なら信じられない「コレクターの為に」活動。

しかし、何故か2ch時計板で当サイトを詐欺呼ばわりする輩が出現。
それを鵜呑みにした連中は一切当サイト紹介をしなくなった(たとえ情報ソースがココの時ですら)。
只のバカ達とは思えなかったが。ヤツ、やつらの正体はいったい…?

ネットオークション、トラブルあり3割〜2008年調査

ネットオークションを「利用したことがある」と回答した人は69.4%、
内訳をみると「売りも買いも」が39.3%、「販売専門」が1.3%、
「購入専門」が28.8%だった。

 さらにオークションでトラブルにあったことがあるかを聞いたところ、
「ある」と回答した人は28.1%、内訳をみると
「行き違いがあった」(12.3%)が最も多く、次いで「悪い評価をつけられた」(9.6%)、
「金銭的被害が出た」(6.7%)と続く。

 また、オークションの個人がつける評価については
「悪い評価には注意をしている」が72.2%と大半を占め、
「まったく気にしていない」はわずか2.9%だった。

 調査期間は2008年5月16日から19日。
アイシェアのメール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもの。
有効回答数は539人。

3割のトラブル例で少ないなと感じるか、多いと感じるかは読者次第だけど、
これは2006年の最悪状態から「なんとかしなければ」と厳罰化したため、
詐欺が1割に減ったと喜んでいる状態での3割だということ。

詐欺数が2005年の1割に健全化

 インターネットオークション(競売)に出品しながら、
落札者に品物を送らない詐欺が大幅に減っていることが分かった。

最悪だった2005年に比べ被害額が1割程度になった。
出品者の身元確認の厳格化、疑わしい出品のチェック、
落札者に品物が届くまで会社が代金を預かるなど、
運営会社の対策が功を奏しているようだ。

 オークファンの調査では、主要な4つのネットオークションで
1カ月間に落札されたのは計約1200万点で、1000万点以上がヤフーだった。

 ヤフーによると、スタッフ200人態勢で出品をチェック。
出品歴がない人が突然「パソコン10台を売る」など
不審な出品は強制削除もするという。

 また、他でも「方法はセキュリティー上明かせないが精度が高い」という
各社独自の本人確認、出品チェックと配送・支払い仲介を組み合わせ、
効果を上げているという。

詐欺が激減し、昔と比較したら1割しかない。
健全化している筈なのに、2008年では3割がトラブル経験ありという。
表に出てない問題が多いと思うし、氷山の一角なんだろうね。

一人が何回も詐欺られてたのが、引っかからなくなっただけで、
詐欺数は表面上は減り、詐欺激減というデータにはなるので、
何と言うか、実態が掴みにくい霞のような感じかもしれない。

詐欺師にネガティブが付かない理由も推測できる。
フィードバックに悪い評価が付いているを気にする人が多いだけに、
詐欺られても自分にネガティブを付け返されるのを避けるのだろう。
基本的にフィードバックは”良い”が当たり前で、”普通”を気にするべきか。


<なぜ悪口を言われるのか?>〜利害関係の高い時計界隈の問題。

どうして誹謗中傷が起きるか?私のebay転売のレッテルから間違いです。
みんな別人と私を間違えてました。実際は、早々ebayから撤退していました。

私にはebay初期からハズレを引く素質があったこと、転売のトラブルを避けたいこと、
しかし、サイトでは「トレジャーハンター」の意味があるため、
ebayやヤフオク、骨董市、アンティークショップで買ったコレクターとの仲介は差別しません。

私独自の査定をし価格を決めています。販売提供コレクターらは、高くなれば成功、
失敗すればアウトというように、一喜一憂が楽しいのですが、
妙に私と誤解させるIDやハンドルが多くありまして、私に人違いで問い合わせが来るほど、
迷惑をこうむっていましたので、人違いは勘弁して欲しいと常々思っています。

私の時計サイトは運営サイトの1割しかアクセスを稼いでいませんし、
そこにばかり労力を費やすのは無理です。すなわち、ebay活動やBBS巡回などもしてません。
日々、メールのレスを打つだけでも、全ては無理で、問い合わされてもレス無しが普通に多いです。

ここから、悪口を広める連中の認識違いがあるかと思います。
昔、悪口を言われ始めた際、私怨者が転売を理由にするとスムーズにコトが運んだらしく、
それが使われ、未だに勘違いの人たちが多く居ます。

繰り返し、サイトではヤフオクやebayではID放置、
忙しくてやってない(落札者からの買取はするが、物が悪く却下が多い)、
人違いしないで欲しいという内容のことを、回も何回も繰り返している次第です。

これらが、私を想起させるIDやハンドルネームを気にしている理由です。
人違いが何度メールで着たか。それが懐中エリアでべらぼうに多いので、
私怨の人が狙ってるんだろうなと疑っているのです。

私怨者に踊らされる鵜呑みの人たちの情けなさ。
人の悪口を広めてストレス発散という気持ちは分からんでもないが、サイトファンが死んでる。
私は言い訳を聞いたり、謝罪や反省を聞かされたりする会話は、もう聞き飽きました。
そんなやり取りより、さっさと訴訟、逮捕する方法を選びました。




戻る⇒をっち食人物語     表紙