タメになった場合は、当サイト↑スポンサー様も訪問下さると幸いです。


終わりに〜

記事をお読みいただき、ありがとうございました。

貴重な時間をたいそう浪費していただかないといけないのに
それでも読んでいただいて感謝の極みです。
誤字脱字も多くあり申し訳ありませんでした。

さて、最後になりましたが、
機械式時計を学ぶ上でのお話をしたいと思います。


皆様も、雑誌などの記事というのが結構いいかげんであったり、
正しいかもしれませんが不正確であったりということが
わりとポツポツあると理解されているかもしれません。

このことは時計に限ったことではありません。

どちらかといいますと雑誌を作るのも人がやっています。
人であるがゆえに全てのマスコミにも言えることと思います。
スポンサーに左右されたりして。

そして、ネットでもそうです。

正確・不正確の情報が飛び交うネットでは
いかに正確な情報を手に入れるかは
そのままの記事を鵜呑みにしていたらだめと思います。

記事を鵜呑みにせず疑問を持つということから始めましょう。

科学するというのは
「興味を持ち疑問に思って自分で調査・研究する行為」
を指します。

ロレックスがいいと言われますが、どこがいいのでしょうか?

確かに誰でも知っているブランドですが、デザインでしょうか。
機械式時計を知らないのに何十万円も払って購入するのでは
科学的思考をその時点で放棄していることになります。

もちろん手に入れてから疑問を持ってという人が多いと思いますが、
上の件はいつまでたっても疑問を持たない人に対します。

懐中時計に興味をもたれますと否応無しに
科学的思考を強いられると感じます。

いかがでしょうか?

これを読まれていらっしゃる貴方は科学的思考をされていますか?
疑問を常に持って物事を眺められていらっしゃいますか?

この機械式時計研究会の情報はじめ、
ネット、雑誌などの情報に対して鵜呑みにせず、
ご自身で科学的思考をして色々な物を学んでいく…。

これは、人生の生きる姿勢を変え、
人生そのものを変えていくのではないでしょうか?

▲マスコミ関連に色々とアドバイスをしています。
各放送局の時代考証や生物学的なアドバイス。

あなたもレッツ、トライ!!!

最後までお読み頂きありがとうございました。
またおいでくださいネ!




表紙へ